バックナンバー

  • 2017/10/30 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.66
  • 2017/09/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.65
  • 2017/08/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.64
  • 2017/07/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.63
  • 2017/06/27 (Tue) 10:28
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.62
  • 2017/05/26 (Fri) 15:30
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.61
  • 2017/04/28 (Fri) 09:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.60
  • 2017/03/29 (Wed) 10:53
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.59
  • 2017/02/28 (Tue) 13:58
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.58
  • 2017/01/27 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.57
  • 2016/12/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.56
  • 2016/11/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.55
  • 2016/10/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.54
  • 2016/09/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.53
  • 2016/08/29 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.52
  • 2016/07/29 (Fri) 10:08
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.51
  • 2016/06/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.50
  • 2016/05/27 (Fri) 13:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.49
  • 2016/04/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.48
  • 2016/03/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.47
  • 2016/02/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.46
  • 2016/01/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.45
  • 2015/12/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.44
  • 2015/11/27 (Fri) 14:10
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.43
  • 2015/10/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.42
  • 2015/09/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.41
  • 2015/08/31 (Mon) 13:09
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.40
  • 2015/07/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/06/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/05/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.37
  • 2015/04/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.36
  • 2015/03/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.35
  • 2015/02/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.34
  • 2015/01/28 (Wed) 13:00
    メールマガジン Vol.33
  • 2014/12/25 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.32
  • 2014/11/28 (Fri) 15:05
    メールマガジン Vol.31
  • 2014/10/28 (Tue) 13:00
    メールマガジン Vol.30
  • 2014/09/26 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.29
  • 2014/08/28 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.28
  • 2014/07/28 (Mon) 13:00
    メールマガジン Vol.27
  • 2014/06/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.26
  • 2014/05/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.24
  • 2014/04/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/03/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/02/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.22
  • 2014/01/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.21
  • 2013/12/26 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.20
  • 2013/11/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.19
  • 2013/10/29 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.18
  • 2013/09/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.17
  • 2013/08/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.16
  • 2013/07/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.15
  • 2013/06/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.14
  • 2013/05/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.13
  • 2013/04/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.12
  • 2013/03/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.11
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.10
  • 2013/01/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.9
  • 2012/12/27 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.8
  • 2012/11/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.7
  • 2012/10/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.6
  • 2012/09/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.5
  • 2012/08/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.4
  • 2012/07/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.3
  • 2012/06/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.2
  • 2012/05/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.1

セメントジャーナル社 メールマガジンVol.17

2013/09/27 (Fri) 13:00
セメントジャーナル社
石島 様

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■
 ▼▲▼▲▼  
▲▼○▼    CJ メルマガ
▼▲▼               (Vol.17)2013年10月号
▲▼
                     毎月28日発行
                     発行所 株式会社セメントジャーナル社
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■

今月のメールマガジンの内容
1 今月のイチオシ記事(コンクリート工業新聞から選りすぐりの記事をご紹介)
2 ユニークな生コン会社訪問 第17回 有限会社長岡生コンクリート(静岡県伊豆の国市)
3 講演会、セミナー情報
4 コンクリート技士試験受験対策演習問題
5 文化情報(オススメ映画)「ブロークンシティ」
編集後記

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━

1 「コンクリート工業新聞」9月のイチオシ記事
・セメント 輸出抑制、内需に振り分け
 今年度 800万~850万トンの公算も
セメント輸出に急ブレーキがかかっている。大きく上振れる国内需要に対応するため、
セメントメーカー各社が輸出を抑え、国内に振り分けているためだ。
今年度の輸出はセメント協会見通しの980万トンを大きく下回るのは確実で、
800万~850万トンにとどまる可能性も出てきた。(8月29日付)

・JISC 生コンJIS改正原案を公表
回収骨材を規定 納品書に置換率記入欄
日本工業標準調査会(JISC)は8月21日、JIS A5308改正原案を公表し、10月21日までパブリックコメントを募集している。
改正原案では、回収骨材の規定や、納品書に回収骨材の置換率記入欄の追加などがある。
生コンJISの原案はJISCのホームページの意見受付公告で公開されている。(8月29日付)
JISCホームページ www.jisc.go.jp/
・仮設プラント 気仙沼、石巻に4工場
来年4月から稼働の計画
宮城県は気仙沼、東部(石巻)の両地区に復興用の仮設プラントを設置する事業の概要を明らかにした。
設置数は気仙沼地区2か所、東部地区2か所で、公募で選定した民間事業者が設置、運営、撤去を行う。
来年4月に稼働する計画で県市町発注の指定された工事に納入する。指定工事向け出荷の期間は2015年度まで。
事業者の公募は9月上旬開始、10月上旬に決定する。(9月5日付)
・本紙調査 有償化が最も効果的
戻りコン削減 協組の2割が実施
コンクリート工業新聞は9月上旬に各都道府県の生コンクリート協同組合を対象に「残コン・戻りコン」に関するアンケートを実施。
回答した145協組のうち32協組(22.1%)が実施しており、16協組(11.0%)が「今後実施する予定」と回答した。
実施・予定の有無を問わず、過半の協組が有償化をもっとも効果的な戻りコン削減対策と考えている。(9月19日付)

今月の「コンクリート工業新聞」主な見出し
・名古屋の生コン 需要急増で供給懸念
納入改善を申し入れ(8月29日付)
・中国・江南小野田が閉鎖候補
太平洋子会社「関係当局と協議」(8月29日付)
・沖縄・石垣で7700円上昇
生コン16年ぶり共販再開で(8月29日付)
・四国の骨材 輸送費高騰で値上げ
高知で砕石200円上昇(8月29日付)
・相模原市 ICタグ生コン認定
トライアル発注認定事業者に相武生コン(8月29日付)
・JCI 混和材利用へ課題整理
供給体制整備など提案(8月29日付)
・来年度概算要求 公共投資17%増に
国交省 強靭化に重点(9月5日付)
・セメント ベトナム、アジア最大に
輸出市場 好調続く(9月5日付)
・7月の生コン 9地区で出荷増に
災復、民需が押し上げ(9月5日付)
・東北地区本部 舗装コン試験作業の省力化
代替方法へ相関検証(9月5日付)
・戻りコン「廃掃法に抵触せず」
千葉県廃棄物指導課が見解(9月5日付)
・首都圏の骨材 砕石が今秋値上げ
港湾は来年にも再値上げ(9月5日付)
・福岡で復興プラント
筑後協組 休止工場を再稼働(9月12日付)
・1DAY PAVE 注目度アップ
柔軟性高い技術(9月12日付)
・全生連調査 乾燥収縮試験 標準配合で6割
JASS 5 目標値 92%が満足(9月12日付)
・東京五輪 「安定供給に全力」
生コン業界 歓迎ムード一色(9月12日付)
・東京工組 コンクリート舗装推進など要望
五輪招致実現に謝意(9月12日付)
・混和剤 増粘剤一液型採用増に追い風
副産物対応も進む(9月12日付)
・コンクリート舗装 生コン・セメント連携で
東北 普及活動を展開(9月19日付)
・祥和コーポ栃木工場 電子炉スラグ 関東初のJIS
再生砕石の生産設備を利用(9月19日付)
・国交省 資材需給再びひっ迫
被災地 打設など積算改定へ(9月19日付)
・新潟スタジアム 命名権決定
デンカがスポンサーに(9月19日付)
・宮城建設協 設計数量を確保できず
生コン車不足で 2台以下が7割(9月19日付)
・土木学会 10月に維持管理編改訂
実務で使える示方書に(9月19日付)

今月の「コンクリート工業新聞」特集記事
・高炉スラグ(9月5日付)
・コンクリート構造物の維持補修(9月12日付)
・再生骨材コンクリートのいま(9月12日付)
・コンクリート用化学混和剤(9月19日付)
・袋セメント流通(9月19日付)

コンクリート工業新聞購読はホームページから 
http://www.beton.co.jp/read.html
 
1部売りの場合はお問い合わせフォームから 
http://www.beton.co.jp/contactus.html

----------------------------------------------------------------------------

2 ユニークな生コン工場訪問(第17回) 
有限会社長岡生コンクリート(静岡県伊豆の国市長岡)

長岡生コンクリートは1966年設立の専業生コン。生コンクリート事業と、透水性舗装「ドライウエイ」、
残コン路盤材改良材「WA-21」等をはじめとしたNR Mix事業を業務としており、両事業の売上比率はおよそ5対5で、年商9億円弱にのぼる。
同社のユニークな点として、まず、同社の機関誌(NR Times)を毎月発行している。機関誌はこの8月で通算80号を迎えた。
内容は、新技術、市内イベント情報、サマータイム早朝出荷実施中のお知らせやサッカー親子観戦チケットプレゼント情報などを掲載。
コストが掛かる機関誌発行を敢えて継続しているのは「社員の提案により始めた。ユーザーにとって有益な内容が多く、社員みんなで作るので社員間の結束にも繋がっている」(宮本充也専務取締役)からだ。同社は20代、30代が中心。提案に積極的で行動力もある。
製造業では希薄になりがちな顧客との関係性を大切にしたいという社員全員の想いが強く、参考にする業態は同業者ではなく、飲食店やサービス業などが多い。
同社の基本方針は顧客満足度向上。ミキサ車に一輪車専用空気入れと竹ほうきを搭載、現場クリーンアップに努め、現場で必要な建設資材があれば購入の段取りもする。
半期に一度クレームカードを発行、現場の声を聴き、改善すべき点があれば改善する。顧客向けに生コン講習会を開催し、要望があれば出張講習会にも応じているのもユニークだ。
「社員にイタリア人がおり、彼の出身地であるヴェネチアと伊豆の国市が友好都市となるよう働きかけたい」(宮本専務)
また同社は、業界で注目を集めているGNN(元気な生コンネットワーク)の発起人であり事務局である。
「GNNは、1社の生コン業だけでは不可能と諦められていた問題点を、ネットワークを活用して問題点を打破し、経営資源を共有化し、情報交流を図る。
これにより、たとえば静岡県で技術開発した商品を別の地域で展開することができるようになる」(同)
宮本専務らの呼びかけに呼応して、GNNに参加した専業生コンは現在50社になる。
「目標は全国のJIS工場3500の5%である175社のネットワーク化。この目標が達成できれば、全国津々浦々、点から面の活動が展開できるようになる」(同)
GNNの会員は1地区1工場が原則。ただし協同組合単位での加入も可能としている。非会員の勉強会見学は1回のみ可能。
勉強会は会員の事例発表のほか、海外関連業者の技術紹介などワールドワイドな内容。11月8日には年間最大行事の技術発表会を予定(300名超の来場を見込む)しており、11月20、21日には全生連青年部と共催で勉強会を開催する予定である。2年前に静岡県の1専業生コンが蒔いた種が、全国で開花しようとしている。
長岡生コンクリートのホームページ http://www.nr-mix.co.jp/
GNNのホームページ http://genki-namakon.net/

----------------------------------------------------------------------------

3 講演会・セミナー情報

※プログラムの詳細、受講料、申し込み方法等は主催者ホームページをご覧ください。
・日本コンクリート工学会
○「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針」講習会
10月4日 金沢会場 金沢工業大学 扇が丘キャンパス
10月31日 名古屋会場 電気文化会館
11月20日 大阪会場 大阪大学 中之島センター
○「コンクリート技術講習会~品質向上に役立つコンクリート技術の基礎から応用まで」
(申込・会場等詳細はWEB参照)
10月3日(札幌) 10月2日(仙台) 10月28日(東京) 10月8日(名古屋) 10月22日(大阪) 
10月15日(広島) 10月10日(福岡) 10月24日(那覇)
○「鉄筋腐食したコンクリート構造物の構造・耐久性評価の体系化シンポジウム」
11月14日 会場・中央大学駿河台記念館(東京都千代田区)
http://www.jci-net.or.jp/

・セメント協会
○セメント系固化材セミナー「最近の固化処理について」
11月1日 会場・高松センタービル(高松市)
2014年3月7日 会場・JA共済ビル(東京)
○「第303回コンクリートセミナー」
2014年2月28日 会場・広島国際会議場
http://www.jcassoc.or.jp/index.html

・日本建築学会
○講習会「長周期地震動と超高層建物の対応策」
10月25日 東京会場・建築会館ホール
11月1日 名古屋会場・昭和ビル9階ホール(名古屋市中区栄)
11月15日 大阪会場・大阪府建築健保会館(大阪市中央区和泉町)
○「高強度コンクリート施工指針・同解説」改定講習会
11月19日 東京会場・建築会館ホール
11月26日 大阪会場・大阪科学技術センター(大阪市西区)
http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm

・土木学会
○「2013年制定コンクリート標準示方書発刊に伴う講習会」
10月11日 東京会場・科学技術館サイエンスホール
10月16日 大阪会場・大阪国際交流センター
○「2013年制定コンクリート標準示方書『規準編』発刊に伴う報告会ならびに特別講演会」
11月13日 土木学会2F講堂
○「構造工学における有限要素法の基礎と応用講習会」
10月1日~2日 会場・土木学会講堂
○施工計画講習会「施工計画の基礎・最新PJ事例・維持管理の方向性」
11月8日 会場・土木学会講堂
○「地震防災技術懇話会」
11月26日 会場・土木学会2F会議室(参加費・無料)
○「地震・津波に関するシンポジウム」
~社会資本投資額減少と弱者救済を視野に入れた水循環ネットワークのあり方
11月26日 会場・ヴェルクよこすかホール(参加費・無料)
○「空港・港湾・鉄道の重荷重舗装技術に関する講習会」
11月29日 東京会場・土木学会講堂
12月6日 福岡会場・福岡大学中央図書館 多目的ホール
http://www.jsce.or.jp/

・日本材料学会
○「コンクリート構造物の補修・補強・アップグレード シンポジウム」
11月8日 会場・京都テルサ
○「信頼性・破壊力学 合同シンポジウム」
11月20~22日 阿蘇ファームランド(熊本県)
○「第5回日本複合材料会議」
2014年3月5日 会場・京都タワーホテル
www.jsms.jp/

----------------------------------------------------------------------------

4 コンクリート技士試験受験対策講座

○コンクリート技士演習問題
(コンクリート技士試験 完全攻略問題集2012年版 より)

硬化コンクリート

コンクリートの乾燥収縮に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。
(1)同じ単位水量の場合、空気量が多いほど、乾燥収縮は小さい。
(2)粗骨材の弾性係数が大きくなるほど、乾燥収縮は大きい。
(3)実積率の大きな粗骨材を用いたコンクリートの乾燥収縮は、実積率の小さいものを用いた場合に比べて小さくなる。
(4)コンクリートの乾燥収縮ひずみは、一般に0.25%程度である。
(解答はホームページに掲載)

----------------------------------------------------------------------------

5 文化情報(オススメ映画)

「ブロークンシティ」 BROKEN CITY
警察を辞めて探偵になったビリー(マーク・ウォルバーグ)のもとに、ニューヨーク市長ホステラー(ラッセル・クロウ)から、妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の浮気調査の依頼が舞い込む。調査を進めるが、浮気相手の男は殺される。
被害者は市長選の対立候補の選挙参謀だった。探偵は市長の陰謀に利用されていたことに気付くが…。
脚本はブライアン・タッカー。「製作が決まっていない気になるシナリオ」の上位にリストアップされていた脚本。
ありがちな設定だが、台詞がよく練られており、登場人物のキャラクターもしっかりしていて、どこかユーモラス。
警察署長のジェフリー・ライトは市長の陰謀と正義感の板挟みで苦しんでいるし、探偵の恋人(ナタリー・マルティネス)はオーディションに落ち続ける女優。
ようやく手に入れた主演作の試写に招かれたウォルバーグ、あまりのエロさに茫然(表情に「テッド」が入っている)。映画の価値観の違いを捉えた秀逸なシーンだ。
登場人物の中でも特筆したいキャラクターは探偵助手役のアロナ・タル。助手としてよく動くし、電話の応対もテキパキ。
給料の遅配があってもぼやかない。零細ブラック企業が社員に欲しがりそうな明るいブロンド美女。近々ブレイクの予感がする女優だ。
監督は「ポケットいっぱいの涙」のアレン・ヒューズ。
(配給ショウゲート 10月19日新宿バルト9ほか公開)  http://brokencity.jp/

┌─┬─┬----------------------------------------------------------------------
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘

「中二病」って知っていますか。思春期の少年少女にありがちな自意識過剰やコンプレックスから発する一部の言動傾向を小児病とからめ揶揄した俗語で、「症例」として次のような言動が挙げられています。
突然ブラックコーヒーを飲み始める。売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる(タレントや歌手に置き換え可)。
やればできると思っている。「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。
要するに、急に背伸びしたような行動、反社会的な行動、喧嘩や犯罪行為に対する虚言など、何年か後になって後悔するような言動をする人のことです。
それならわが社のおじさんも中二病だぞ、私もちょっと中二病に罹っているかも、と思い当たる方もおられるのではないでしょうか。
でも、やればできる、と思っていることをビョーキと笑うより、やればできるという気概を失ってしまうより、そういう気持ちを持ち続けることが大切です。
日頃の自身の言動を振り返るにはよい「症例」ではありますが、それらの「症例」に当てはまるものがないのもビョーキではないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

メルマガ配信停止はこちらから。
┌──┐ ┌───┐ ┌───┐
│\/│ │\☆/│ │\★/│
└──┘ └───┘ └───┘
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=beton

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

本メールマガジンは、名刺交換させていただいた方、配信登録いただいた方に配信し
ております。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式会社セメントジャーナル社
〒160-0022東京都新宿区新宿2-16-8 新宿北斗ビル6F

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━◆◇