バックナンバー

  • 2017/05/26 (Fri) 15:30
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.61
  • 2017/04/28 (Fri) 09:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.60
  • 2017/03/29 (Wed) 10:53
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.59
  • 2017/02/28 (Tue) 13:58
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.58
  • 2017/01/27 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.57
  • 2016/12/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.56
  • 2016/11/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.55
  • 2016/10/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.54
  • 2016/09/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.53
  • 2016/08/29 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.52
  • 2016/07/29 (Fri) 10:08
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.51
  • 2016/06/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.50
  • 2016/05/27 (Fri) 13:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.49
  • 2016/04/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.48
  • 2016/03/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.47
  • 2016/02/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.46
  • 2016/01/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.45
  • 2015/12/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.44
  • 2015/11/27 (Fri) 14:10
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.43
  • 2015/10/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.42
  • 2015/09/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.41
  • 2015/08/31 (Mon) 13:09
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.40
  • 2015/07/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/06/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/05/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.37
  • 2015/04/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.36
  • 2015/03/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.35
  • 2015/02/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.34
  • 2015/01/28 (Wed) 13:00
    メールマガジン Vol.33
  • 2014/12/25 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.32
  • 2014/11/28 (Fri) 15:05
    メールマガジン Vol.31
  • 2014/10/28 (Tue) 13:00
    メールマガジン Vol.30
  • 2014/09/26 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.29
  • 2014/08/28 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.28
  • 2014/07/28 (Mon) 13:00
    メールマガジン Vol.27
  • 2014/06/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.26
  • 2014/05/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.24
  • 2014/04/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/03/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/02/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.22
  • 2014/01/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.21
  • 2013/12/26 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.20
  • 2013/11/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.19
  • 2013/10/29 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.18
  • 2013/09/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.17
  • 2013/08/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.16
  • 2013/07/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.15
  • 2013/06/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.14
  • 2013/05/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.13
  • 2013/04/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.12
  • 2013/03/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.11
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.10
  • 2013/01/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.9
  • 2012/12/27 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.8
  • 2012/11/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.7
  • 2012/10/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.6
  • 2012/09/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.5
  • 2012/08/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.4
  • 2012/07/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.3
  • 2012/06/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.2
  • 2012/05/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.1

メールマガジン Vol.34

2015/02/27 (Fri) 13:00
XXXX
XXXX 様
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■
      
▼▲▼▲▼  
▲▼○▼    コンクリート新聞 メールマガジン
▼▲▼               (Vol.34)2015年3月号        
▲▼
                     毎月28日発行
                    発行所 株式会社コンクリート新聞社
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■

※本メールマガジンは2014年11月8日の社名変更、「コンクリート新聞」への改題に
伴い、「コンクリート新聞 メールマガジン」に改題いたしました。

今月のメールマガジンの内容
1 イチオシ記事(コンクリート新聞から選りすぐりの記事をご紹介)
2 編集メモ
3 講演会、セミナー情報
4 文化情報(映画)「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
5 編集後記

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━

1、 「コンクリート新聞」2月のイチオシ記事

・千葉砂 枯渇の危機
首都圏の生コン工場で広く使用されている木更津や君津、富津などで採取される、

わゆる「千葉砂」が枯渇の危機に瀕している。千葉砂の生産業者が有望な資源として
開発を望んでいた国有林の採取許可が下りず、民有地の確保も進んでいない。千葉砂
生産業者も有望な資源を探索しているものの、現状と同等レベルの品質が保証できる
原砂山は、簡単には見つからない。このままだと、現在地の採取が終われば、骨材が
供給できなくなる恐れがある。千葉砂生産業者は一昨年からダンプや船舶の運賃改善
を主な理由として値上げを行ってきたが、今後の値上げは、新たな資源を確保するた
めに、「事業の存続を懸けて」行う構えだ。(2月19日付)

・再び値上げモード~関東一区の生コン
湘南生コンクリート協同組合(横浜市)は4月1日以降の引合受付分から生コンの

売価格を500円引き上げることを決めた。輸送コストの上昇を背景に、骨材会社が
再び値上げ姿勢を強めているためだ。すでに関東一区では、骨材価格の一段高などに
備え、玉川、千葉北部両生コン協組が今春からの値上げを表明している。神奈川生コ
ン協組も値上げに向けた検討を始めるなど関東一区の生コン市場は再び値上げモード
に突入する。(2月5日付)

「コンクリート新聞」2月の主な見出し
・セメント 秋需不発で前年割れ 
昨年販売 住宅投資が停滞(1月29日付)
・生コン 九州景況感が悪化 
骨材高、特需終了で(1月29日付)
・三菱マテリアル 来年度に実証試験 バイオガス化
セメントで残渣利用(1月29日付)
・日鉄住金セメント 値上げ1000円以上
4月出荷分電気料アップで(1月29日付)
・札幌協組 代行試験を有料化
4月価格表、付帯事項を改定(1月29日付)
・小樽協組 骨材の確保が課題に
積算価格維持に注力(1月29日付)
・長崎のFAコン 来年度に仕様書へ記載 
BBに最大20パーセント置換 経済性、環境負荷も考慮(1月29日付)
・生コン 4年ぶりマイナス
 昨年出荷1・6パーセント減の9592万立米(2月5日付)
・JCI北海道 再劣化現象を分析
 補修工法技術資料作成へ(2月5日付)
・芝浦工大伊代田准教授・東京テクノ 再生骨材の品質改善
 CO2吸着モルタルを緻密化(2月5日付)
・建材試験センター 東北で事業展開へ
 仙台で記念セミナー開催(2月5日付)
・福島建設協組 今年度2割増の50万立米に
 10地区で生コン共同購買
・セメント専業決算 内需減速で営業減益
 太平洋通期予想を下方修正(2月12日付)
・生コン経営 慎重な見方広がる
 本紙調査 課題は売価・コスト減・人材(2月12日付)
・仙台生コン協組 中長期ビジョン策定へ
 需要環境の変化に対応(2月12日付)
・16年度予定 玉川も契約形態見直し
 リニアなど長期物件に対応(2月12日付)
・建設経済研 政府投資が10年度並み
 15年度住宅着工90万戸台に(2月12日付)
・山口県周南市 アスファルトを打ち換え
 1DAYPAVE市道で採用(2月12日付)
・セメント5社セメント部門4~12月決算 
収益拡大にブレーキ 内需減少 4社が営業減益(2月19日付)
・熊本協組 3月から完全共販
 転嫁値上げが浸透(2月19日付)
・製品決算 土木メーカーが堅調
 4~12月 公共事業回復鮮明に(2月19日付)
・1月出荷 神奈川3割超の減少
 関東一区主要協組 地域差広がる(2月19日付)
・九州青年部 献血リレーでゴール式
 来年度には5万人達成へ(2月19日付)
・連載 コンクリート舗装の新展開 野田悦郎(2月19日付)

「コンクリート新聞」2月の特集
・北海道地区(1月29日付)
・東海地区(1月29日付)
・近畿地区(1月29日付)
・九州地区(2月5日付)
・生コンの第三者試験(2月12日付)

コンクリート新聞購読はホームページから http://www.beton.co.jp/read.html 

1部売りの場合はお問い合わせフォームから 
http://www.beton.co.jp/contactus.html

----------------------------------------------------------------------------------------------
2、編集メモ
3月発行予定の「宇部三菱セメント特集」に向けて、取材がスタートしました。連
日、宇部三菱セメントへ向かうなか、取材時間がお昼前後だとひそかに楽しみにして
いるのが「つじ田」か「井関屋」でラーメンを食べることです。両店までは、同社か
ら500mほどの距離です。両店とも靖国通り沿いにあり、30mほど離れて並んでいま
す。淡路町・小川町・新御茶ノ水駅のA7出口からすぐです。
つじ田はこってり濃厚なつけ麺が、井関屋はシンプルな中華そばが看板メニューで
す。この日は、スーツの上のコートが少し邪魔になるぐらいの暖かさ。熱いスープの
ラーメンよりも、つけ麺が恋しくなる気候です。実は両店は系列店で、個性が違う店
を並べることで客足を遠のかせない戦略なのかもしれません。その戦略に見事にはま
り、両店の前を2往復し逡巡していると、はじめはつけ麺が占めていた頭の中を、
徐々に中華そばにたっぷりチャーシューが乗った「肉そば」が占領しはじめました。
あっさりとしたスープに細麺、そして口の中でとろけるほど柔らかいチャーシュー。
間違いのない味とは、このことでしょう。ということで、つじ田に「次は必ず……」
と心中で別れを告げ、井関屋に足を運びました。
食している間もさることながら、実はどちらの店に行くか迷っている瞬間こそが至福
の時でもあります。近くに来た際は、ぜひ両店の間で葛藤してみて下さい。ちなみに
靖国通りを挟んだ先には、系列店で味噌ラーメンが看板メニューの「味噌の章」があ
ります。

--------------------------------------------------------------------------------------------
3、 講演会・セミナー情報
※プログラムの詳細、受講料、申し込み方法等は主催者ホームページをご覧くださ
い。
・土木学会
○シンポジウム「東日本大震災再考~困難課題の克服と復興の加速に向けて~」
3月9日 会場・東工大蔵前会館 くらまえホール
詳細はこちら  http://www.jsce.or.jp/

・日本建築学会
○「建物の火害診断および補修・補強方法指針」改定講習会
3月6日 大阪会場・大阪科学技術センター403室
○シンポジウム「鉄筋コンクリート造集合住宅の100年」
3月10日 会場・求道会館
詳細はこちら  http://www.aij.or.jp/

・日本コンクリート工学会
○「コンクリート基本技術調査委員会・打込み・締固めWG」報告会
3月4日 会場・きゅりあん(品川区立総合区民会館)小ホール
詳細はこちら  http://www.jci-net.or.jp/

・セメント協会
○セメント系固化材セミナー
3月10日 会場・ポールスター札幌 ポールスターホール
詳細はこちら  http://www.jcassoc.or.jp/

・日本建築センター
○技術セミナー「地震による地盤と建物の揺れをイメージして耐震安全性を視(み)
える化しよう!」
3月12日 会場・日本消防会館
詳細はこちら  http://www.bcj.or.jp/

・建築研究所
○世界各国の建築物の地震防災対策-技術協力で世界の建物を地震から守る
3月13日 会場・政策研究大学院想海楼ホール
詳細はこちら  http://www.kenken.go.jp/


---------------------------------------------------------------------------------------------
4、 文化情報(映画紹介)
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
BIRDMAN OR(THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE )

第87回アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞)を受賞した本作
は、驚きの表現に満ちた、実験的で辛辣なコメディである。2時間1カットであるかの
ように見えるキャメラ(全編1カットは初めてではない。ヒッチコック、ソクーロ
フ、白石晃士が試みている)。劇場の楽屋、屋上、劇場の外から客席を疾走するキャ
メラ。それでいてフィックスのように安定した画面は、ワンカットという技法を忘れ
させる。
また、新聞の演劇批評家に、主人公の舞台俳優であるリーガン(マイケル・キート
ン)が「あなたの批評は、面白くないとか空疎といったレッテルを貼るだけで、具体
的な指摘がない」とやり込めるシーンがあるが、印象や感想を書いているだけの自称
評論家は居心地が悪かったのではなかろうか。製作者側からこれだけ辛辣な言葉がレ
ビューに対して発せられるのも珍しい。
 ストーリーはシンプルだ。かつてスーパーヒーロー役で知られたリーガンは再起を
賭けてブロードウェイの舞台に立つことを決意する。しかし、相手役の実力派俳優
(エドワード・ノートン)に脅かされ、アシスタントの娘(エマ・ストーン)との関
係は悪くなるばかり。稽古中から混沌状態に。そして何とか幕は上がるが…
リーガンの感情を、彼の栄光の象徴であるバードマンがリーガンに語りかけることで
表現している。「お前は映画人だ。こんなところにいていいのか」「やめるなら今の
うちだ。お前のキャリアは終わりになるぞ」と、まるでオセロに毒の言葉を囁くイ
アーゴのようだ。リーガンはバードマンと一体化していく。この表現は「ブラック・
スワン」(10)を思わせる。
リーガンは物体移動の能力(怒りの感情表現)を持ち、現実と妄想が時々混乱する。
自分はバードマンであるとの妄想が自信となって、自分は不死身と思い込み、芝居の
自殺に本物の銃を持ち出し、頭を撃ち抜く。観客は拍手喝さい、批評は絶賛、そして
リーガンは…
監督は「21グラム」「バベル」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ。初のコメディで
ある。
(20世紀FOX映画配給 4月10日公開)
http://www.foxmovies-jp.com/birdman/

------------------------------------------------------------------------------------
┌─┬─┬
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘
「就活」「転活」「婚活」「妊活」「老活」「終活」─ということばをみなさんも一
度くらいは聞いたことがあると思います。独身アラサーのわたしが目下気になること
ばは…もちろん、「老活」です。
素晴らしい老後を送るためには、貯蓄が命と思っていたある日。取材先で、使うあて
のない老後の預貯金は誰の所得にもならないというような話を聞き心臓が縮みあがっ
た。このままではいけない…お金は流通させてこそ意味がある!フトコロであたため
ておいたらただの紙!という思いに駆られ一念発起。うまいメシとうまい酒をたらふ
く摂取して、帰りはチケットもないのにタクシーに乗った。立春を過ぎたのにフトコ
ロがこの上なく寒いのは言うまでもない…。
このご時世、お金を使うことに躊躇してしまうことも多いかと思いますが、金は天下
の回りもの。デフレの今こそお金を流通させましょう。ただし、ご使用は計画的
に…。
----------------------------------------------------------------------------------------------

メルマガ配信停止はこちらから。
┌──┐ ┌───┐ ┌───┐
│\/│ │\☆/│ │\★/│
└──┘ └───┘ └───┘
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=beton

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

本メールマガジンは、名刺交換させていただいた方、配信登録いただいた方に配信し
ております。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式会社コンクリート新聞社
〒160-0022東京都新宿区新宿2-16-8 新宿北斗ビル6F

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━◆◇━━