バックナンバー

  • 2017/05/16 (Tue) 10:23
    TCCオフィシャル メールマガジン (第138号)
  • 2017/05/02 (Tue) 10:46
    TCCオフィシャル メールマガジン (第137号)
  • 2017/04/18 (Tue) 10:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第136号)
  • 2017/04/04 (Tue) 15:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第135号)
  • 2017/03/21 (Tue) 13:54
    TCCオフィシャル メールマガジン (第134号)
  • 2017/03/07 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第133号)
  • 2017/02/21 (Tue) 10:32
    TCCオフィシャル メールマガジン (第132号)
  • 2017/02/07 (Tue) 12:45
    TCCオフィシャル メールマガジン (第131号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン 配信お休みのお知らせ
  • 2017/01/10 (Tue) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第130号)
  • 2016/12/20 (Tue) 10:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第129号)
  • 2016/12/06 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第128号)
  • 2016/11/15 (Tue) 12:01
    TCCオフィシャル メールマガジン (第127号)
  • 2016/11/01 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第126号)
  • 2016/10/18 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第125号)
  • 2016/10/04 (Tue) 14:33
    TCCオフィシャル メールマガジン (第124号)
  • 2016/09/20 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第123号)
  • 2016/09/06 (Tue) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第122号)
  • 2016/08/16 (Tue) 15:13
    TCCオフィシャル メールマガジン (第121号)
  • 2016/08/02 (Tue) 09:07
    TCCオフィシャル メールマガジン (第120号)
  • 2016/07/05 (Tue) 12:15
    TCCオフィシャル メールマガジン (第119号)
  • 2016/06/21 (Tue) 13:33
    TCCオフィシャル メールマガジン (第118号)
  • 2016/06/07 (Tue) 14:48
    TCCオフィシャル メールマガジン (第117号)
  • 2016/05/24 (Tue) 14:21
    TCCオフィシャル メールマガジン (第116号)
  • 2016/05/10 (Tue) 15:36
    TCCオフィシャル メールマガジン (第115号)
  • 2016/04/19 (Tue) 16:03
    TCCオフィシャル メールマガジン (第114号)
  • 2016/04/05 (Tue) 16:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第113号)
  • 2016/03/15 (Tue) 15:36
    TCCオフィシャル メールマガジン (第112号)
  • 2016/03/01 (Tue) 15:10
    TCCオフィシャル メールマガジン (第111号)
  • 2016/02/17 (Wed) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第110号)
  • 2016/02/10 (Wed) 11:00
    【集中力タイプ診断】タイプを知れば仕事も勉強も効率が上がる(ザ・シチズンズ・カレッジ特別号)
  • 2016/02/02 (Tue) 16:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第109号)
  • 2016/01/19 (Tue) 18:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第108号)
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第107号)

TCCオフィシャル メールマガジン (第113号)

2016/04/05 (Tue) 16:00
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 オフィシャル メールマガジン【第113号】
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ほぼ毎月、第1&第3 火曜日に配信

             <2016.4.5>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

▼本メールは、TCCが主催している講座・セミナーにご参加またはお問合せいただいた方にお送りしております。  ※配信停止につきましては、本メールの最後をご参照ください。

_/_/_/_/ インデックス _/_/_/_/_/_/_/_/_/

【1】第113期 講座 第3回 守屋智敬 氏 【好評受付中】
 「リーダーの仕事」

【2】中川越のビジネスメール塾  
   第10回「上手に騙されたい人間心理を踏まえることが大切」

【3】「モノの片づけから学ぶ仕事の段取力」講座【NEW】

【4】「集中力マネジメント」講座 紹介セミナー【参加費無料】

【5】公式「フェイスブック」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】第3回 守屋 智敬 氏 5月18日(水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新年度が始まり希望に満ちあふれた新入社員をむかえられた企業様もあるかと思いますが、どのようなリーダーが今求められているのかご存知でしょうか?

これからの新時代のリーダーに求められる資質は、優秀さや強さ、カリスマ性ではなく、メンバーに寄り添い、対等な立場で共にチームを作り上げる「共感型リーダー」だという守屋氏。

そんなリーダーとして信頼を得るには、一つひとつの行動の積み重ねが重要で心の持ち方ひとつで行動が180度変わるといいます。

リーダーとしてのベーシックで大切な心構えを説いた著書「シンプルだけれど重要なリーダーの仕事」は、発売から4か月で5万部を突破。

講演では、現在リーダの方からリーダを育てる立場の方まで、仕組みやルールで解決できない組織の問題解決をはかり、成果を生み出す方法をお伝えします。

詳細・申込 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/500/XXXX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】中川越のビジネスメール塾  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第10回「上手に騙されたい人間心理を踏まえることが大切」

ときどき詐欺事件のニュースで、明らかに被害者なのに、まだ騙されたと思っていない人の声が聞こえてきたりすることがある。

ある結婚詐欺師は、いつも恋人=被害者に電話するときは、空港で録音した発着便のアナウンスの音や港内の雑踏のざわめきを送話口に近づけながら話し、会うときは見るからにクオリティの低いパイロットのコスプレで登場したが、かなりの金品まで奪われた被害者の多くは、その詐欺師が逮捕されてからも、まだ自分だけは騙されていないと思い、詐欺師の誠を信じ続けていた。

こうした人たちの人間心理を目の当たりにすると、人は上手に騙されたがっている動物のように思えてくる。言い換えれば、原則として人は人を信じたくて仕方がないということがいえそうだ。

そんな性質を持つ人たちを裏切らないために、メールを書くときには、メールで示すべき本来のテーマのほかに、書く側の善意を明確に伝える必要がある。

たとえば、急な仕事を仕事相手に頼むとき、こんなメールでは不十分だ。
「納品までは1週間とスケジュールはタイトですが、前掲の部品100個のご手配をよろしくお願いいたします」

とくに「1週間」という納期が非常識である場合、このメールは高圧的で無礼極まりないものと相手に記憶され、発信者の人間性まで疑われる。
その結果受信者は、積極的なアクションは起こしにくくなり、仕方なくため息まじりに行う仕事になってしまう。

一方、同じ内容をこう書いたらどうだろう。
「大変申し訳ありません。納品が一週間と非常にタイトで、数量も通常の4倍となり、ご調達に困難を極めると存じますが、格別なご高配を賜りますれば幸甚に存じます」

たとえ慣れ親しんだ取引相手であっても、無理な依頼をする際には、襟を正してていねいにお願いするのがいい。そうすれば相手は、送信者の人間性を決して疑わない。送信者の根底にある善意を強く信じ、積極的に納期に間に合わせようとする。場合によっては最大限のサービスに努め、納期を早めことさえある。

私はあるとき後輩の編集者から、メールで出版企画の相談を受けたことがある。
企画書の草案が添付されていた。珍しく忙しい時期だったこともあり、少し気持ちの負担になったが、メールの文末に次のように書かれていたので、すぐに添付の企画書を開いてみようと思った。

「お時間があるときでいいので、ご感想をお願いできれば幸いです」
こちらの状況を忖度してくれる礼儀正しさの中に、後輩の恐縮と善意が感じられた。

そして、その後続のフレーズを読んで思わず苦笑した。
「ちなみに、今度の企画会議がある来週の水曜16日の完成を目指しています」
結局企画草案のチェックは、遅くとも16日の前日、15日には欲しいということだった。「お時間があるとき」では、ちょっと困るのだった。

しかし私は気持ちよく企画草案のチェックを優先して行うことができた。メールの文末の前段を読んで生まれた後輩の善意を信じる心は、後段を読み、結構タイトな締切だったと知るに及んでも、もはや消すことはできなかった。

私は上手に一杯食わされた気になり愉快だった。自分自身を人一倍疑り深い人間と思っていた私も、実は上手に騙されたがっていたのかと新鮮に驚いた。

次回(第11回)は、5月2日(月)配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】「モノの片づけから学ぶ仕事の段取力」講座【NEW】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無駄な時間を省いて頭の整理が必要なことは分かっていても、溢れる情報の中から必要な物だけを整理し、仕事の質と量を上げるには、物事を行う順序や手順、準備つまり「段取り」が重要となります。

仕事の段取り力を高めるには、不要なものや情報を取り除き、本来やるべきことに集中できる環境をつくることが必要です。そのためには、まず片づけの本質を学び、日々の生活で“片づけ”を習慣にすることです。

今回の講座では、仕事や、物事の達成に対する段取り力の高め方をはじめ、「かたづける力」の効果についても、さまざまな事例や観点からお伝えします。

単に知識だけではなく、新しい気づき、考え方、そして着眼点が得られる講座です。

【こんな方にお勧めです!】
・効率よく仕事をこなす段取り力を習得したい
・自分に必要な情報やモノの判断ができるようになりたい
・仕事のパフォーマンスをあげたい
・日常業務のさらなる効率化を図りたい
・仕事を進めるうえで型を身に着けたい
・机周りをスッキリさせ仕事の効率をあげたい


動画「片づけのポイント」 → http://c.bme.jp/17/2647/501/XXXX

講座の詳細 → http://c.bme.jp/17/2647/502/XXXX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】「集中力マネジメント」講座 紹介セミナー【参加費無料】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人には、得意分野と不得意分野があるように、各々の集中力にもタイプがあります。
効果的に集中力を発揮するには、自分の集中タイプを理解し、集中しやすい状況を作ることが求められます。
当講座では、集中力=「深度」×「持続度」と定義し、集中力の浅深と時間の長短で4つのタイプに分類した点が大きな特徴です。
自分のタイプを知って、あなたの集中力を発揮できるチャンスを広げてみませんか?

「集中力タイプ診断(無料)」実施中 → http://c.bme.jp/17/2647/503/XXXX

▼講師のご紹介
今回の講師は、弊法人の監事である望月昇が担当します。

2015年から「集中力マネジメント」講座のプログラムを東京大学 西成活裕教授と共同開発。
今まで抽象的とされてきた精神論や根性論ではなく、科学的な理論と実践的なテクニックを駆使し、集中力を自在にコントロールする技術を体得できる実践的なプログラムを構築してきました。

現在、人間科学研究会「夢雲」を主宰し、哲学・科学・宗教・心理学などの総合的な視点から「ヒューマンパラダイム」論を提唱し、自己開発セミナー・ビジネスセミナーを各地で開催しています。

著書に「「にんげん」って何だろう」(北斗書房)、共著に「森と緑の教育現場から3」(碩文社)がある。

お申込・詳細 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/504/XXXX
受講者 感想文 ⇒ http://c.bme.jp/17/2647/505/XXXX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】公式「フェイスブック」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TCCフェイスブック
⇒ http://c.bme.jp/17/2647/506/XXXX

■エムマインド・フェイスブック
⇒ http://c.bme.jp/17/2647/507/XXXX

「いいね!」をクリックしてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★メールマガジン バックナンバーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで配信したメールマガジンのバックナンバーをご覧いただく
ことが出来ますのでご利用ください。

ココから → http://c.bme.jp/17/2647/508/XXXX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールアドレスの変更■
 ホームページTOP画面右上の『お問合せ』より
 <タイトル>に「メールマガジン:アドレス変更」とご入力のうえ、送信してください。
 <内容>欄に、新たに希望するメールアドレスをご登録ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――
NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ

〒104-0042
東京都中央区入船3丁目9-2 佐久間ビル2階
Tel 03-3523-3952 Fax 03-3523-3953
E-mail info@ttcc.or.jp URL http://www.ttcc.or.jp/

本メールに掲載されている内容の無断転載を禁じます。
記事の著作権はすべて、NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジに帰属します。
――――――――――――――――――――
Copyright(c) 2016NPO-TCC/mmind corporation. All Rights Reserved.
--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------
このメールの受信停止を希望される方は、下記URLをクリックしてください。
XXXX
クリックすると配信が停止されます。

※上記のURLが折り返して2行になっているときは、1行につなげてブラウ
 ザに入力してアクセスしてください。
--------------------------------------------------------------------