バックナンバー

  • 2017/10/30 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.66
  • 2017/09/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.65
  • 2017/08/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.64
  • 2017/07/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.63
  • 2017/06/27 (Tue) 10:28
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.62
  • 2017/05/26 (Fri) 15:30
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.61
  • 2017/04/28 (Fri) 09:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.60
  • 2017/03/29 (Wed) 10:53
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.59
  • 2017/02/28 (Tue) 13:58
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.58
  • 2017/01/27 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.57
  • 2016/12/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.56
  • 2016/11/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.55
  • 2016/10/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.54
  • 2016/09/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.53
  • 2016/08/29 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.52
  • 2016/07/29 (Fri) 10:08
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.51
  • 2016/06/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.50
  • 2016/05/27 (Fri) 13:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.49
  • 2016/04/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.48
  • 2016/03/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.47
  • 2016/02/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.46
  • 2016/01/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.45
  • 2015/12/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.44
  • 2015/11/27 (Fri) 14:10
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.43
  • 2015/10/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.42
  • 2015/09/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.41
  • 2015/08/31 (Mon) 13:09
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.40
  • 2015/07/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/06/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/05/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.37
  • 2015/04/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.36
  • 2015/03/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.35
  • 2015/02/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.34
  • 2015/01/28 (Wed) 13:00
    メールマガジン Vol.33
  • 2014/12/25 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.32
  • 2014/11/28 (Fri) 15:05
    メールマガジン Vol.31
  • 2014/10/28 (Tue) 13:00
    メールマガジン Vol.30
  • 2014/09/26 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.29
  • 2014/08/28 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.28
  • 2014/07/28 (Mon) 13:00
    メールマガジン Vol.27
  • 2014/06/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.26
  • 2014/05/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.24
  • 2014/04/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/03/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/02/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.22
  • 2014/01/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.21
  • 2013/12/26 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.20
  • 2013/11/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.19
  • 2013/10/29 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.18
  • 2013/09/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.17
  • 2013/08/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.16
  • 2013/07/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.15
  • 2013/06/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.14
  • 2013/05/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.13
  • 2013/04/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.12
  • 2013/03/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.11
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.10
  • 2013/01/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.9
  • 2012/12/27 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.8
  • 2012/11/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.7
  • 2012/10/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.6
  • 2012/09/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.5
  • 2012/08/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.4
  • 2012/07/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.3
  • 2012/06/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.2
  • 2012/05/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.1

セメントジャーナル社 メールマガジンVol.16

2013/08/28 (Wed) 13:00
XXXX
XXXX 様

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■
 ▼▲▼▲▼  
▲▼○▼    CJ メルマガ
▼▲▼               (Vol.16)2013年9月号
▲▼
                     毎月28日発行
                     発行所 株式会社セメントジャーナル社
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■

今月のメールマガジンの内容

1 今月のイチオシ記事(コンクリート工業新聞から選りすぐりの記事をご紹介)
2 ユニークな生コン会社訪問 第16回 共和アスコン株式会社(長野県安曇野市)
3 講演会、セミナー情報
4 コンクリート主任技士試験受験対策演習問題
5 コンクリート主任技士試験 論文講座のご案内
6 文化情報(オススメ映画)
「メキシカン・スーツケース<ロバート・キャパ>とスペイン内戦の真実」
編集後記

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━

1 「コンクリート工業新聞」8月のイチオシ記事

・本誌調査 被災3県 骨材価格「上昇」が9割
供給不安なお根強く
東北被災3県(岩手、宮城、福島)の骨材価格が上昇している。本紙が被災3県の生コ
ン工場を対象に行ったアンケート調査によると、この1年間で骨材価格が「上昇し
た」と回答したのは回答数の91%(65件)に上った。回答率は43%(71件)。上昇幅
は粗骨材、細骨材ともトン当たり「200~400円未満」が中心。骨材業者に対する不満
に関しては、「発注量の半分しか入荷されない」、「出荷制限がある」、「増産に向
けた姿勢が感じられない」など需給に関するものが最も多く、「以前より骨材の変動
が大きくなった」など品質低下の懸念、価格への不満も多く見られた。

・東京都建設局 仕様書に再生コン明記
全国初 土木への採用拡大に期待
東京都建設局は、2013年版の土木材料仕様書に「再生骨材H」「再生骨材Mを用いたコ
ンクリート」と「再生骨材Lを用いたコンクリート」を使用材料として明記した。各
自治体のリサイクル製品の認定制度で「再生骨材コンクリート」が明記されたケース
はあったが、仕様書に掲載されたのは初めて。同局は「再生骨材コンクリートを通常
の生コンと同じように、一般的に取り扱われるようにしたい」としている。
(8月8日付)

今月の「コンクリート工業新聞」主な見出し
・岩手工組 舗装推進会議が指導
 全国会議と連携して活動(7月25日付)
・国交省 生コン原単位は2.57立方メートル
 建築 面積ではSRC造伸びる(7月25日付)
・四国 高松、10月に共販再開
 愛媛東部は広域化で着手(7月25日付)
・大阪兵庫工組 暑中コンWG設置
 土木配合の対策を検討(7月25日付)
・北関東3県 生コン市況が上昇
 組織強化で成果(7月25日付)
・戸田建設 骨材利用で線量40%減
 汚染コン再利用 国内初の実証実験(7月25日付)
・セメント 「安定供給に全力」
 需給タイト 4700万トン超ペース(8月1日付)
・生コン4~6月9%増 8地区で出荷増
 全国的に好調(8月1日付)
・関東1区 戻りコン対策広がる
 有償化含み 東京・東関東協組も検討(8月1日付)
・建設経済研 建設投資 14年度は一転、減少予測
 12年度水準に減少(8月1日付)
・全生連技術委 JIS改正・制定準備会を新設
 積み残し課題検討へ(8月1日付)
・東北復旧復興 生コン需給概ね安定
 骨材調達、生産力増強で(8月8日付)
・生コン 閉塞感払拭
 需要復調 市況も強含み(8月8日付)
・住友大阪セ 最終益2.5倍
 4~6月期 非セメントも収益改善(8月8日付)
・米国三菱社 MCC社 創立25周年式典開く
 米国で生コン60工場展開(8月8日付)
・GNN 大阪で技術勉強会
 9編の研究発表 150名超が参加(8月8日付)
・JCI ひび割れ進展を解明
 計測技術数値解析 組み合わせで把握(8月8日付)
・セメント 10月値上げへ交渉強化
 需給タイト 売り手優位に(8月22日付)
・相馬復興生コン 9月に事業開始
 建設・生コン12社でLLP(8月22日付)
・東北復旧復興 供給力4.8~1.9倍に
 生コン 今後さらに増強(8月22日付)
・関西宇部・吹田工場 回収骨材で大臣認定
 残る4工場も認定申請へ(8月22日付)
・三菱マテ横瀬工場 1DAY PAVEを採用
 石灰石骨材、ポンプ圧送施工で新たな試み(8月22日付)

今月の「コンクリート工業新聞」特集記事
・北陸地区、近畿地区(7月25日付)
・東北地区、関東一区・二区、四国地区(8月1日付)
・暑中特集(8月8日付)
・セメント系固化材を用いた地盤・土質改良(8月22日付)

コンクリート工業新聞購読はホームページから 
http://www.beton.co.jp/read.html
 
1部売りの場合はお問い合わせフォームから 
http://www.beton.co.jp/contactus.html

----------------------------------------------------------------------------

2 ユニークな生コン工場訪問(第16回)

共和アスコン株式会社(長野県安曇野市穂高牧)

JR大糸線穂高駅から車で約10分、広域農道を越えて烏川沿いに共和アスコンのプラン
トが見えてくる。手前には共和グループの一つである共和興業のプラントがある。
共和アスコンは生コン製造・運搬・販売の他にアスファルト合材製造・運搬・販売、
土木及び建設工事、産業廃棄物、一般廃棄物の収集運搬及び中間処理(アスファルト
くず、コンクリートくず、ガラスくず)を主な事業としている。
同社の設立は1987年9月、アスファルト合材の製造販売事業でスタート。「生活しや
すく地球に優しい環境づくり、人々の心に潤いが生まれる地域づくり」を企業方針と
し、特に産業廃棄物を建設資材として活用する研究に力を注いでいる。ガラスくずは
破砕して砂化され、ガラス入りアスファルト合材(グラッシュファルト)に再利用さ
れている。アスファルト廃材はリサイクル材としてアスファルト合材に混入してお
り、県の発注工事では混入率50%の再生アスファルト合材が優先使用されている。
生コン事業は設立の翌年88年7月から開始、89年にJIS認証を取得した。創業当時は長
野オリンピックに備え、道路網や、ホテルの建設がピークを迎え、長野自動車道・安
曇野ICは1988年の建設。大型需要を見込んでの生コン進出かと金原一男社長に尋ねる
と、「共和グループには骨材砂利製造、採取業があるので、骨材消費を見込んで生コ
ン業を始めた」とのこと。骨材は陸掘りの川砂・川砂利と恵まれている。
同社の売上比率はアスファルト合材が高い。生コンの前期年間出荷量は約12,000立方
メートル。ピーク時は50,000立方メートルを出荷したこともある。最近の需要は「土
木・建築半々で、建築はハウスメーカーなど細かい物件が多い」(松倉充志常務取締
役兼工場長)
セメントはデンカの普通、高炉B種、早強の3種。アジテータ車は大型7台、中型3台。
すべて自家用だ。車のドラムは長野県工業組合の共通色で、遮熱効果があるといわれ
るシルバー。有資格者はコンクリート技士4名、コンクリート主任技士1名。品質管理
は「今年の品質監査も減点ゼロが見込まれる」(松倉常務)という優良工場。
労働安全に関しては、毎年7月の第一土曜にグループで安全大会を開催し、安全への
取組と事故事例発表、安全標語の表彰等を行っている。また社内では毎月第一水曜に
安全会議を開催、パトロールで危険個所を発見すると、改善に向けた行動を起こす仕
組みが構築できている。
同社では7年前からエコアクションに取組んでいる。環境マネジメントシステムを構
築し、運用、継続的改善を行っている。2012年度は「製造量当りのCO2排出量の削減
と環境に関する法規の遵守、各部門の環境目標達成率の向上」を目標に掲げ、目標達
成に努めた。
生コン工場は、具体的な目標を「製造量当りの電力量の削減、凍結防止に使用する灯
油使用量の削減、運搬車両の燃費アップ、プラント洗浄水の節水と再利用、洗車時の
節水、塩酸の適正な在庫量管理」とし、目標値を達成した。(凍結防止の灯油のみ
88%達成)
社会貢献では、地元消防団に従業員7名を登録。2011年に安曇野市で初めて[総務省消
防庁消防団協力事業所]の認定を受けた。消防団活動には特別休暇を与えるなどの優
遇処置をとり、「災害時の水の供給、道路の維持管理等の手助けをすることにしてい
る」(松倉常務)。その他、高校生の体験学習、役所担当者の工場見学等を受け入れ
ている。
社員教育では資格取得を推進しており、資格手当の対象となる資格だけで111個あ
り、今年は数学検定、漢字検定も3級以上から対象となった。取得費用も会社が半額
を負担する。また、年に2回社報を発行し今年で20年となる。社長の訓示や情報発
信、社員の寄稿など社内の一体感の醸成やコミュニケーション向上が経営上のメリッ
トにつながる。
金原社長は今後の企業展開について、「日本は家制度があって、自分も企業もそれに
守られているが、その制度を活かし、経営者・従業員一体となって企業、業界を守っ
ていくことが重要だ。その意識が基幹産業として国の社会資本整備につながる。会社
として10年間の中期計画を策定し、50年、100年先を考えた体制を構築したい」と述
べた。
http://www.kyowa.gr.jp/asukon

----------------------------------------------------------------------------

3 講演会・セミナー情報

・日本コンクリート工学会
○「データベースを核としたコンクリート構造物の品質確保に関するシンポジウム」
9月10日 会場・東京大学武田ホール
○「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針」講習会
9月20日 東京会場 東京工業大学 蔵前会館(大岡山駅前)
10月4日 金沢会場 金沢工業大学 扇が丘キャンパス
10月31日 名古屋会場 電気文化会館
11月20日 大阪会場 大阪大学 中之島センター
○「コンクリート技術講習会~品質向上に役立つコンクリート技術の基礎から応用ま
で」(申込・会場等詳細はWEB参照)
10月3日(札幌) 10月2日(仙台) 10月28日(東京) 10月8日(名古屋) 10月
22日(大阪) 10月15日(広島) 10月10日(福岡) 10月24日(那覇)
http://www.jci-net.or.jp/

・セメント協会
○セメント系固化材セミナー「最近の固化処理について」
9月11日 会場・KKRホテル金沢(金沢市)
11月1日 会場・高松センタービル(高松市)
2014年3月7日 会場・JA共済ビル(東京)
○「第303回コンクリートセミナー」
2014年2月28日 会場・広島国際会議場
http://www.jcassoc.or.jp/index.html

・日本建築学会
○「2013年度日本建築学会大会」
8月30日~9月1日 会場・北海道大学
○講習会「大振幅地震動と建築物の耐震性評価~巨大海溝型地震・内陸地震に備え
て」
9月9日 東京会場・建築会館ホール
9月11日 大阪会場・大阪科学技術センター
http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm

・土木学会
○「土木学会全国大会 第68回年次学術講演会」
テーマ:土木が築いた今日と、切り拓くべき未来
9月4日~6日 会場・日本大学生産工学部津田沼キャンパス
○「東日本大震災における宮城県地方被災地の現地視察会」
9月19日および20日(一泊二日) 申込締切日9月3日(WEB申込み)
○「2013年制定コンクリート標準示方書発刊に伴う講習会」
10月11日 東京会場・科学技術館サイエンスホール
10月16日 大阪会場・大阪国際交流センター
http://www.jsce.or.jp/

・日本材料学会
○「初心者のための疲労設計講習会」
9月3、4日 東京会場・上智大学 四ッ谷キャンパス
9月3、4日 大阪会場・島津製作所関西支社(阪急ターミナルビル)
○「コンクリート構造物の補修・補強・アップグレード シンポジウム」
11月8日 会場・京都テルサ
○「信頼性・破壊力学 合同シンポジウム」
11月20~22日 阿蘇ファームランド(熊本県)
www.jsms.jp/

┌─┬─┬--------------------------------------------------------------------
│論│文│
├─┼─┤
│講│座│
└─┴─┘

4 論文講座

「2013年版 コンクリート主任技士試験完全攻略問題集」で、論文添削を開講してお
ります。
本書をご購入いただいた方のみの特典として、1問に限り1,050円(振込手数料と弊
社への論文郵送料除く)で添削いたします。なお、本書表紙のクーポン券(コピー不
可)を必ず添付することが特典利用の条件となります。
本書に掲載した10の論文テーマの中から、お客様が任意でテーマを選び、論文を作成
してもらいます。コンクリート主任技士やコンクリート診断士などの資格を持つ添削
者が論文添削を行うとともに、解答例を差し上げます。申込方法や執筆にあたっての
基本事項など詳細については本書でご確認ください。この機会に是非、「2013年版
コンクリート主任技士試験完全攻略問題集」をご購入いただき、論文添削にご
活用ください。
詳しくは弊社ホームページにあるバナー広告をご覧ください。
http://www.beton.co.jp/index.html

----------------------------------------------------------------------------

5 コンクリート主任技士試験受験対策講座

小論文アドバイス

「ら抜き言葉」は文法上誤りです。「見れる」「起きれる」は「見られる」「起きら
れる」。また「半端ない」「いまいち」「やばい」などの俗語は使わないようにしま
しょう。

コンクリート主任技士演習問題
(コンクリート主任技士試験 完全攻略問題集2012年版 より)

配(調)合

コンクリートの配(調)合に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

(1)スランプを変えずにブリーディングを低減するために、AE剤をAE減水剤に
変更し、単位水量を低減するとともに、細骨材率を若干大きくした。
(2)細骨材率はコンクリートのワーカビリティーと密接な関係がある。一般に細骨
材率を小さくすると材料分離の傾向が生じるが、AEコンクリートでは気泡が微粒子
の役目も果たすので、細骨材率をそれに見合うように小さくしても、分離の傾向は生
じない。
(3)水セメント比は、所要の強度、耐久性、水密性および作業に適するワーカビリ
ティーが得られる範囲で最小となるように定める。
(4)砕石コンクリートは川砂利コンクリートに比べスランプが小さくなり、ワーカ
ビリティーは若干悪くなる。ワーカビリティーを保ちつつ同一スランプを得るために
は単位水量を増し、単位粗骨材かさ容積を減じなければならない。

----------------------------------------------------------------------------

6 文化情報(オススメ映画)
「メキシカン・スーツケース <ロバート・キャパ>とスペイン内戦の真実」 
THE MEXICAN SUITCASE

メキシコで2007年に発見された3つの箱には、報道写真家ロバート・キャパが撮影し
たスペイン内戦の写真のネガ4500枚が入っていた。70年にわたり行方不明となってい
たネガは、キャパの仲間であるゲルダ・タロー、デヴィッド・シーモア”シム“の写
真も多く含まれていた。発見された箱は「メキシカン・スーツ」と呼ばれるように
なった。
本作品は、発見された写真を見せるだけでなく、関係者による解説、キャパが確立し
た報道写真のスタイル、インタビューによるネガ発見の経緯(ネガを秘かに海外に持
ち出し、再び発見されるまでの奇跡のような数々の証言)、キャパの恋人ゲルダ・タ
ローの最後(戦車に轢かれ、病院で息を引き取るが、最後の言葉は「私のカメラはど
こ…」)を当時の看護師が証言する。当時を知る生存者が少なくなっているだけに、
貴重な証言である。なかでも、フランスの強制収容所の写真に被さる証言はショッキ
ングだ。
「スペインからの亡命者をメキシコは無条件で受け入れ、自由を与えたが、フランス
は屋根もない強制収容所に押し込め、食事も与えず、トイレは海岸で用を足さなけれ
ばならなかった。数週間で1万数千人が餓死した」。フランコ政権によるファシズム
への両極端な対応。何もしないことは中立なのか。考えさせずにおかないだろう(な
お、のちにフランス文化相となったアンドレ・マルローが反ファシズム運動で国際旅
団の参加している)。
トリーシャ・ジフ監督作品、音楽マイケル・ナイマン。キャパとスペイン内戦の基礎
知識がある人には、興味が尽きない作品である。(配給・フルモテルモ+コピアポ
ア・フィルム) 
8月24日公開(新宿シネマカリテ)http://www.m-s-capa.com/

┌─┬─┬----------------------------------------------------------------------
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘

最近の映画はデジタル3Dが多くなっているが、遂に4D映画なるものが登場した。
30日から公開される「貞子3D2」がそれ。スマートフォンから作品専用の無料アプ
リを事前にダウンロードさせて入場、アプリを起動させながら鑑賞する。映像、通話
機能、フラッシュ、バイブなどの機能をフルに使い、映画と連動した数十種の仕掛け
が用意されているという。上映館は3D版とスマ4D対応版の回を用意。おそらくス
マ4Dの回はアトラクションのような雰囲気になるだろう。
コンクリートの品質管理にもスマホが活用されている。コンクリートの打設リアルタ
イム管理、トレーサビリティ機能なども備えており、巧く活用すればデリバリーも合
理的な対応が可能になるだろう。これからどのようなコンクリート用の専用アプリが
出てくるのか興味深い。

-------------------------------------------------------------------------------
メルマガ配信停止はこちらから。
┌──┐ ┌───┐ ┌───┐
│\/│ │\☆/│ │\★/│
└──┘ └───┘ └───┘
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=beton
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

本メールマガジンは、名刺交換させていただいた方、配信登録いただいた方に配信し
ております。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式会社セメントジャーナル社
〒160-0022東京都新宿区新宿2-16-8 新宿北斗ビル6F

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━◆◇