バックナンバー

  • 2018/07/17 (Tue) 12:30
    【育成文化醸成・育成力向上のヒント 8号】メンバーは無意識にあなたを試している
  • 2018/07/02 (Mon) 12:30
    【育成文化醸成・育成力向上のヒント 7号】エース、木村沙織
  • 2018/06/15 (Fri) 12:30
    【育成文化醸成・育成力向上のヒント 6号】管理職の異動によってもたらされるもの
  • 2018/06/01 (Fri) 12:30
    【 育成文化醸成・育成力向上のヒント 5号 】組織・個人の成長を一段上にあげるには、あなたがいなくなるか、成長するかしかない
  • 2018/05/15 (Tue) 12:30
    【 育成文化醸成・育成力向上のヒント 4号 】結果を出す育成には「厳しさ」が必要、「厳しさ」を出すには、「目標設定」がポイント
  • 2018/05/01 (Tue) 12:30
    【 育成文化醸成・育成力向上のヒント 3号 】新人・若手がチャレンジしないのは何故?
  • 2018/04/16 (Mon) 12:30
    【 育成文化醸成・育成力向上のヒント 2号 】言葉を育成の武器として使う

【育成文化醸成・育成力向上のヒント 8号】メンバーは無意識にあなたを試している

2018/07/17 (Tue) 12:30
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

育成文化醸成・育成力向上のヒント 7号  2018年7月17日

「メンバーは無意識にあなたを試している」

作者:武田 義昭  
  
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本メールは、弊社サービスにお問合せいただいた方、過去に弊社スタッフ
と名刺交換、メールでのやり取りをさせて頂いた方にお送りしております。

配信停止のURLは下部に記載しておりますので、ご案内が不要な場合は誠
にお手数ですがそちらから解除をお願い致します。

こんにちは。きづくネットワーク武田です。弊社は

 1.自己の育成(=成長)
 2.仲間の育成(=相互育成)
 3.組織の育成(=組織貢献)

を、テーマに育成文化醸成、育成力向上の側面から業績向上、組織力強化
を支援しています。
 
本メールマガジンは上記3点に関わるヒント及び弊社からのお知らせ事項
を月2回、お届しています。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  テーマ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

1.メンバーは無意識にあなたを試している
2.新入社員研修「企業経営体感ワーク」オープンセミナー ご案内
3.定例WEBセミナー ご案内
4.無料個別相談 ご案内
5.弊社の実績・事例紹介
6.その他、サービス・商材のご紹介
7.お勧め書籍

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 1.メンバーは無意識にあなたを試している
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

あなたが、チームや部・課のマネジメントを行っている場合や指導育成を
行っている場合。

文化をつくる、マネジメントを行う、育成するという観点において、あな
たが導きたい方向、目指す方向があるだろう。

それを方針や戦略という形であったり、信念として、打ち出しているはず
だ。


しかし、世の中も組織活動も、そう単純ではない。

組織としてもメンバーとしても、方針や信念に、沿えないタイミングが出
てくることが多々ある。
望む、望まない関わらず、だ。

例えば、顧客志向と月末の数字達成。
例えば、長期視点で見た際に、取り組まないと決めた案件と数字が足りな
い時の目の前の受注。
例えば、自社に全く否がないのに、大口顧客とのトラブル・クレーム。


そんな時がまさに、あなたの管理職として、もしくは育成担当者としての
真価が問われるタイミングだ。

その時のあなたの対応で、メンバーは「この人はどこまで本気なのか、こ
の人にはどこまで許されるのか?」ということをはかっている。


何か問題があった際に、普段から伝えていることを貫けば「あ、この人の
いうことは聞かなければならないな」となるし、まぁ仕方ないか、と安き
に流れてしまえば「なんだ、いいんだ。じゃあ、普段言っていることも別
にやらなくていいんじゃん」となる。

その積み重ねが、個人や組織に与えるインパクトは結構なもので、メンバ
ーや組織がここぞという時に達成できるか、やり抜くことができるか、あ
なたの言うことを聞いてくれるか、組織の目指す方向でうごけるかの大き
な差につながっていく。


私が前職で、名古屋の立て直しで赴任して、3ヵ月目くらいに、ある出来
事があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が所用で早目に退社した後に一つ仕事の依頼が入った。
細かなところは覚えていないが、その依頼は、名古屋の方針として、こう
いう場合は、引き受けないと決めていた案件に一致する事案であった。

受けたいと考えた営業担当は私に連絡がつかなかったため、アシスタント
マネジャーに確認し、アシスタントマネジャーは、大阪にいる私の上司に
確認を取り、最終的に上司がGOサインを出したので、その案件は進むこと
になった。

その後、連絡がつき、アシスタントマネジャーから報告を受けた際に、今
まで伝えてきたことは何だったのか、と非常にがっかりした。
(結構ありがちなことではあるが)
数字を追う気持ちは分かるし嬉しいが、今まで発信してきたこと、みんな
で守ってきたことは何だったのか、という残念さと、その繰り返しだから
根本的に変わらないんだというもどかしさを感じたからである。

そして、アシスタントマネジャーに「今まで皆で進めてきたことが一体な
んだったのか、このままでいいのか、自分の存在意義を含め一日じっくり
考えます」と伝え、翌日一日休んだ。

一日経って、出社すると、結構な騒ぎになっており、アシスタントマネジ
ャー、当該メンバーからはもちろん、上司からも連絡が入った。


休んだことで、当事者以外の名古屋メンバーも知ることとなり、メンバー
で、話し合いを行ったようで「自分たちが甘かったです。そこまで真剣に
考えていませんでした。今後は徹底します」と話があった。
今後どうするのか改めて共有し、以降、方針は徹底して守られることにな
った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この事案を、問題視せず「自分も不在だったし、まぁ、しょうがないな」
とそのままスルーしていれば、メンバーは「別にいいんだ」と判断し、同
様の事案が連発し、方針は消え、変革は成功しなかっただろう。


メンバーは、うまくいっている時や日常ではなく、何かあった時の判断や
対応で(無意識に)上長や先輩を判断する。

どこまで本気なのか、どこまで許されるのか、どこまで守ってくれるのか。



人として受容性が高い、包容力がある、ということとは別に、守るべきと
ころをはみ出すかどうかの対応は、大切にして欲しい。



ちなみに、当時の私の対応は、今考えると30点くらいである。
メンバーが素直に自ら考える機会を持ってくれたから良かったものの、何
も起きない、もしくは反発をくらうリスクさえあった。

本気度や覚悟が伝わったのは間違いないが、休んで意思表示をするのでは
なく、事案をケースとして場を設定し、納得するまで議論を行うのが本筋
であった。



ちなみに、本当に如何ともし難い場合もある。
どんなに努力、工夫、検討を重ねても、方針や信念からズレざるを得ない、
という時だ。


その時は、組織やメンバーに対して、説明責任をきちんと果たした上で、
みんなの意見を確認し、納得してもらう。


「申し訳ない。普段と言っていることと違う事になるが、こういう状況、
 理由により、今回だけはこうしたいと考えている。みんなの意見を聞か
 せて欲しい」


こういった積み重ねが、先々のための育成であり、育成文化の醸成につな
がっていく。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 2.新入社員研修「企業経営体感ワーク」オープンセミナー ご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

<新入社員研修「企業経営体感ワーク」オープンセミナー>

経営活動や営業の大変さを体感することで、当事者意識を新入社員に持た
せる、視野を広げ視座を高めることができる研修です。
社会人への意識改革やPDCAなどビジネス基礎力確認に加えて他社との交流
戦を行うことで刺激、危機感、人脈作りと様々な効果が期待できます。

・実施日程:2019年4月8日(月)
・時間:10:00-17:00
・場所:天神クリスタルビル2Fセミナールーム
・費用:15,000円/1名
・枠が埋まり次第終了
 
 実施風景動画付き詳細、お申込みは
 http://kiduku-network.com/open_seminar.html

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 3.定例WEBセミナー ご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

弊社ではWEB会議システムZOOMを活用したWEBセミナーを定例開催してい
ます。
 
<自発的に成長し続ける組織をつくる「育成文化醸成セミナー」>

・実施日程:2018年8月24日(金)
・時間:15:30-17:00
・場所:WEB会議システムZOOMにて
   カメラ付パソコン、タブレット、スマホがあれば参加が可能です。
   無料アプリをインストールし、弊社からお送りするURLをクリック
   するだけで参加が可能です。
・費用:3,000円/1名

 詳細、お申込みは
 http://kiduku-network.com/open_seminar_jinji.html

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 4.無料個別相談 ご案内
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

組織の人材育成の体系化やメンター制度の構築、組織改善、マネジメント
などに関するお悩みについて個別に対応させて頂きます。

【個別相談の要領】
・実施日程:随時受付
・対象:経営者・幹部、人事・教育ご担当者
・料金:無料
・会場:福岡市中央区天神4-1-18第一サンビル5F

【お申込】
 下記項目をご記入のうえ、メールにて、お申込みください。

1.企業名(団体名)
2.電話番号
3.ご担当者様(eメールアドレス)
4.所在地
5.参加者名(役職)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 5.弊社の実績・事例紹介
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

<キャリアデザイン研修>  
『ライフプランとワークプランから考えるキャリアデザイン研修』
   
先日7月2日の日本経済新聞に「20代収入からキャリア逆算」という
記事で、自身のライフプランに基づいたマネープランを考える女性社員
向け研修が紹介されていました。

弊社もまさに同じ研修をFPの方と組んで4年前から実施しております。
丁度、先日、毎年お世話になっている大手企業の入社4年目社員(男女)
に向けた2クラスの研修が実施されました。

パソコン教室を借り、事前課題で作成したライフイベント表に、収入と支
出額を入れていくことで、自分のライフプランが黒字なのか赤字なのか、
どのタイミングでお金が不足するのか、イベントにどのくらいお金が費や
せるのかなどをその場で確認することにより、キャリアプラン、ワークプ
ラン、ライフプランをより真剣に考えるようになります。

正社員とパートでは生涯年収が2億ぐらい違うという話や自身の作成した
ライフシミュレーションから、楽しく働ければいいや、まだまだ先の話、
と気楽に考えていた方が、結婚にかかるお金、出産にかかるお金、子ども
の学校や自分の夢・イベントにかかるお金などを見据えた時に、大きく意
識が変わっていくのが見て取れます。

最終的には、再度仕事におけるキャリアプランを考えて頂きますが、5年、
10年後の目指す姿と今から実施することが、非常に具体的になっていく
のが、見ていて分かります。

ご興味ある企業様はお問い合わせください。
会場の手配から担当させて頂きます。(1クラス23名まで)

問い合わせ:info@kiduku-network.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 6.その他、サービス・商材のご紹介
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【外部メンター】
管理職の方の外部メンターとして、支援を行っています。日常で発生する
マネジメントや育成の悩み事にその場で回答致します。訪問しての実施、WEB
会議システムZOOMを活用しての実施とご要望に合わせて対応が可能です。

 http://kiduku-network.com/training/external_mentor.html


【育成ツール3点セット】
グーグル社やYahoo社が実施していることから注目されている1on1ミーティ
ングツール(Daily、四半期)と指導育成ハンドブックのセットです。

 http://kiduku-network.com/toolset.html


【ガイド付き研修教材】
自社で研修やワークを実施したい企業様に、研修・ワーク資料、タイムテー
ブル、仕様書、実施ガイドがセットになって研修教材を提供しています。

 http://kiduku-network.com/t_material.html

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 7.お勧め書籍
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 

育成文化醸成、育成力向上、組織強化のヒントとなる書籍を紹介しています。

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか
-すべての人が自己変革に取り組む「発達志向型組織」をつくる-
 https://amzn.to/2KQaAtX

弊社が考える育成文化(自己の育成、仲間の育成、組織の育成)に非常に
近しいところがあり、育成やマネジメントの大きなヒントにもなります。
3社の具体的事例を元に、理論が展開されているので、現場での活かし方の
イメージもわきやすく、ぜひ読んで頂きたい一冊です。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

<バックナンバー>
 https://b.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=kidukunetwork&no=all

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 最後までお読み頂きありがとうございました。

★ご意見・ご感想・ご質問お待ちしております。本メルマガにて回答して
 参ります。

  info@kiduku-network.com

★メルマガはどなたでも読んで頂けます。興味ありそうな方にご紹介ください。
 
 空メール送信:kidukunetwork@b.bme.jp
 URL:https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=kidukunetwork&task=regist

★配信停止は下記から可能です。

 URL:https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=kidukunetwork&task=cancel

--------------------------------------------------------------------------
『人とチームの成長』と『成長の連鎖』をプロデュースし、社会発展に貢献する
 株式会社きづくネットワーク
 〒810-0001福岡市中央区天神4-1-18第1サンビル5F
 TEL:092-738-5056 FAX:092-738-5057
 メール:info@kiduku-network.com
 人材育成コンサルティング・研修:http://kiduku-network.com
 FBページ:https://www.facebook.com/kidukunetwork/ 「いいね」お願いします。
---------------------------------------------------『育てる』をつなげよう。