バックナンバー

  • 2017/05/16 (Tue) 10:23
    TCCオフィシャル メールマガジン (第138号)
  • 2017/05/02 (Tue) 10:46
    TCCオフィシャル メールマガジン (第137号)
  • 2017/04/18 (Tue) 10:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第136号)
  • 2017/04/04 (Tue) 15:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第135号)
  • 2017/03/21 (Tue) 13:54
    TCCオフィシャル メールマガジン (第134号)
  • 2017/03/07 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第133号)
  • 2017/02/21 (Tue) 10:32
    TCCオフィシャル メールマガジン (第132号)
  • 2017/02/07 (Tue) 12:45
    TCCオフィシャル メールマガジン (第131号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン 配信お休みのお知らせ
  • 2017/01/10 (Tue) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第130号)
  • 2016/12/20 (Tue) 10:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第129号)
  • 2016/12/06 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第128号)
  • 2016/11/15 (Tue) 12:01
    TCCオフィシャル メールマガジン (第127号)
  • 2016/11/01 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第126号)
  • 2016/10/18 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第125号)
  • 2016/10/04 (Tue) 14:33
    TCCオフィシャル メールマガジン (第124号)
  • 2016/09/20 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第123号)
  • 2016/09/06 (Tue) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第122号)
  • 2016/08/16 (Tue) 15:13
    TCCオフィシャル メールマガジン (第121号)
  • 2016/08/02 (Tue) 09:07
    TCCオフィシャル メールマガジン (第120号)
  • 2016/07/05 (Tue) 12:15
    TCCオフィシャル メールマガジン (第119号)
  • 2016/06/21 (Tue) 13:33
    TCCオフィシャル メールマガジン (第118号)
  • 2016/06/07 (Tue) 14:48
    TCCオフィシャル メールマガジン (第117号)
  • 2016/05/24 (Tue) 14:21
    TCCオフィシャル メールマガジン (第116号)
  • 2016/05/10 (Tue) 15:36
    TCCオフィシャル メールマガジン (第115号)
  • 2016/04/19 (Tue) 16:03
    TCCオフィシャル メールマガジン (第114号)
  • 2016/04/05 (Tue) 16:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第113号)
  • 2016/03/15 (Tue) 15:36
    TCCオフィシャル メールマガジン (第112号)
  • 2016/03/01 (Tue) 15:10
    TCCオフィシャル メールマガジン (第111号)
  • 2016/02/17 (Wed) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第110号)
  • 2016/02/10 (Wed) 11:00
    【集中力タイプ診断】タイプを知れば仕事も勉強も効率が上がる(ザ・シチズンズ・カレッジ特別号)
  • 2016/02/02 (Tue) 16:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第109号)
  • 2016/01/19 (Tue) 18:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第108号)
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第107号)

TCCオフィシャル メールマガジン (第110号)

2016/02/17 (Wed) 15:00
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 オフィシャル メールマガジン【第110号】
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ほぼ毎月、第1&第3 火曜日に配信

             <2016.2.17>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

▼本メールは、TCCが主催している講座・セミナーにご参加またはお問合せいただいた方にお送りしております。  ※配信停止につきましては、本メールの最後をご参照ください。

_/_/_/_/ インデックス _/_/_/_/_/_/_/_/_/

【1】第113期講座 第1回 倉橋 竜哉氏 【好評受付中】

【2】中国古典「易経」超入門「龍に学ぶリーダーの成長論」【残席僅か】

【3】「集中力マネジメント」講座 紹介セミナー(無料)【好評受付中】

【4】公式「フェイスブック」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】第1回 倉橋 竜哉氏 3月16日(水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第113期講座のスタートは、今年1月に発売された「呼吸で心を整える」の著者である倉橋竜哉氏です。
書籍販売数は、すでに3万部を突破しており、厳しい現代社会を生きる上で様々な悩みを解消してくれる「マイブレス式呼吸法」が注目を浴びています。

普段、イライラしたり緊張した時、感情に振り回されて呼吸が浅くなりませんか?これは、呼吸が心と体のパイプ役だからです。気持ちの切り替えがスムーズにできる呼吸を意識的に行うことで感情に振り回されず、心と体の状態をコントロールできるというメソッドを倉橋氏は開発しました。しかも、「誰でも、どこでも、簡単に」できるという魅力的な呼吸法です。

講演では、30年にわたる「セルフコントロール」と「呼吸」の研究・実践から導きだした倉橋流メソッドを語っていただきます。
また、自分の心を整える呼吸法を体験していただくお時間もご用意したいと思います。

残念な「ため息」を前向きな「ため息」に変えて、いつでも心と体をリッレッシュできるようになりたい方は、ぜひお越しください。

詳細・申込 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/259/XXXX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】中国古典「易経」 超入門 「龍に学ぶリーダーの成長論」 【残席僅か】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本には、春夏秋冬があるように人や組織にも、それぞれ時の流れがあります。
例えば、「冬の時代」と聞くと、「辛い時代」「避けれるものなら避けたい」と思いがちですが、易経では、冬は積極的に活動するよりも、じっくりと腰を据えて今後の方針や志を固める時であるといいます。そして、辛い時を避けること無く、じっくりとその時と向き合うことで、賢くチャンスを逃さない洞察力を身につける事ができるといいます。

また、「易は窮まれば変ず 変ずれば通ず 通ずれば久し」と書かれており、「満ちたものは必ず欠けて、欠けたものは必ず満ちていきます。満月が必ず新月に変わっていく自然の循環はもとより、人間社会の出来事も栄枯盛衰を繰り返しています」という意味です。(竹村氏著「超訳・易経」より)

つまり、易経では、全ての事象を春夏秋冬に例えられる自然の法則にならっていくことで、激動の時代であったとしても、問題や障害を解決し、物事を通じさせることができると教えています。

当講座では、自分自身の成長、またリーダーとしての在り方から経営の進め方まで一貫した成長の法則を学ぶことができます。

易経解説 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/260/XXXX

詳細・申込 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/261/XXXX

【開催概要】
日 時:2016年4月~8月 全5回 14:30~17:30  

会 場:銀座フェニックスプラザ(東京都中央区銀座 3-9-11)

受講料:45,000円 → 40,000円【一括割引】(税込)
    当日都度払い : 9,000円/回 (税込) 
    ※当日都度払いを選択された方は、ご欠席された場合でも後日、お支払い頂きます。
また、初回講座の受講料のみ事前にお振込みいただきます。(2回目以降の受講料は、受講当日にお支払いください)

講師:竹村亞希子(易経研究家/東洋文化振興会相談役)

【プロフィール】
中国古典「易経」を占いでなく、古代の叡知の書として、わかりやすく紹介。全国の企業、官庁での講演やセミナー、アドバイスを行っており、企業経営に携わる多くの人々から厚い信頼を得ている。
NHK文化センター『現代に生きる「易経」講座』は易経全文を読むのに十年をかけ、十八年目に入る。
著書に『リーダーの易経』、『超訳・易経』(角川SSC新書)、『人生に生かす易経』、『易経一日一言』、『CD「よくわかる易経」』(致知出版社)。
日経eブック『江守徹の朗読で楽しむ易経入門』シリーズ声の解説者。NHK文化センター「易経」講師(1997年より)

【カリキュラム】
▼ 第1講座  4月9日(土)
・易経とは
・龍に学ぶリーダーの成長論
・【初】潜龍用いるなかれ~すべては志から始まる

▼ 第2講座  5月21日(土)
・ 【二】見龍田に在り~基と型をつくる
・ 【三】乾てき~基本から技の創出へ

▼ 第3講座  6月18日(土)
・ 【四】躍龍~「時」と「兆し」を見極める
・ 【五】飛龍天に在り~雲を従える飛龍

▼ 第4講座 7月9日(土)
  ・ 【上】亢龍悔い有り~退くべき時を見据える
  ・ 【用】群龍~陽の用い方

▼ 第5講座 8月6日(土)
  ・人と企業のマネジメントとは

 詳細・申込 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/262/XXXX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】「集中力マネジメント」講座 紹介セミナー(無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京大学の人気教授である西成活裕氏と共同開発した「集中力マネジメント」講座。
昨年、トライアルとして2回セミナーを実施し、講座のプログラム構成が完成しました。
今年から、定期的に講座を開催してまいりますが、まずは「集中力マネジメント」講座を紹介する無料セミナーを開催いたします。

集中力は、日常のあらゆる場面で結果を見出すための重要な要素です。
限られた時間で結果を求められる仕事も日常のルーチン業務も、資格試験の勉強も全て自分自身でタイムマネジメントとセルフマネジメントを行うことが必要ですが、この2つのバランスを司るのが「集中力」です。

「集中力マネジメント」講座では、この2つのバランスを保つ秘訣を西成教授の長年の研究生活から培った考え抜く力=「思考体力」と専門の数理物理学をベースに科学的に定義いたしました。
紹介セミナーでは、すぐに活かせる集中力アップの秘訣を一部 お話させていただきます。

詳細・申込み ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/263/XXXX

受講者 感想文 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/264/XXXX

【集中力タイプ診断】
20個の簡単な質問に答えると、あなたの集中力タイプを知ることができます。自分のタイプを知ることは、あなたの集中力を発揮できるチャンスを広げるきっかけになります。

※紹介セミナーにご参加される方は、ご自身がどの集中力タイプかを控えて会場にお越しください。

タイプ診断 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/265/XXXX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】公式「フェイスブック」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TCCフェイスブック
⇒ http://c.bme.jp/17/2647/266/XXXX

■エムマインド・フェイスブック
⇒ http://c.bme.jp/17/2647/267/XXXX

■銀座街大学フェイスブック
⇒ http://c.bme.jp/17/2647/268/XXXX

「いいね!」をクリックしてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★メールマガジン バックナンバーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで配信したメールマガジンのバックナンバーをご覧いただく
ことが出来ますのでご利用ください。

ココから → http://c.bme.jp/17/2647/269/XXXX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールアドレスの変更■
 ホームページTOP画面右上の『お問合せ』より
 <タイトル>に「メールマガジン:アドレス変更」とご入力のうえ、送信してください。
 <内容>欄に、新たに希望するメールアドレスをご登録ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――
NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ

〒104-0042
東京都中央区入船3丁目9-2 佐久間ビル2階
Tel 03-3523-3952 Fax 03-3523-3953
E-mail info@ttcc.or.jp URL http://c.bme.jp/17/2647/270/XXXX

本メールに掲載されている内容の無断転載を禁じます。
記事の著作権はすべて、NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジに帰属します。

--------------------------------------------------------------------
このメールの受信停止を希望される方は、下記URLをクリックしてください。
XXXX
クリックすると配信が停止されます。

※上記のURLが折り返して2行になっているときは、1行につなげてブラウ
 ザに入力してアクセスしてください。
--------------------------------------------------------------------