バックナンバー

  • 2017/04/26 (Wed) 17:00
    『中間貯蔵施設・減容化施設検討会が初会合』~ RADIEXメールマガジンNo.71
  • 2017/04/13 (Thu) 10:10
    『指定廃対策強化で柏市が、鉄筋コンクリ製容器を採用』~ RADIEXメールマガジンNo.70
  • 2017/04/06 (Thu) 10:30
    『除染除去土壌再生利用の新用途、緑地造成の埋立材に 』~ RADIEXメールマガジンNo.69
  • 2017/03/17 (Fri) 09:40
     『 福島地方環境事務所を新設-環境省、放射性物質の対処充実-』~ RADIEXメールマガジンNo.68
  • 2017/02/10 (Fri) 09:44
    『 中間貯蔵土壌の再生利用、環境省実証事業が本格化』~ RADIEXメールマガジンNo.67
  • 2016/10/06 (Thu) 09:04
     『中間貯蔵施設双葉町で本格工事。本体2施設を整備』~ RADIEXメールマガジンNo.66
  • 2016/09/08 (Thu) 12:00
    『中間貯蔵施設に倍増の2724億、環境省17年度予算概算要求』~ RADIEXメールマガジンNo.64
  • 2016/06/16 (Thu) 13:10
     『除染除去土壌、廃棄物処分場などに再生利用』~ RADIEXメールマガジンNo.63
  • 2016/06/15 (Wed) 12:30
     『ゼネコン4社と産廃振興財団、技術研究組合を設立』~ RADIEXメールマガジンNo.62
  • 2016/05/31 (Tue) 14:02
     『ゼネコン4社と産廃振興財団、技術研究組合を設立』~ RADIEXメールマガジンNo.62
  • 2016/04/26 (Tue) 13:16
    『福島第1廃炉で初の国際フォーラム開催 』~ RADIEXメールマガジンNo.61
  • 2016/03/31 (Thu) 09:40
    『中間貯蔵施設用地20年度に最大7割取得ー環境省が見通し』 RADIEXメールマガジンNo.60 
  • 2016/03/22 (Tue) 09:12
     『来月の福島第1廃炉国際フォーラム-プログラム明らかに 』~ RADIEXメールマガジンNo.59
  • 2016/02/25 (Thu) 09:53
    『中間貯蔵施設、17年秋稼働へ―環境省が方針』~ RADIEXメールマガジンNo.58
  • 2016/02/12 (Fri) 09:38
     『森林除染の範囲を見直しへ―復興庁PT』~ RADIEXメールマガジンNo.57 
  • 2016/02/03 (Wed) 10:43
    RADIEXメールマガジン No.56
  • 2015/09/25 (Fri) 09:50
    RADIEXメールマガジン No.55
  • 2015/07/08 (Wed) 13:10
    RADIEXメールマガジン No.54
  • 2015/06/18 (Thu) 12:16
    RADIEXメールマガジン No.52
  • 2015/06/11 (Thu) 17:28
    RADIEXメールマガジン No.51
  • 2015/04/22 (Wed) 16:57
    RADIEXメールマガジン No.50
  • 2015/04/16 (Thu) 11:45
    RADIEXメールマガジン No.49
  • 2015/03/06 (Fri) 11:59
    RADIEXメールマガジン No.48
  • 2015/03/02 (Mon) 11:11
    RADIEXメールマガジン No.47
  • 2015/02/19 (Thu) 09:33
    RADIEXメールマガジン No.46
  • 2015/02/05 (Thu) 09:15
    RADIEXメールマガジン No.45
  • 2015/01/26 (Mon) 09:40
    RADIEXメールマガジン No.44
  • 2015/01/22 (Thu) 09:58
    RADIEXメールマガジン No.43
  • 2015/01/09 (Fri) 16:27
    RADIEXメールマガジン No.42

RADIEXメールマガジン No.51

2015/06/11 (Thu) 17:28
┏━┓
┃☆┃ RADIEXメールマガジン No.51
┗━╋────────────────────


RADIEXメールマガジンは放射能対策・廃棄物処理に関するニュースを
最近の環境新聞から配信する無料マガジンです。

本メールマガジンは事務局より、RADIEXご出展者や、
ご来場いただいた皆様、自治体の方々をはじめ、
関係者の方々にお送りしています。


「RADIEX2015 (環境放射能対策・廃棄物処理国際展)」は
2015年7月15日(水)~17日(金)の3日間、
科学技術館・展示ホールにて開催します。

東京会場の来場および併催フォーラム参加の事前登録開始しました。
ホームページからご登録ください。
今回のフォーラムは、「中間貯蔵と廃炉へ向けた環境放射能対策」の統一テーマで、
毎日それぞれ
7/15(水)「中間貯蔵について」
7/16(木)「福島第一原子力発電所の廃炉と汚染水対策の現状と展望」
7/17(金)「福島県の環境回復について」
のテーマで講演を行います。

https://www.radiex.jp/entry/index.html


郡山市・カルチャーパーク第5駐車場にて
サテライト展(屋外展示会)を開催します。
2015年10月15日(木)~16日(金)2日間
「RADIEX in Fukushima」







*** 目次 ***

1.民間処分場を国有化 福島県内の指定廃棄物

2.指定廃棄物の指定解除 環境省が要件検討 処分先確保の確認など

3.川内村の試験輸送開始 環境省が中間貯蔵で


1.民間処分場を国有化 福島県内の指定廃棄物
└─────────────────────────────
<環境新聞2015/6/10号より>
望月義夫環境相は5日、福島県の内堀雅雄知事や同県富岡町の
宮本皓一町長らと県庁で面会し、県内の放射性物質で汚染された
指定廃棄物の最終処分について、富岡町にある既存の民間管理型処分場の
「フクシマエコテッククリーンセンター」を国有化する方針などを伝え、
処分場の活用受け入れを求めた。
環境省はこれまで民間に業務委託する方針だったが、今年2月に
同町から国有化の要請を受け、国の責任を明確化し処分事業の一層の
安心確保を図る観点から、方針転換した。
これに対し、内堀知事や宮本町長は「一定の評価をしたい」と発言。
地元が受け入れを判断すれば、指定廃棄物の処分問題を抱える
自治体の中では初めて、具体的な最終処分場が決まることになる。
一方、処分の「福島集約論」も浮上している中、望月環境相は
「各県処分を見直すつもりはない」と述べ、富岡町の民間処分場を国有化
しても、発生県で最終処分する国の基本方針を堅持する考えを強調した。



2.指定廃棄物の指定解除 環境省が要件検討 処分先確保の確認など
└────────────────────────────
<環境新聞2015/6/10号より>
環境省は、放射性物質に汚染された焼却灰や下水汚泥など指定廃棄物の
指定解除の要件を検討している。
指定を受けた市町村などから指定解除の申し出があった場合、
1.対象の指定廃棄物の放射性物質濃度が1キロ当たり8千ベクレル
以下であることが確実なこと
2.指定を受けた者が指定解除後の処分先を確保することが確認できること
3.指定を受けた者と指定解除後にその廃棄物の処理責任を有することになる者が
異なる場合、指定を受けた者がその廃棄物の処理関係者から同意を得ていること
――などが検討の柱。
ただし、指定解除後の法的な処理責任の主体は国でなくなるため、保管者が
責任を持って処分先を確保し処分するほか、複数の市町村に及ぶ指定廃棄物を
保管している場合は、各市町村に割り戻すといった課題を検討する必要がある
などとしている。
同省では今後、関係自治体の意見も聞いた上で、できるだけ速やかに結論を出す方針。



3.川内村の試験輸送開始 環境省が中間貯蔵で
└────────────────────────────
<環境新聞2015/6/10号より>
環境省は8日、除染に伴う除去土壌等を中間貯蔵施設へ試験輸送する一環として、
福島県川内村の仮置き場から同施設内の一時保管場への輸送を開始した。
同村の貝ノ坂仮置き場に保管されている除去土壌等を大熊町内の一時保管場へ
搬入する。
仮置き場から約1600袋(1600立方メートル)のフレコンバッグを
運ぶもので、運搬車両は5台使い、1台が1日当たり2往復、計10往復する予定。
輸送期間はおおむね1カ月程度。輸送実施事業者は清水・熊谷特定建設工事共同企業体。




*********************************************************************
[本メール配信について]

●本メールの配信停止や配信先メールアドレスの変更をされる方は、
お手数ですが、下記のURLにてお手続きをお願いいたします。
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=kankyo
(メールアドレスの変更をされる場合は、「編集」を選んで下さい。)

※尚、環境新聞メールニュースを受け取られてる場合、上記URL「配信停止」
をクリックすると両方共配信停止となりますのでご注意下さい。
**********************************************************************


お問い合わせ先:
株式会社 環境新聞社事業部 RADIEX事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-3 第1富澤ビル
TEL03-3359-5349 FAX03-3359-7250
E-mail radiex@kankyo-news.co.jp
RADIEX公式サイト http://www.radiex.jp/