バックナンバー

  • 2017/05/26 (Fri) 15:30
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.61
  • 2017/04/28 (Fri) 09:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.60
  • 2017/03/29 (Wed) 10:53
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.59
  • 2017/02/28 (Tue) 13:58
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.58
  • 2017/01/27 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.57
  • 2016/12/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.56
  • 2016/11/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.55
  • 2016/10/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.54
  • 2016/09/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.53
  • 2016/08/29 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.52
  • 2016/07/29 (Fri) 10:08
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.51
  • 2016/06/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.50
  • 2016/05/27 (Fri) 13:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.49
  • 2016/04/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.48
  • 2016/03/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.47
  • 2016/02/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.46
  • 2016/01/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.45
  • 2015/12/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.44
  • 2015/11/27 (Fri) 14:10
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.43
  • 2015/10/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.42
  • 2015/09/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.41
  • 2015/08/31 (Mon) 13:09
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.40
  • 2015/07/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/06/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/05/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.37
  • 2015/04/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.36
  • 2015/03/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.35
  • 2015/02/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.34
  • 2015/01/28 (Wed) 13:00
    メールマガジン Vol.33
  • 2014/12/25 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.32
  • 2014/11/28 (Fri) 15:05
    メールマガジン Vol.31
  • 2014/10/28 (Tue) 13:00
    メールマガジン Vol.30
  • 2014/09/26 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.29
  • 2014/08/28 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.28
  • 2014/07/28 (Mon) 13:00
    メールマガジン Vol.27
  • 2014/06/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.26
  • 2014/05/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.24
  • 2014/04/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/03/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/02/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.22
  • 2014/01/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.21
  • 2013/12/26 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.20
  • 2013/11/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.19
  • 2013/10/29 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.18
  • 2013/09/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.17
  • 2013/08/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.16
  • 2013/07/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.15
  • 2013/06/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.14
  • 2013/05/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.13
  • 2013/04/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.12
  • 2013/03/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.11
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.10
  • 2013/01/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.9
  • 2012/12/27 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.8
  • 2012/11/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.7
  • 2012/10/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.6
  • 2012/09/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.5
  • 2012/08/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.4
  • 2012/07/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.3
  • 2012/06/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.2
  • 2012/05/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.1

セメントジャーナル社 メールマガジンVol.21

2014/01/28 (Tue) 13:00
XXXX
XXXX 様


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■
▼▲▼▲▼  
▲▼○▼    CJ メルマガ
▼▲▼               (Vol.21)2014年2月号
▲▼
                     毎月28日発行
                     発行所 株式会社セメントジャーナル社
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■

今月のメールマガジンの内容
1 今月のイチオシ記事(コンクリート工業新聞から選りすぐりの記事をご紹介)
2 ユニークな生コン会社訪問 第21回 白石建設有限会社(岡山市北区今保)
3 講演会、セミナー情報
4 新刊紹介「コンクリート診断士完全攻略問題集 2014年版」
5 文化情報(オススメ映画) 「赤×ピンク」
編集後記

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━

1、 今月の「コンクリート工業新聞」イチオシ記事

・大阪の正常化が焦点
工組 協組統合スキーム提案
 近畿最大の生コン消費地、大阪では、この3年余り、3つの生コン協同組合と員外社
の4勢力による需要の争奪が繰り広げられている。生コン市況が長期低迷する中で、
品質への影響を懸念する声も上がってきている。こうした事態を重く見た大阪兵庫生
コンクリート工業組合は、阪神地区、大阪レディーミクストコンクリート両協組が大
阪広域協組に団体加入する再編・統合スキームを提案。今春までの合意形成をめざ
し、調整が進められている。だが、各協組の思惑が異なり、合意形成は一筋縄にはい
かないと見る向きが多い。(1月16日付)

・首都圏の骨材 値上げ交渉が山場へ
生コン協組 再値上げ広がる
 首都圏で生コン用骨材の値上げ交渉が始まった。資源の枯渇やリーマンショック後
の需要減に伴う設備削減による生産能力の低下に加え、ダンプ、船舶の不足など物流
の弱体化を背景に、骨材業者の売り腰は依然として強い。交渉はこれから春にかけて
山場を迎える。首都圏の生コン協同組合は一昨年から昨年にかけて骨材価格の上昇分
を転嫁する生コン値上げを行っているが、その浸透を前に、再値上げの打ち出しに動
き始めている。(1月23日付)

 今月の「コンクリート工業新聞」主な見出し
・復旧復興 資材の供給は安定化
 急増には公共プラント(1月9日付)
・復旧復興でプラント設置
 3県合計で約20工場(1月9日付)
・駟馳山バイパス CRCP施工
 SF工法 鳥取工組が見学会(1月9日付)
・JCI 技士・主任技士合格発表
 技士受験者8000名台に(1月9日付)
・JCI 施工、品質保証で基準
 ポーラスコン 実務での課題に対応(1月16日付)
・京都南協組が発足
 共販事業も視野(1月16日付)
・依田儀一商店 生コン向けコンサル開始
 初年度は完全成果報酬で(1月16日付)
・岩手県気仙 協組プラント設置
 復旧復興用に3月中完成(1月23日付)
・南薩協組 1年で共販再構築
 全額代金回収も浸透(1月23日付)
・神奈川協組も有償化
 戻りコン 4月契約分から(1月23日付)
・三多摩協組 昨年末時点で17件
 戻りコン有償化実績(1月23日付)

今月の「コンクリート工業新聞」特集記事
・新年特集(1月2日付)
・北陸地区(1月9日付)
・中国地区、四国地区(1月16日付)
・東海地区、近畿地区(1月23日付)

コンクリート工業新聞購読はホームページから 
http://www.beton.co.jp/read.html
 
1部売りの場合はお問い合わせフォームから 
http://www.beton.co.jp/contactus.html

----------------------------------------------------------------------------

2 ユニークな生コン工場訪問  白石建設有限会社(岡山市北区今保)

白石建設のプラントから出てくる生コン車のドライバー見ていると、女性が多いこと
に気付く。試験室の車に乗っているドライバーも女性だ。
「当社は積極的に女性を採用している。有資格者(コンクリート主任技士3名、コン
クリート技士8名)も女性が多く、今回の技士試験では3名の女性が合格した。女性な
らではの細かい部分への気づき、繊細さが顧客満足度向上に役立っている」(武南浩
二専務取締役)。
同社は土木建設業と生コン製造販売を事業としており、売上比率は生コンの占める割
合が高い。
白石建設の創業は1972年1月、土木建設業としてスタートした。社名の白石は、白石
町に在ったのが由来だが、市町村合併で現在は今保町となった。
生コン製造は1975年からで、建設部門への供給とハウスメーカーなど地元建設業の民
間需要が主。品質管理監査を受けていないので「入札指名業者なのに自社の生コンが
使えないこともある」(同)。それでも小口物件や小型割増し(2500円)で価格は悪
くないというが、「セメント、骨材の値上げで昨年10月から1000円アップをお願い
し、3月にさらに1000円アップをお願いしているところだ」(同)
同社の最重要課題は、「わが社ならではの付加価値のある生コンを供給させること
だ。そのために、さまざまなことにチャレンジした」(同)
大型12台、小型22台の全車両にGPSを4年前に導入、ドライブレコーダも設置した。女
性ドライバーのために低床車を5台取り入れた。
またドラムにはセラミック遮熱塗料「クールサーム」を段階的に採用、現在10台が塗
り終わった。「クールサームは三層塗装のため1台の塗装に15日程度を要する。梅雨
など季節によって塗装が乾きにくいことから夏場に塗装しているので1シーズン10台
が限度」(同)
クールサームはNASAのスペースシャトルに使用するセラミック遮熱塗料で、太陽エネ
ルギーを強力に反射・放散させる。「従来の遮熱塗料の2・5倍程度高価だが、従来の
塗料と比べ、約13°Cの温度差がある」(同)
日総試のコンクリート現場試験技能者7名を置いているのも顧客満足度を重視した同
社ならでは。
また11月にGNN(元気な生コンネットワーク)に加入、新技術情報のほか、ドライ
ウエイなどネットワークを活用した販売も活用していくとしている。
同社の立地は、国道250号線、岡山西バイパスなど交通網に恵まれ、岡山市内に比較
的短時間で供給できる。周辺は工場が多いが、「裏に住宅があるので、防音壁を設
け、低騒音型ミキサを採用、出荷は17時までとし、夜間出荷があるときは事前に了解
をとるなどコミュニケーションは常に取るようにしている」(同)
経営理念は「常に企業体質の強化に努め、健全な経営基盤を確立し、顧客に対し安定
した品質と円滑な納入を保証することにより、ニーズと信頼に応え、国土建設に不可
欠な重要基礎資材の生産者としての自覚と誇りを持って、社会的使命を果たす」
白石建設 http://namacon.co.jp
クールサーム www.daikoshokai.com/
GNN(元気な生コンネットワーク) http://genki-namakon.net/

----------------------------------------------------------------------------

3 講演会・セミナー情報
※プログラムの詳細、受講料、申し込み方法等は主催者ホームページをご覧ください。

・全生工組連・日本規格協会
○JIS A 5308改正説明会
【仙 台】 2月 4日(火)/戦災復興記念館 記念ホール
【名古屋】 2月 4日(火)/東別院会館 東別院ホール
【札 幌】 2月 5日(水)/北海道自治労会館 4階中ホール
【松 山】 2月 5日(水) /メルパルク松山 ラフィーネ
【大 阪】 2月 10日(月)/大阪国際交流センター 大ホール
【福 岡】 2月 12日(水)/福岡国際会議場
【那 覇】 2月 18日(火)/沖縄県青年会館大ホール
【富 山】 2月 21日(金)/ボルファートとやま 琥珀
【東京-2】 2月 24日(月)/みらい座いけぶくろ(豊島公会堂)
【広 島】 2月 27日(木)/広島県民文化センター
プログラム、申込方法、参加料等の詳細は
http://www.jsa.or.jp/standard/meeting_02.asp?fn=a5308.htm
全国生コンクリート工業(協同)組合連合会の会員の方は
  http://www.zennama.or.jp/1-news/new/index20131226.html

・LIME Japan 社会基盤の長寿命化を考える日本会議
○第7回啓発セミナー
「笹子トンネル事故から何を学ぶか~インフラのメンテナンスを考える」
2月14日 会場・スクワール麹町(JR四ツ谷駅前) 参加費3000円
http://kokucheese.com/event/index/138938/

・セメント協会
○「第303回コンクリートセミナー」
2月28日 会場・広島国際会議場
○第45回「セメント固化材セミナー」
3月7日 会場・JA共済ビル(大手町)
http://www.jcassoc.or.jp/index.html

・日本建築学会
○講習会「合成構造設計規準ならびに鉄骨鉄筋コンクリート構造計算規準」
1月29日 東京会場・建築会館ホール
1月30日 名古屋会場・昭和ビル9階ホール(名古屋市中区)
2月4日 大阪会場・大阪科学技術センター(大阪市西区)
2月5日 福岡会場・福岡建設会館(福岡市博多区)
2月7日 広島会場・広島県情報プラザ(広島市中区)
http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm
○「鉄筋コンクリート造建築物の各種不具合事例の予防保全のためのシンポジウム」
2月21日 日本大学理工学部(千代田区神田駿河台)
https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=677

・土木学会
○「舗装路面のテクスチャとすべりに関する講習会」
2月7日 東京会場・土木学会講堂
2月21日 北海道会場・寒地土木研究所講堂(札幌)
○「FRP水門設計・施工指針(案)講習会」
2月19日 会場・土木学会講堂
○「コンクリートのあと施工 アンカー工法の設計・施工指針(案)」講習会
3月31日 会場・スクワール麹町(JR四ツ谷駅前)
http://www.jsce.or.jp/

・日本コンクリート工学会
○「コンクリート工学年次大会2014(高松)」
7月9日~11日 会場・サンポート高松
http://confit.atlas.jp/guide/event/jci2014/top


・日本材料学会
○「第5回日本複合材料会議」
3月4~6日 会場・キャンパスプラザ京都(京都市下京区)
○「講演会 第48回X線材料強度に関するシンポジウム」
7月24、25日 会場・エルおおさか(大阪市)
www.jsms.jp/

・GNN(元気な生コンネットワーク)
○「第9回技術勉強会」(京都工組青年部共催)
2月14日 会場・ふなつる(京都市) 
費用・15,000円(テキスト、懇親会2次会含む)定員133名(生コン工場優先)
締切 1月末日 申込みはGNN事務局fax055-947-0052 nagaoka-rmc@yr.tnc.ne.jp

┌─┬─┬---------------------------------------------------------------------
│新│刊│
├─┼─┤
│紹│介│
└─┴─┘

4 新刊紹介「コンクリート診断士完全攻略問題集 2014年版」

著者:辻 幸和・安藤 哲也・地頭薗 博・十河 茂幸・鳥取 誠一
本文:408ページ
価格:3,675円(税込) 
2014年1月下旬発売

問題数はそのままに、カラーページが増えて理解しやすくなりました。

・過去10年間の全試験問題を収録し、直近3年分はカラーで掲載しています。
・演習問題は2色刷りとし、解説の図表等が理解しやすくなりました。
 さらに、各演習問題に表示した設問テーマにより、効率的に学習ができます。
・過去問題と100題の演習問題で確実に試験合格の実力が身につきます。
・本書を学習し終えたら、巻末の「実力確認テスト」にチャレンジしましょう。
 解答と解説は弊社ホームページで後日公開します。

HPにて絶賛発売中!! http://www.beton.co.jp/publish/131.html

----------------------------------------------------------------------------

5 文化情報(オススメ映画)  「赤×ピンク」(KADOKAWA)

直木賞作家・桜庭一樹の原作を映画化した本作は、84年の日活ロマンポルノ「美少女
プロレス 失神10秒前」をさらに過激にしたテイスト。坂本浩一監督はアクション
(格闘技)場面に力を入れ、主演の芳賀優里亜、多田あさみ、水崎綾女、小池里奈は
それに応えている。坂本監督は「DVDが早送りされないように見せ場を作っていっ
た」というように、アクションとエロチシズムの連続で、観る者をスクリーンに釘づ
けにする。
それぞれのキャラクターもDV、性同一性障害など抱えており、それらの問題を克服す
るエピソードが描かれているので、印象に残るヒロイン像になっている。坂本監督作
品は1月18日公開の「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決
戦!さらば永遠の友よ」というお子様映画も作っているが、やはりひたすらアクショ
ン場面で話をつないでいる。しかし「赤×ピンク」に比べて物足りなさが残るのは、
登場人物が抱えている悩みを克服するという設定がまったくないからだ。そういう描
写があれば主人公も活きいきとする。「赤×ピンク」にも出ていた水崎綾女、榊英雄
も人物造形に膨らみがないから精彩に欠けるのだ。
このように本作品は坂本監督が本領を発揮した意欲作であり、4人の女優のこれから
が楽しみな快作である。(2月22日公開)
http://aka-pink.jp/

┌─┬─┬----------------------------------------------------------------------
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘

現在、2014年度「生コン年鑑」の編集作業に大わらわです。
生コン工場の調査票にご協力いただき、ありがとうございました。この場を借りて御
礼申し上げます。
調査票を見ていて気付いたことは、今年度は出荷数量が増えていることと相俟って、
生コンプラントの更新が大幅に増えていることです。これまで先送りしていた設備更
新計画がここにきて集中した感があります。
とはいえ、出荷数量を見ますと、年間で1万を割る工場も多く、需要の地域偏在は業
界の永遠の課題のようです。

-------------------------------------------------------------------------------

メルマガ配信停止はこちらから。
┌──┐ ┌───┐ ┌───┐
│\/│ │\☆/│ │\★/│
└──┘ └───┘ └───┘
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=beton

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

本メールマガジンは、名刺交換させていただいた方、配信登録いただいた方に配信し
ております。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式会社セメントジャーナル社
〒160-0022東京都新宿区新宿2-16-8 新宿北斗ビル6F

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━◆◇