バックナンバー

  • 2017/07/18 (Tue) 14:07
    TCCオフィシャル メールマガジン (第142号)
  • 2017/07/04 (Tue) 10:59
    TCCオフィシャル メールマガジン (第141号)
  • 2017/06/21 (Wed) 10:31
    TCCオフィシャル メールマガジン (第140号)
  • 2017/06/06 (Tue) 10:23
    TCCオフィシャル メールマガジン (第139号)
  • 2017/05/16 (Tue) 10:23
    TCCオフィシャル メールマガジン (第138号)
  • 2017/05/02 (Tue) 10:46
    TCCオフィシャル メールマガジン (第137号)
  • 2017/04/18 (Tue) 10:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第136号)
  • 2017/04/04 (Tue) 15:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第135号)
  • 2017/03/21 (Tue) 13:54
    TCCオフィシャル メールマガジン (第134号)
  • 2017/03/07 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第133号)
  • 2017/02/21 (Tue) 10:32
    TCCオフィシャル メールマガジン (第132号)
  • 2017/02/07 (Tue) 12:45
    TCCオフィシャル メールマガジン (第131号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン 配信お休みのお知らせ
  • 2017/01/10 (Tue) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第130号)
  • 2016/12/20 (Tue) 10:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第129号)
  • 2016/12/06 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第128号)
  • 2016/11/15 (Tue) 12:01
    TCCオフィシャル メールマガジン (第127号)
  • 2016/11/01 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第126号)
  • 2016/10/18 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第125号)
  • 2016/10/04 (Tue) 14:33
    TCCオフィシャル メールマガジン (第124号)
  • 2016/09/20 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第123号)
  • 2016/09/06 (Tue) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第122号)
  • 2016/08/16 (Tue) 15:13
    TCCオフィシャル メールマガジン (第121号)
  • 2016/08/02 (Tue) 09:07
    TCCオフィシャル メールマガジン (第120号)
  • 2016/07/05 (Tue) 12:15
    TCCオフィシャル メールマガジン (第119号)
  • 2016/06/21 (Tue) 13:33
    TCCオフィシャル メールマガジン (第118号)
  • 2016/06/07 (Tue) 14:48
    TCCオフィシャル メールマガジン (第117号)
  • 2016/05/24 (Tue) 14:21
    TCCオフィシャル メールマガジン (第116号)
  • 2016/05/10 (Tue) 15:36
    TCCオフィシャル メールマガジン (第115号)
  • 2016/04/19 (Tue) 16:03
    TCCオフィシャル メールマガジン (第114号)
  • 2016/04/05 (Tue) 16:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第113号)
  • 2016/03/15 (Tue) 15:36
    TCCオフィシャル メールマガジン (第112号)
  • 2016/03/01 (Tue) 15:10
    TCCオフィシャル メールマガジン (第111号)
  • 2016/02/17 (Wed) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第110号)
  • 2016/02/10 (Wed) 11:00
    【集中力タイプ診断】タイプを知れば仕事も勉強も効率が上がる(ザ・シチズンズ・カレッジ特別号)
  • 2016/02/02 (Tue) 16:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第109号)
  • 2016/01/19 (Tue) 18:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第108号)
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第107号)

TCCオフィシャル メールマガジン (第130号)

2017/01/10 (Tue) 15:00
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 ザ・シチズンズ・カレッジ(東京会場)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
オフィシャル メールマガジン【第130号】
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ほぼ毎月、第1&第3 火曜日に配信

             <2017.1.10>
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

▼本メールは、TCCが主催している講座・セミナーにご参加またはお問合せいただいた方にお送りしております。
※配信停止につきましては、本メールの最後をご参照ください。

_/_/_/_/ インデックス _/_/_/_/_/_/_/_/_/

【1】第114期 講座 第5回 竹之内 幸子 氏
女性活躍からはじまるダイバーシティの未来 【好評受付中】

【2】第115期 講座のご案内【開催予告】

【3】街と人をつなぐ「NPO法人 銀座ミツバチプロジェクト」活動報告

【4】銀座オススメ情報

【5】多目的ホール・大小会議室のご案内

【6】公式「フェイスブック」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】竹之内 幸子氏 1月18日(水)【好評受付中】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あるメディアが実施した女性アンケートによると、安倍政権が掲げる「女性が輝く社会」というキーワードに不快を感じる人が8割を超えているそうです。
「建前に過ぎない」「女性の負担が軽減されない」など、まだまだ現状とのギャップがあるようです。

その原因は、女性活躍は、女性のためにするものと思われる傾向が高いからです。本来は、女性活躍を切り口とした企業文化と経営の革新なのです。
ではどうして、企業に変化を求められているのかご存知でしょうか?

その理由は、次の2つにあります。
1.少子化・高齢化が深刻化する中での優秀な人材を確保するため
2.共働き、育児、介護など時間制約と働き方の変化に合わせたワークライフバランスを維持するため

つまり女性活躍とは、女性だけが変革するのではなく、組織ぐるみで取り組まないといけない革新なのです。
職場や家庭でも私達を取り巻く環境が急速に変化する中でも私達は「人とのつながり」が無ければ社会や企業の成長も、また一人ひとりの健康や喜びも成しえることはできません。

これからの成長のカギとなる「女性活躍」とは?
結婚・出産そして育児をしながら仕事を続け、300社の人材育成課題に携わった竹之内氏。女性と経営の両視点から今求められる「女性活躍」について具体例を交えて解説していただきます。

詳細・お申込み ⇒ http://tcc-tokyo.jp/chair/profile/c1ba8ddf92

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】第115期 講座のご案内【開催予告】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年3月~7月に開催する講演会のご案内です。
詳細日程及びテーマなどは、1月末頃までにホームページに掲載及び申込受付を開始予定です。

▼登壇講師▼

3月 椎名 誠(作家/写真家/映画監督) 
4月 猪瀬 直樹(作家/元東京都知事)
5月 村上 信夫(元NHKエグゼクティブアナウンサー)
6月 安達 辰彦(株式会社和光 代表取締役社長)
7月 戸田 久美(一般社団法人日本アンガーマネジメント協会 理事)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】街と人をつなぐ「NPO法人 銀座ミツバチプロジェクト」活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼首相公邸へ福島産あんぽ柿を献上

福島県伊達市のあんぽ柿生産者さんとのコラボイベント「銀座であんぽ柿天日干し」(第128号メルマガ掲載)に続き、1月5日に首相公邸へ同市の五十沢小学校の全児童23人と共に伊達市産のあんぽ柿を献上しました。春に児童数減少で閉校し143年の歴史に幕を下ろす子供たちが「古里の誇りを伝えたい」との思いを胸に学校最後の年を大舞台で飾りました。

2015年7月から公邸で養蜂のお手伝いをしている「銀座ミツバチプロジェクト」のメンバーが架け橋となり実現した今回の訪問は、東日本大震災により消費が落ち込んだあんぽ柿の風評払拭と市場拡大を目指す取り組みの一つとして一部、テレビでも放送されました。

伊達市立五十沢小学校ホームページ(あんぽ柿PR活動が掲載されています)
⇒ http://www3.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=0710090

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】銀座オススメ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーは、銀座界隈の様々な情報を皆様にお伝えします。銀座を訪れる際の参考にしてください。

▼吉岡徳仁 スペクトル-プリズムから放たれる虹の光線

「ガラスの茶室-光庵」といえばご存知な方も多いのではないでしょうか?2015年に京都の重要文化財に指定された天台宗青蓮院門跡境内将軍塚青龍殿の大舞台に設置され、そのガラスの茶室と自然の光を一体化させることで、感覚の中に存在する日本文化の本質を見ることを試み、世界の注目を集めました。
この茶室の作者、吉岡氏の新作のインスタレーションが展示されます。

日時:2017年1月13日(金)から2017年3月26日(日)
   平日 11:00~19:00 日曜・祝日 11:00~18:00
会場:資生堂ギャラリー(東京都中央区銀座8-8-3 資生堂ビル地下1階)
入場料:無料
詳細: http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/future/index.html


▼「サウンドプラネタリウム」1000万個の星を投影

プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が開発した、普段肉眼で見ることのできない1000万個の星を映し出すことのできる光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR-2」と5台のプロジェクターを使用し、無数の星々がきらめく天空を再現。さらに、上映される映像の冒頭にはドローンで撮影された銀座の美しい夕焼けの実写や、色鮮やかなオーロラ、空間全体に拡がる星々など、細部にまでこだわった映像をお楽しみいただけます。

日時:2016年12月9日(金)から2017年1月29日(日)11:00-19:00
会場:ソニービル 8階コミュニケーションゾーンOPUS (東京都中央区銀座5-3-1)
入場料:無料
詳細: http://www.sonybuilding.jp/eventspace/opus/soundopus2016/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】多目的ホール・大小会議室のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社フェニックスプラザは、ビジネス、芸術、文化に彩られた銀座で、さまざまなご要望にお応えできるよう、多目的ホールや大小会議室を運営しています。

会議、研修、総会等のビジネスシーンや、催事、商談、展示会、カルチャースクール、セミナー等の文化的活動の場として、あらゆるシーンでご活用ください。

□銀座フェニックスプラザ ⇒ http://www.phoenixplaza.co.jp/

□銀座会議室 ⇒ http://www.kamipa-kaikan.co.jp/ginza/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】公式「フェイスブック」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TCCフェイスブック
⇒ https://www.facebook.com/tcc.tokyo/

■NPO法人銀座ミツバチプロジェクト
⇒ https://www.facebook.com/ginzamitsubachi/


「いいね!」をクリックしてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★メールマガジン バックナンバーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで配信したメールマガジンのバックナンバーをご覧いただく
ことが出来ますのでご利用ください。

ココから → https://b.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=mm_tcc&no=6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールアドレスの変更■
 ホームページTOP画面右上の『お問合せ』より
 <タイトル>に「メールマガジン:アドレス変更」とご入力のうえ、送信してください。
 <内容>欄に、新たに希望するメールアドレスをご登録ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――

株式会社フェニックスプラザ
ザ・シチズンズ・カレッジ【東京会場】

〒104-8139
東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館
Tel 03-6264-7797 Fax 03-3543-8116
E-mail info@tcc-tokyo.jp URL http://tcc-tokyo.jp/

本メールに掲載されている内容の無断転載を禁じます。
記事の著作権はすべて、ザ・シチズンズ・カレッジに帰属します。
――――――――――――――――――――
Copyright(c) 2016tcc-tokyo.All Rights Reserved.
--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------
このメールの受信停止を希望される方は、下記URLをクリックしてください。
XXXX
クリックすると配信が停止されます。

※上記のURLが折り返して2行になっているときは、1行につなげてブラウ
 ザに入力してアクセスしてください。
--------------------------------------------------------------------