バックナンバー

  • 2017/04/26 (Wed) 17:00
    『中間貯蔵施設・減容化施設検討会が初会合』~ RADIEXメールマガジンNo.71
  • 2017/04/13 (Thu) 10:10
    『指定廃対策強化で柏市が、鉄筋コンクリ製容器を採用』~ RADIEXメールマガジンNo.70
  • 2017/04/06 (Thu) 10:30
    『除染除去土壌再生利用の新用途、緑地造成の埋立材に 』~ RADIEXメールマガジンNo.69
  • 2017/03/17 (Fri) 09:40
     『 福島地方環境事務所を新設-環境省、放射性物質の対処充実-』~ RADIEXメールマガジンNo.68
  • 2017/02/10 (Fri) 09:44
    『 中間貯蔵土壌の再生利用、環境省実証事業が本格化』~ RADIEXメールマガジンNo.67
  • 2016/10/06 (Thu) 09:04
     『中間貯蔵施設双葉町で本格工事。本体2施設を整備』~ RADIEXメールマガジンNo.66
  • 2016/09/08 (Thu) 12:00
    『中間貯蔵施設に倍増の2724億、環境省17年度予算概算要求』~ RADIEXメールマガジンNo.64
  • 2016/06/16 (Thu) 13:10
     『除染除去土壌、廃棄物処分場などに再生利用』~ RADIEXメールマガジンNo.63
  • 2016/06/15 (Wed) 12:30
     『ゼネコン4社と産廃振興財団、技術研究組合を設立』~ RADIEXメールマガジンNo.62
  • 2016/05/31 (Tue) 14:02
     『ゼネコン4社と産廃振興財団、技術研究組合を設立』~ RADIEXメールマガジンNo.62
  • 2016/04/26 (Tue) 13:16
    『福島第1廃炉で初の国際フォーラム開催 』~ RADIEXメールマガジンNo.61
  • 2016/03/31 (Thu) 09:40
    『中間貯蔵施設用地20年度に最大7割取得ー環境省が見通し』 RADIEXメールマガジンNo.60 
  • 2016/03/22 (Tue) 09:12
     『来月の福島第1廃炉国際フォーラム-プログラム明らかに 』~ RADIEXメールマガジンNo.59
  • 2016/02/25 (Thu) 09:53
    『中間貯蔵施設、17年秋稼働へ―環境省が方針』~ RADIEXメールマガジンNo.58
  • 2016/02/12 (Fri) 09:38
     『森林除染の範囲を見直しへ―復興庁PT』~ RADIEXメールマガジンNo.57 
  • 2016/02/03 (Wed) 10:43
    RADIEXメールマガジン No.56
  • 2015/09/25 (Fri) 09:50
    RADIEXメールマガジン No.55
  • 2015/07/08 (Wed) 13:10
    RADIEXメールマガジン No.54
  • 2015/06/18 (Thu) 12:16
    RADIEXメールマガジン No.52
  • 2015/06/11 (Thu) 17:28
    RADIEXメールマガジン No.51
  • 2015/04/22 (Wed) 16:57
    RADIEXメールマガジン No.50
  • 2015/04/16 (Thu) 11:45
    RADIEXメールマガジン No.49
  • 2015/03/06 (Fri) 11:59
    RADIEXメールマガジン No.48
  • 2015/03/02 (Mon) 11:11
    RADIEXメールマガジン No.47
  • 2015/02/19 (Thu) 09:33
    RADIEXメールマガジン No.46
  • 2015/02/05 (Thu) 09:15
    RADIEXメールマガジン No.45
  • 2015/01/26 (Mon) 09:40
    RADIEXメールマガジン No.44
  • 2015/01/22 (Thu) 09:58
    RADIEXメールマガジン No.43
  • 2015/01/09 (Fri) 16:27
    RADIEXメールマガジン No.42

RADIEXメールマガジン No.56

2016/02/03 (Wed) 10:43
┏━┓
┃☆┃ RADIEXメールマガジン No.56
┗━╋────────────────────


RADIEXメールマガジンは放射能対策・廃棄物処理に関するニュースを
最近の環境新聞から配信する無料マガジンです。

本メールマガジンは事務局より、RADIEXご出展者や、
ご来場いただいた皆様、自治体の方々をはじめ、
関係者の方々にお送りしています。


「RADIEX2016 (環境放射能対策・廃棄物処理国際展)」
の開催が決まりました。
2016年10月19日(水)~21日(金)の3日間、
科学技術館・展示ホールにて開催します。

出展募集を始めましたので、ぜひご検討ください。




*** 目次 ***

1.第1回福島第1廃炉国際フォーラム開催へ
経産省とNDF


2.土壌撹拌による除染作業手引き
農研機構と農環研





1. 第1回福島第1廃炉国際フォーラム開催へ
経産省とNDF
└─────────────────────────────
<環境新聞2016/2/3号より>

経済産業省資源エネルギー庁と原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)は
4月10、11日の両日、「第1回福島第1廃炉国際フォーラム」を、福島県いわき市
のスパリゾートハワイアンズで開催する。東京電力福島第1原発の廃止措置は
世界にも前例のない困難な取り組みであり、世界の英知を集め長期にわたる
人材育成を進めていく必要がある。また、廃炉に携わる研究機関や企業が取り
組んできた研究開発の成果や廃炉の進捗状況について、国内外に対しさらなる
理解の促進を図ることが重要となっている。このため、廃炉関係の世界中の著名な
専門家や、学生、地元関係者が一堂に会する廃炉分野では初の国際的なフォーラム
を開催することにした。同時開催されるイベントでは、廃炉作業のさまざまなステージ
における研究開発の取り組みを紹介するほか、日本や海外の企業および学生を含む
廃炉関係の人々が交流する場などを提供する。


2.土壌撹拌による除染作業手引き
農研機構と農環研
└─────────────────────────────
<環境新聞2016/1/27号より>

農業・食品産業技術総合研究機構と農業環境技術研究所は、DOWA
エコシステム、信州大学、太平洋セメントおよび福島県農業総合センターと
共同で、水田ほ場の土壌中の放射性物質を土壌撹拌(代かき)により効果
的に除染する技術を改良し、その作業手引きを作成した。
同技術は、持ち出す土量が少量のため、土層が薄かったり下層にれき礫が
存在するほ場や、原発事故後に表土を耕起したほ場など、表土削り取
りや反転耕による除染が難しい場合に効果的。手引きでは、水田に水
を貯めた後に表層の土壌を撹拌、高濃度の放射性物質を含む微細土壌を効
果的に取り出し、搬出用のフレキシブルコンテナに入れる一連の作業方法を
はじめ、除染後の水稲栽培の留意点なども解説している。





*********************************************************************
[本メール配信について]

●本メールの配信停止や配信先メールアドレスの変更をされる方は、
お手数ですが、下記のURLにてお手続きをお願いいたします。
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=kankyo
(メールアドレスの変更をされる場合は、「編集」を選んで下さい。)

※尚、環境新聞メールニュースを受け取られてる場合、上記URL「配信停止」
をクリックすると両方共配信停止となりますのでご注意下さい。
**********************************************************************


お問い合わせ先:
株式会社 環境新聞社事業部 RADIEX事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-3 第1富澤ビル
TEL03-3359-5349 FAX03-3359-7250
E-mail radiex@kankyo-news.co.jp
RADIEX公式サイト http://www.radiex.jp/