バックナンバー

  • 2017/08/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.64
  • 2017/07/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.63
  • 2017/06/27 (Tue) 10:28
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.62
  • 2017/05/26 (Fri) 15:30
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.61
  • 2017/04/28 (Fri) 09:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.60
  • 2017/03/29 (Wed) 10:53
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.59
  • 2017/02/28 (Tue) 13:58
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.58
  • 2017/01/27 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.57
  • 2016/12/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.56
  • 2016/11/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.55
  • 2016/10/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.54
  • 2016/09/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.53
  • 2016/08/29 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.52
  • 2016/07/29 (Fri) 10:08
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.51
  • 2016/06/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.50
  • 2016/05/27 (Fri) 13:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.49
  • 2016/04/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.48
  • 2016/03/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.47
  • 2016/02/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.46
  • 2016/01/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.45
  • 2015/12/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.44
  • 2015/11/27 (Fri) 14:10
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.43
  • 2015/10/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.42
  • 2015/09/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.41
  • 2015/08/31 (Mon) 13:09
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.40
  • 2015/07/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/06/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/05/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.37
  • 2015/04/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.36
  • 2015/03/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.35
  • 2015/02/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.34
  • 2015/01/28 (Wed) 13:00
    メールマガジン Vol.33
  • 2014/12/25 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.32
  • 2014/11/28 (Fri) 15:05
    メールマガジン Vol.31
  • 2014/10/28 (Tue) 13:00
    メールマガジン Vol.30
  • 2014/09/26 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.29
  • 2014/08/28 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.28
  • 2014/07/28 (Mon) 13:00
    メールマガジン Vol.27
  • 2014/06/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.26
  • 2014/05/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.24
  • 2014/04/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/03/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/02/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.22
  • 2014/01/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.21
  • 2013/12/26 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.20
  • 2013/11/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.19
  • 2013/10/29 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.18
  • 2013/09/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.17
  • 2013/08/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.16
  • 2013/07/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.15
  • 2013/06/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.14
  • 2013/05/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.13
  • 2013/04/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.12
  • 2013/03/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.11
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.10
  • 2013/01/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.9
  • 2012/12/27 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.8
  • 2012/11/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.7
  • 2012/10/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.6
  • 2012/09/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.5
  • 2012/08/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.4
  • 2012/07/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.3
  • 2012/06/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.2
  • 2012/05/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.1

セメントジャーナル社 メールマガジンVol.20

2013/12/26 (Thu) 13:00
XXXX
XXXX 様


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■
▼▲▼▲▼  
▲▼○▼    CJ メルマガ
▼▲▼               (Vol20)2014年1月号
▲▼
                     毎月28日発行
                     発行所 株式会社セメントジャーナル社
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■

今月のメールマガジンの内容
1 今月のイチオシ記事(コンクリート工業新聞から選りすぐりの記事をご紹介)
2 ユニークな生コン会社訪問 第20回 合田産業株式会社(広島市南区宇品)
3 講演会、セミナー情報
4 新刊紹介「コンクリート診断士完全攻略問題集 2014年版」
5 文化情報(オススメ映画) 「バイロケーション」
編集後記

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━

1 今月の「コンクリート工業新聞」イチオシ記事

・中流動コンの採用拡大 NEXCOが標準化
トンネル覆工コンクリートを中心に中流動コンクリートを採用する事例が増えてい
る。普通と高流動の中間の性質をもったコンクリートで、軽微な締固めで均一に充填
できる特徴がある。NEXCO3社(東日本、中日本、西日本)の高速道路のトンネ
ル工事を中心に採用されている。(11月28日付)
・関東一区の協組 再値上げ機運高まる
 骨材・セメント 販売姿勢強く
関東一区で生コンの再値上げ機運が高まっている。骨材の値上げ攻勢が続いているこ
とに加え、セメントメーカー各社も「値上げ交渉の年内決着」を旗印に販売姿勢を強
めていることが背景にある。原材料供給もタイト化しており、生コンにとって不利な
交渉環境が形成されつつある。埼玉中央生コン協同組合は10日に登録販売店会議を開
き、来春から生コンの販売価格を800円引き上げることを表明。すでに横須賀、玉川
の協同組合が再値上げを打ち出しており、再値上げ検討中の協組もあり、追随する動
きが広がる公算が強い。(12月12日付)

 今月の「コンクリート工業新聞」主な見出し
・セメント 値上げ交渉が佳境に
 年内決着目指す構え(11月28日付)
・SECコン 生コン工場の採用増 京都・和歌山で実施工
 ソフト対応で容易に(11月28日付)
・住友大阪セ ひび割れを自然に修復
 自己治癒 補修材リニューアル(11月28日付)
・青年部協議会 混和剤の機能学ぶ
 和歌山で全国大会(11月28日付)
・玉川協組 来春に再値上げ
 戻りコン有償化 出荷ベースで(11月28日付)
・コンクリート舗装普及に弾み
 全生連 PR資料を作成(12月5日付)
・生コン出荷 今年度9517万立米に上方修正
 被災地復興、民需回復で(12月5日付)
・全国の生コン工場数
 上期で40工場減(12月5日付)
・セメント 今年度内需 4750万トン超の勢い
 在庫切れ不安続く(12月5日付)
・北陸 FAコンの標準化広まる
 富山 生コン3割が標準化(12月12日付)
・FA協会 JR東アル骨対策でフライアッシュ
 新潟駅高架化工事で適用(12月12日付)
・全生連 工組事務局研修会開く
 「異種の道」で講演(12月12日付)
・青森県工組 五十嵐洲理事長
 社会貢献者表彰 30年近く視覚障害者向け相撲雑誌(12月12日付)
・太平洋セ SiC粉末原料を開発
 単結晶成長速度が倍に(12月12日付)
・岩手県の復興工事 防波堤にプレキャスト
 生コンの需給緩和策で(12月19日付)
・東京協組 戻りコン有償化 7月から徴収へ
 契約取り消し扱い(12月19日付)
・大津協組 3月から値上げ(12月19日付)
・湖東協組 表示価格3500円上昇(12月19日付)
・愛知の生コン 各地で転嫁値上げ(12月19日付)

今月の「コンクリート工業新聞」特集記事
・生コン記念日(11月28日付)
・神奈川県の生コン(12月5日付)
・インターロッキングブロック(12月5日付)
・コンクリート舗装(12月12日付)
・スリップフォーム工法(12月12日付)
・太平洋セメント(12月19日付)

コンクリート工業新聞購読はホームページから 
http://www.beton.co.jp/read.html
 
1部売りの場合はお問い合わせフォームから 
http://www.beton.co.jp/contactus.html

----------------------------------------------------------------------------

2 ユニークな生コン工場訪問(第20回) 合田産業株式会社(広島市南区宇品)

 合田産業は広島市で太平洋セメント販売店、土木建築資材製造販売、飲食店経営等
を事業とする会社である。またグループ会社として広島県、山口県に8つの生コン会
社を有する山陽地区の有力生コン企業でもある。グループ全体の売上は約150億円に
上る。グループ生コン会社の多くは生産委託方式等の合理化・集約化がなされてい
る。たとえば、新広島コンクリートは広島太平洋生コンに生産委託、下松アサノコン
クリートは周南協同生コンに生産委託している。また岩国コンクリートは三計資材よ
り生産受託しているというケースもある。
 同社は1919年、合田政吉氏による土政が創業、1940年、株式会社合田光三商店を関
西で設立、1956年同社中国営業所を岩国に開設、1963年、岩国コンクリートを日本セ
メント(現太平洋セメント)との共同出資により設立、生コン部門をスタートする。
 以後、運送部開設(のちに分社化、合田運輸となる)、72年に下松アサノコンク
リートを日本セメントとの共同出資により設立。74年に美鈴が丘団地建設用現地プラ
ント開設。76年に合田光三商店より分離独立、合田産業に。78年に中国自動車道建設
用現場プラント(宇佐工場)開設。82年に広島コンクリート設立。83年に弥栄ダム建
設用現場プラント開設。2001年春日野団地建設用現場プラント開設。2002年新広島コ
ンクリートを太平洋セメントとの共同出資により設立。2007年呉コンクリートの株式
を取得、子会社化。2008年福嶋コンクリート設立(のちに吸収合併)。2013年大成コ
ンクリートの株式を取得、グループ化。同年西中国コンクリートを関門生コンとの共
同出資により設立。同年ミクストグループ化、というのが同社の生コンに関する歩み
である。
 8つの生コン会社は、合田グループ傘下の関連会社としている。生コン会社に合田
産業がセメントを販売(セメントバラ車を保有)、生コン会社が製造した生コンを合
田産業が買上げ、協同組合に販売する仕組みである。
 飲食部門の進出は2004年からで、オムライス、パスタ、鉄板焼き等の店舗を次々と
開店するが、「今後は生コン製造販売に特化したい」(合田尚義社長)。そのため、
2013年1月に合田コーポレーションを設立、飲食部門とLED販売事業、それにM&
A事業を切り離しスタートさせた。M&A事業については既存の企業を買収する方向
で動いているところだ。
 合田社長は2代目。大学卒業後、商社で修業。96年に合田産業で工事部門、生コン
部門、営業、管理部など会社全般を勉強しているところ、2001年に先代社長が急逝、
「ゆっくり仕事を覚えていこうと思っていた矢先の社長就任だった」
 合田社長は、工場運営に関しては基本的に技術本部長や各工場長に任せている。設
備の改造・更新などの要望があれば実態を調査し、社長が決裁するという。
 経営理念は「社員の一人一人が、やりがいと充実感を持って仕事ができ、人間とし
て成長できる場所を、会社という組織の中に提供する」。
http://www.goda-sangyo.co.jp

----------------------------------------------------------------------------

3 講演会・セミナー情報

※プログラムの詳細、受講料、申し込み方法等は主催者ホームページをご覧ください。

・セメント協会
○「第303回コンクリートセミナー」
2014年2月28日 会場・広島国際会議場
○第45回「セメント固化材セミナー」
2014年3月7日 会場・JA共済ビル(大手町)
http://www.jcassoc.or.jp/index.html

・日本建築学会
○講習会「合成構造設計規準ならびに鉄骨鉄筋コンクリート構造計算規準」
2014年1月29日 東京会場・建築会館ホール
2014年1月30日 名古屋会場・昭和ビル9階ホール(名古屋市中区)
2014年2月4日 大阪会場・大阪科学技術センター(大阪市西区)
2014年2月5日 福岡会場・福岡建設会館(福岡市博多区)
2014年2月7日 広島会場・広島県情報プラザ(広島市中区)
http://www.aij.or.jp/

・土木学会
○「第42回岩盤力学に関するシンポジウム」
2014年1月9、10日 会場・土木学会会議室
○「鋼構造基礎講座 鋼橋の維持管理~迫りくる大修繕時代に備えて」
2014年1月15日 会場・土木学会講堂
○「FRP水門設計・施工指針(案)」講習会
2014年2月19日 会場・土木学会講堂
http://www.jsce.or.jp/

・日本材料学会
○「第5回日本複合材料会議」
2014年3月4~6日 会場・キャンパスプラザ京都(京都市下京区)
○「講演会 第48回X線材料強度に関するシンポジウム」
2014年7月24、25日 会場・エルおおさか(大阪市)
www.jsms.jp/

・土木研究所
○土研新技術ショーケース2014那覇(無料)
2014年1月23日 沖縄県市町村自治会館(那覇市旭町)
詳細・申込 www.pwri.go.jp/jpn/event.html

┌─┬─┬---------------------------------------------------------------------
│新│刊│
├─┼─┤
│紹│介│
└─┴─┘

4 新刊紹介「コンクリート診断士完全攻略問題集 2014年版」

著者:辻 幸和・安藤 哲也・地頭薗 博・十河 茂幸・鳥取 誠一
本文:408ページ
価格:3,675円(税込) 
2014年1月下旬発行予定

問題数はそのままに、カラーページが増えて理解しやすくなりました。

・過去10年間の全試験問題を収録し、直近3年分はカラーで掲載しています。
・演習問題は2色刷りとし、解説の図表等が理解しやすくなりました。
 さらに、各演習問題に表示した設問テーマにより、効率的に学習ができます。
・過去問題と100題の演習問題で確実に試験合格の実力が身につきます。
・本書を学習し終えたら、巻末の「実力確認テスト」にチャレンジしましょう。
 解答と解説は弊社ホームページで後日公開します。

HPで予約受付中!! http://www.beton.co.jp/publish/131.html

----------------------------------------------------------------------------

5 文化情報(オススメ映画) 「バイロケーション」

 バイロケーションとは、もう一人の自分がほかの場所にも存在する現象で、「一身
二か所存在」ともいう。ドッペルゲンガーと似ているが、ドッペルゲンガーの人物は
会話をせず、本人と関係のある場所に出現する。淀川長治センセイは、自宅のトイレ
の扉を開けたら、便座に坐っている自分がいた、と話されていたことがある。これは
ご本人と関係のある場所だからドッペルゲンガーである。
バイロケーション(以下バイロケ)の人物は実態を持っており、自分こそ本物だと
思っているから始末が悪い。本作品はバイロケ出現に困惑するヒロイン(水川あさ
み)と、バイロケから自分たちを守る会(個性的でどこか不気味な連中ばかり)とい
う怪しい組織に関わる人物たちがバイロケにより変死していくというストーリー。原
作は第17回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した法条遥のデビュー作「バイロケー
ション」。監督は安里麻里。捻りの利いた展開で飽きさせない。
難を言えば終盤の説明台詞の多さと、伏線の張り方が不十分であること。キーワード
の絵画を観客に見せるタイミングが遅いように思う。でも、そういった欠点は勢いの
ある展開に圧倒され、さほど気にならないだろう。
なお、本作品は結末の違う<裏>篇も公開される。
(配給・KADOKAWA 1月18日公開)
http://www.bairoke.jp/

┌─┬─┬----------------------------------------------------------------------
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘

来年は午年。十二支の中間に位置するところから、前半が終わり、後半が始まること
を表すと云われています。午年生まれは、存在感があり、情熱的で才知に富んでお
り、独立心、冒険心が旺盛。一方で好き嫌いが激しく、気分屋。しかし開け広げで正
直なので、人に好かれる性格とのこと。楽天的で物事を前向きに考えられるのが長所
だそうです。どうです、当たっていますか。
午年生まれでなくても、明るく、前向きな一年でありたいものです。では、良いお年
を。

-------------------------------------------------------------------------------

メルマガ配信停止はこちらから。
┌──┐ ┌───┐ ┌───┐
│\/│ │\☆/│ │\★/│
└──┘ └───┘ └───┘
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=beton

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

本メールマガジンは、名刺交換させていただいた方、配信登録いただいた方に配信し
ております。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式会社セメントジャーナル社
〒160-0022東京都新宿区新宿2-16-8 新宿北斗ビル6F

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━