バックナンバー

  • 2017/10/05 (Thu) 15:20
    『汚染土壌の再生利用~環境省検討会チームが初会合~』~ RADIEXメールマガジンNo.77
  • 2017/09/12 (Tue) 09:35
    『中間貯蔵施設整備に3210億、環境省18年度予算概算要求』~ RADIEXメールマガジンNo.76
  • 2017/07/10 (Mon) 15:54
    『環境再生・資源循環局を新設-環境省、14日付で機構改革』~ RADIEXメールマガジンNo.75
  • 2017/06/22 (Thu) 09:40
    『福島復興基本方針改定案、特定拠点区域の設定条件-5年以内に20ミリシーベルト以下』~ RADIEXメールマガジンNo.74
  • 2017/05/22 (Mon) 09:45
    『中間貯蔵施設の第2弾本体工事、大林、大成の2JVも落札』~ RADIEXメールマガジンNo.73
  • 2017/05/09 (Tue) 16:49
    『中間貯蔵施設の第2弾本体工事、鹿島、清水、前田の3JVが落札』~ RADIEXメールマガジンNo.72
  • 2017/04/26 (Wed) 17:00
    『中間貯蔵施設・減容化施設検討会が初会合』~ RADIEXメールマガジンNo.71
  • 2017/04/13 (Thu) 10:10
    『指定廃対策強化で柏市が、鉄筋コンクリ製容器を採用』~ RADIEXメールマガジンNo.70
  • 2017/04/06 (Thu) 10:30
    『除染除去土壌再生利用の新用途、緑地造成の埋立材に 』~ RADIEXメールマガジンNo.69
  • 2017/03/17 (Fri) 09:40
     『 福島地方環境事務所を新設-環境省、放射性物質の対処充実-』~ RADIEXメールマガジンNo.68
  • 2017/02/10 (Fri) 09:44
    『 中間貯蔵土壌の再生利用、環境省実証事業が本格化』~ RADIEXメールマガジンNo.67
  • 2016/10/06 (Thu) 09:04
     『中間貯蔵施設双葉町で本格工事。本体2施設を整備』~ RADIEXメールマガジンNo.66
  • 2016/09/08 (Thu) 12:00
    『中間貯蔵施設に倍増の2724億、環境省17年度予算概算要求』~ RADIEXメールマガジンNo.64
  • 2016/06/16 (Thu) 13:10
     『除染除去土壌、廃棄物処分場などに再生利用』~ RADIEXメールマガジンNo.63
  • 2016/06/15 (Wed) 12:30
     『ゼネコン4社と産廃振興財団、技術研究組合を設立』~ RADIEXメールマガジンNo.62
  • 2016/05/31 (Tue) 14:02
     『ゼネコン4社と産廃振興財団、技術研究組合を設立』~ RADIEXメールマガジンNo.62
  • 2016/04/26 (Tue) 13:16
    『福島第1廃炉で初の国際フォーラム開催 』~ RADIEXメールマガジンNo.61
  • 2016/03/31 (Thu) 09:40
    『中間貯蔵施設用地20年度に最大7割取得ー環境省が見通し』 RADIEXメールマガジンNo.60 
  • 2016/03/22 (Tue) 09:12
     『来月の福島第1廃炉国際フォーラム-プログラム明らかに 』~ RADIEXメールマガジンNo.59
  • 2016/02/25 (Thu) 09:53
    『中間貯蔵施設、17年秋稼働へ―環境省が方針』~ RADIEXメールマガジンNo.58
  • 2016/02/12 (Fri) 09:38
     『森林除染の範囲を見直しへ―復興庁PT』~ RADIEXメールマガジンNo.57 
  • 2016/02/03 (Wed) 10:43
    RADIEXメールマガジン No.56

 『中間貯蔵施設双葉町で本格工事。本体2施設を整備』~ RADIEXメールマガジンNo.66

2016/10/06 (Thu) 09:04


┏━┓ 
┃☆┃RADIEXメールマガジンNo.66
┗━╋──────────────────────────────

RADIEXメールマガジンは放射能対策・廃棄物処理に関するニュースを
最近の環境新聞から配信する無料マガジンです。

本メールマガジンは事務局より、RADIEXご出展者や、
ご来場いただいた皆様、自治体の方々をはじめ、
関係者の方々にお送りしています。


「RADIEX2016 (環境放射能対策・廃棄物処理国際展)」
は、2016年10月19日(水)~21日(金)の3日間、
科学技術館・展示ホールにて開催します。


来場および併催シンポジウム参加の事前登録を開始しました。
ホームページからご登録ください。

今回のシンポジウムは、「中間貯蔵の本格化と廃炉に向けた環境放射能対策」
がテーマで、毎日それぞれ

10/19(水)「中間貯蔵について」
10/20(木)「廃止措置への取り組み」
10/21(金)「環境回復の取り組みと国際協力」
のテーマで講演を行います。


https://www.radiex.jp/entry/index.html




*** 目次 ***

1.中間貯蔵施設双葉町で本格工事
  環境省、本体2施設を整備

2.福島県内で除染対象以外の道路等側溝堆積物を撤去・処理



  1.中間貯蔵施設双葉町で本格工事
  環境省、本体2施設を整備

└────────────────────────────────────────────
<環境新聞2016/9/28号より>

環境省は早ければ来月にも、除染除去土壌等を中間貯蔵する本体施設の第1弾の
建設工事を、福島県双葉町の郡山地区で開始する方針だ。確保した用地約7ヘクタ
ールのうち、約2ヘクタールに「受入・分別施設」、約5ヘクタールに「土壌貯蔵施設」を
整備する。受入・分別施設の稼働は来年1月以降、土壌貯蔵施設への貯蔵開始は
同年秋を目途としている。中間貯蔵施設の建設用地は、同県の双葉町および大熊町
の計約1600ヘクタールが予定されているが、民有地は1270ヘクタールで、そのうち
契約済みは8月末時点で7・3%の116ヘクタールとなっている。
同省では、大熊町での本体施設の早期建設などに向け、引き続き用地取得を急ぐ考え。



2.福島県内で除染対象以外の道路等側溝堆積物を撤去・処理
  総事業費は100億円台の見込
└─────────────────────────────────────────────────────
<環境新聞2016/10/5号より>

政府は先月30日、福島県内で除染対象以外の道路等側溝堆積物を撤去・処理する対応
方針をまとめた。撤去・処理する市町村を国や福島県が支援するとともに、市町村に対し
福島再生加速化交付金などによる財政支援を行うもので、地元自治体も一様に歓迎して
いる。原発事故前は地域住民の清掃活動で撤去していたが、事故後は活動が中断され、
堆積物の蓄積により側溝が詰まり、豪雨時の路面冠水や夏場の悪臭、害虫発生などが
問題化した。このため、福島県の要望を踏まえ与党が8月にまとめた復興加速化の
「第6次提言」でも、国の対応を求めていた。総事業費は100億円台が見込まれ、
同交付金で2分の1を補助し、残る市町村負担分は震災復興特別交付税を充てる。



*********************************************************************
[本メール配信について]

●本メールの配信停止や配信先メールアドレスの変更をされる方は、
お手数ですが、下記のURLにてお手続きをお願いいたします。
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=kankyo
(メールアドレスの変更をされる場合は、「編集」を選んで下さい。)

※尚、環境新聞メールニュースを受け取られてる場合、上記URL「配信停止」
をクリックすると両方共配信停止となりますのでご注意下さい。
**********************************************************************



〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-3 第1富澤ビル
TEL03-3359-5349 FAX03-3359-7250
E-mail radiex@kankyo-news.co.jp
RADIEX公式サイト http://www.radiex.jp/