バックナンバー

  • 2017/05/26 (Fri) 15:30
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.61
  • 2017/04/28 (Fri) 09:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.60
  • 2017/03/29 (Wed) 10:53
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.59
  • 2017/02/28 (Tue) 13:58
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.58
  • 2017/01/27 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.57
  • 2016/12/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.56
  • 2016/11/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.55
  • 2016/10/28 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.54
  • 2016/09/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.53
  • 2016/08/29 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.52
  • 2016/07/29 (Fri) 10:08
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.51
  • 2016/06/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.50
  • 2016/05/27 (Fri) 13:51
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.49
  • 2016/04/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.48
  • 2016/03/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.47
  • 2016/02/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.46
  • 2016/01/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.45
  • 2015/12/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.44
  • 2015/11/27 (Fri) 14:10
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.43
  • 2015/10/28 (Wed) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.42
  • 2015/09/28 (Mon) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.41
  • 2015/08/31 (Mon) 13:09
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.40
  • 2015/07/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/06/26 (Fri) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.38
  • 2015/05/28 (Thu) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.37
  • 2015/04/28 (Tue) 13:00
    コンクリート新聞社 メールマガジンVol.36
  • 2015/03/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.35
  • 2015/02/27 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.34
  • 2015/01/28 (Wed) 13:00
    メールマガジン Vol.33
  • 2014/12/25 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.32
  • 2014/11/28 (Fri) 15:05
    メールマガジン Vol.31
  • 2014/10/28 (Tue) 13:00
    メールマガジン Vol.30
  • 2014/09/26 (Fri) 13:00
    メールマガジン Vol.29
  • 2014/08/28 (Thu) 13:00
    メールマガジン Vol.28
  • 2014/07/28 (Mon) 13:00
    メールマガジン Vol.27
  • 2014/06/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.26
  • 2014/05/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.24
  • 2014/04/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/03/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.23
  • 2014/02/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.22
  • 2014/01/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.21
  • 2013/12/26 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.20
  • 2013/11/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.19
  • 2013/10/29 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.18
  • 2013/09/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.17
  • 2013/08/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.16
  • 2013/07/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.15
  • 2013/06/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.14
  • 2013/05/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.13
  • 2013/04/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.12
  • 2013/03/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.11
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.10
  • 2013/01/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.9
  • 2012/12/27 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.8
  • 2012/11/28 (Wed) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.7
  • 2012/10/26 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.6
  • 2012/09/28 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.5
  • 2012/08/28 (Tue) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.4
  • 2012/07/27 (Fri) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.3
  • 2012/06/28 (Thu) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.2
  • 2012/05/28 (Mon) 13:00
    セメントジャーナル社 メールマガジンVol.1

コンクリート新聞社 メールマガジンVol.43

2015/11/27 (Fri) 14:10
XXXX
XXXX 様

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■
      
▼▲▼▲▼  
▲▼○▼    コンクリート新聞 メールマガジン
▼▲▼               (Vol.43)2015年12月号               
▲▼
                     毎月28日発行
                    発行所 株式会社コンクリート新聞社
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■


今月のメールマガジンの内容
1 イチオシ記事(コンクリート新聞から選りすぐりの記事をご紹介)
2 業界人語録(全国生コンクリート工業組合連合会・阿部典夫会長)
3 講演会、セミナー情報
4 文化情報(映画)独裁者と小さな孫
4 編集後記

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━

1、「コンクリート新聞」11月のイチオシ記事

・工場集約は継続課題~全生連
全国生コンクリート工業組合連合会、同協同組合連合会はこのほど、昨年度末で終了した構造改革の報告書を発刊した。構造改革で決議された9項目を具体化した24課題の進捗や成果をまとめた。報告書で全生連は、構造改革で一定の成果は得たものの、集約化や需要開拓、品質保証、生コン業界の社会的責任に対して、引き続き取り組んでいくとしている。(11月5日付)

・白舗装の実用書発刊~日本道路協会
日本道路協会はコンクリート舗装の基本を示す「コンクリート舗装ガイドブック(仮称)」の作成を進めている。コンクリート舗装の概念や設計、材料、施工に関する基本的な情報を網羅した実用書を目指しており、同協会の舗装委員会設計施工小委員会・コンクリートWG(小梁川雅WG長=東京農業大学教授)が今年度中の完成を目標に編集作業を進めている。(11月26日付)

「コンクリート新聞」11月の主な見出し
・セメント 官民不振、原単位も低下
今年度需要4500万トン割れも(10月29日付)
・昨年度末 ミキサ車2年連続増
1台当たり平均輸送量2000?割れ(10月29日付)
・建設投資 政府投資20兆円割れ
16年度 地方の厳しさ増す(10月29日付)
・群馬県 品質確保システム試行
橋梁など13現場で実施(10月29日付)
・スラグ卸協組 高炉セメント販売へ
日鉄住金高炉品を仕入れ(10月29日付)
・バス停舗装を修繕
守口市が1DAY PAVE採用(10月29日付)
・1DAY PAVE 施工面積1.5万平米超
公共発注が3割弱(10月29日付)
・會澤高圧 80周年記念祝賀会開く
分割練り新製法も紹介(10月29日付)
・神奈川工組 1DAY PAVE 選択肢の一つに
発注者ら80名参加(10月29日付)
・青年部協議会 意識改革で業界存続
香川で全国大会開く(10月29日付)
・香川東部協組 12月から共販再開
員外協定締結(11月5日付)
・生コン 上期出荷7.6%減
全地区で前年割れ(11月5日付)
・本紙調査 若手・中堅が不足
生コン 定年延長・再雇用で補う(11月5日付)
・湘南協組 来春にスライド改訂
継続・早割増を新設(11月5日付)
・生コン瑕疵保障 東日本で制度展開
日本保証機構が活動開始(11月5日付)
・神奈川協組 理事長に大久保氏
トップ不在解消(11月5日付)
・コンクリート舗装 盛土部にも適用
沈下に追従(11月5日付)
・コンクリート舗装 民間で大規模施工
SF工法で無筋コン9000立米(11月12日付)
・太平洋 海外セメント好調
通期 内需4450万トンに修正(11月12日付)
・住友大阪 通期最高益更新へ
年間配当1.5円増(11月12日付)
・東北地整 品質確保の手引き作成
基本遵守で不具合抑制(11月12日付)
・全国生コン卸 代金回収改善運動 地区活動強化を
札幌で秋季代表者会議(11月12日付)
・GNN 透水性コンで濁水処理
技術コンソーシアムで検討(11月12日付)
・神奈川協組 16か月ぶり増加
民需復調の兆し(11月12日付)
・村本本部長に聞く 関東一区の生コン業界の展望(11月12日付)
・光洋機械産業 新型ミキサ「メビウス」
独自構造で混練を向上(11月12日付)
・生コン需要 8669万立米に下方修正
今年度 4年ぶり9000立米割れ(11月19日付)
・4~9月 燃料安が支えに
セメント部門 4社増収増益(11月19日付)
・広島大学・半井准教授に聞く 群馬県の品質確保システム(11月19日付)
・全生連 白舗装、集約を推進
主任技士取得支援 技術委に担当組織(11月19日付)
・九州地区本部 組合員の結束を確認
味岡本部長「1日も早く集約を」(11月19日付
・中国地区 官需減少で下方修正
今年度出荷 9.6%減の484万立米(11月19日付)
・土木製品8社の4~9月決算 4社が純利益確保
震災復興が追い風に(11月19日付)
・福島 原発関連需要に備え
住友大阪 小名浜にサイロ増設(11月26日付)
・生コン 今年度上期11工場減
統廃合論議活発化へ(11月26日付)
・セメント輸出に変調の兆し
買い手市場に転換(11月26日付)
・茨城工組 2回目の試験施工
1DAY PAVE 発注者ら200名参加(11月26日付)
・型枠工事 技能工減に歯止め
1社当たり50人台に回復(11月26日付)
・ACRAC 産学官で監査実施へ
来年度に委員会設置(11月26日付)
・RMPC 再生骨材用いたPCa
東北地整 特記で利用促す(11月26日付)
・パイル 4社が純利益確保
4~9月 民需回復で堅調(11月26日付)
・建築製品 増税の反動減から回復
民間非住宅好調も寄与(11月26日付)

「コンクリート新聞」11月の特集
・GNN特集(10月29日付)
・會澤高圧コンクリート創業80周年特集(11月5日付)
・高品質再生骨材、JS法改正特集(11月5日付)
・生コン記念日・全生工組連創立40周年特集(11月12日付)
・住友大阪セメント特集(11月26日付)

コンクリート新聞購読はホームページから http://www.beton.co.jp/read.html 

1部売りの場合はお問い合わせフォームから http://www.beton.co.jp/contactus.html

--------------------------------------------------------------------------------------------
2、業界人語録

『員外社に対して何もしないままなら、これまで通り「員外社がいるから」という理由で価格を上げられず、物件を取られ続けるしかない』――全国生コンクリート工業組合連合会の阿部典夫会長(11月12日付、4面掲載)
「生コン記念日・全生工組連創立40周年特集」のインタビューで発した言葉。阿部会長は生コン協組の組織率向上を積年の重点課題とし、「今一度協組共販の原点に戻り、組織率の向上策を考えていく必要がある」と語る。都市部においては、「員外社は小型生コンが多いと考えられる」とし、既存の協組とは別に小型生コンの協組を作り、物件の住み分けを提案する。小型生コンとの連携を模索していく考えを示し、「今より良くなる可能性があることについては、一度試してみてもいいのではないか」と結ぶ。

--------------------------------------------------------------------------------------------
3、行事

※プログラムの詳細、受講料、申し込み方法等は主催者ホームページをご覧ください。
・土木学会
○第20回 舗装工学講演会
12月10~11日 会場・金沢商工会議所
○第6回 インフラ・ライフライン減災対策シンポジウム
2016年1月7日 会場・土木学会
詳細はこちら  http://www.jsce.or.jp/

・日本建築学会
○講習会「壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準」(東京会場)
12月14日 会場・建築会館ホール
○講習会「壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準」(名古屋会場)
12月16日 会場・名古屋商工会議所
○講習会「壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準」(福岡会場)
12月16日 会場・福岡建設会館
○講習会「壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準」(大阪会場)
12月18日 会場・大阪科学技術センター
詳細はこちら  http://www.aij.or.jp/

・日本コンクリート工学会
○「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針」講習会
12月2日 会場・新潟大学 駅南キャンパス
詳細はこちら  http://www.jci-net.or.jp/

・セメント協会
○セメント系固化材の利活用セミナー「大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割」
12月2日 会場・JA共済ビル・カンファレンスホール
○第305回コンクリートセミナー「コンクリートが担う東北の復興と発展」
12月4日 会場・ホテル法華クラブ仙台
詳細はこちら  http://www.jcassoc.or.jp/

------------------------------------------------------------------------------------
4、文化情報(映画紹介)
独裁者と小さな孫 (12月12日公開)(配給 シンカ)
THE PRESIDENT

 無能な統治者が支配する国の民衆は哀れである。側近はイエスマンばかりで、大統領は孫に権力の素晴らしさを見せつける。街のすべての照明消したり点けたりできる大統領に「すごいね」と感心する孫。ご機嫌な大統領は好々爺の一面を見せる。彼の幸せなひと時は民衆の不満を増すばかりだ。怒りのクーデター勃発。大統領は孫を連れて逃亡。親切な人たちに助けられるが、そこで聞かされるのは大統領の無能さと生活の苦しさ。ようやく自分の犯した罪を自覚するが、すでに時遅し、正体が発覚、孫とともに処刑されることになる。子どもは助けてやれ、という声も挙がるが、大統領と孫の運命は…
 本作はイランで数々の傑作を作ってきたモフセン・マフマルバフが、亡命先のジョージアで製作した寓話。作品はイラン政府を批判していることは明らかだが、本作は主人公を国民にしないで独裁者という悪人にしたことに注目したい。まるで同情できない独裁者が処刑されようとするシーンで、観客は何とか助けてあげたい、という気持ちになるように物語は展開する。それはマフマルバフの寛容さであり、早く悪政を改めてほしいとの祖国への思いが込められているかのようだ。
また、本作の製作国であるジョージアからはロシアに対する批判が込められている、と見ることができる。ジョージアとは旧グルジアのこと。今年4月に、ロシア読みのグルジアから英語読みのジョージアとすると日本政府からの表明があった。グルジア紛争による反ロシア感情の高まりからロシアと距離をおきたいようだが、本作をあの大統領は観てくれるのだろうか。
http://dokusaisha.jp/

┌─┬─┬--------------------------------------------------------------------------
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘
先日、栃木県佐野市にある住友大阪セメント栃木工場のマスコミ向け見学会に参加しました。見学会終了後、同社のノベルティストラップをいただいたのですが、そこには「さのまる」が描かれており、さのまるの下には「私たちはさのまるを応援しています!」と印字されていました。
さのまるとは、「ゆるキャラグランプリ2013」の王者にも輝いた佐野市のブランドキャラクターです。栃木工場を伺う数日前の休日に佐野市を訪れ、さのまるが描かれた多数の看板やポスター、あるいはバスなどを目にしていたため、ストラップに描かれたさのまるを見た際には、「住友大阪セメントとまでタッグを組んでいるとは、さのまる恐るべし」と感嘆しました。
佐野ブランドをPRするために生まれたキャラクターなので、目にする機会が多いのは当たり前なのかも知れません。ただ、休日に佐野市を訪れた際、あまりにもたくさん目にするので、見つける度に「おっいた!」「ここにもいた!」などと思いながら、佐野市内を歩き回っていました。幼少期に好きだった「ウォーリーを探せ」を楽しむかのようにさのまるを探し、いつの間にかさのまるの虜になっている自分に気づきます。その一方で、佐野市内を席巻するさのまるのパワーに、ゆるキャラの世界のまるでゆるくない背景を垣間見たような気がします。(T・W)

----------------------------------------------------------------------------------------------

メルマガ配信停止はこちらから。
┌──┐ ┌───┐ ┌───┐
│\/│ │\☆/│ │\★/│
└──┘ └───┘ └───┘
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=beton

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

本メールマガジンは、名刺交換させていただいた方、配信登録いただいた方に配信しております。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式会社コンクリート新聞社
〒160-0022東京都新宿区新宿2-16-8 新宿北斗ビル6F

◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━━━━◇◆◆◇━━◆◇━━