バックナンバー

  • 2017/07/18 (Tue) 14:07
    TCCオフィシャル メールマガジン (第142号)
  • 2017/07/04 (Tue) 10:59
    TCCオフィシャル メールマガジン (第141号)
  • 2017/06/21 (Wed) 10:31
    TCCオフィシャル メールマガジン (第140号)
  • 2017/06/06 (Tue) 10:23
    TCCオフィシャル メールマガジン (第139号)
  • 2017/05/16 (Tue) 10:23
    TCCオフィシャル メールマガジン (第138号)
  • 2017/05/02 (Tue) 10:46
    TCCオフィシャル メールマガジン (第137号)
  • 2017/04/18 (Tue) 10:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第136号)
  • 2017/04/04 (Tue) 15:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第135号)
  • 2017/03/21 (Tue) 13:54
    TCCオフィシャル メールマガジン (第134号)
  • 2017/03/07 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第133号)
  • 2017/02/21 (Tue) 10:32
    TCCオフィシャル メールマガジン (第132号)
  • 2017/02/07 (Tue) 12:45
    TCCオフィシャル メールマガジン (第131号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン 配信お休みのお知らせ
  • 2017/01/10 (Tue) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第130号)
  • 2016/12/20 (Tue) 10:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第129号)
  • 2016/12/06 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第128号)
  • 2016/11/15 (Tue) 12:01
    TCCオフィシャル メールマガジン (第127号)
  • 2016/11/01 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第126号)
  • 2016/10/18 (Tue) 12:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第125号)
  • 2016/10/04 (Tue) 14:33
    TCCオフィシャル メールマガジン (第124号)
  • 2016/09/20 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第123号)
  • 2016/09/06 (Tue) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第122号)
  • 2016/08/16 (Tue) 15:13
    TCCオフィシャル メールマガジン (第121号)
  • 2016/08/02 (Tue) 09:07
    TCCオフィシャル メールマガジン (第120号)
  • 2016/07/05 (Tue) 12:15
    TCCオフィシャル メールマガジン (第119号)
  • 2016/06/21 (Tue) 13:33
    TCCオフィシャル メールマガジン (第118号)
  • 2016/06/07 (Tue) 14:48
    TCCオフィシャル メールマガジン (第117号)
  • 2016/05/24 (Tue) 14:21
    TCCオフィシャル メールマガジン (第116号)
  • 2016/05/10 (Tue) 15:36
    TCCオフィシャル メールマガジン (第115号)
  • 2016/04/19 (Tue) 16:03
    TCCオフィシャル メールマガジン (第114号)
  • 2016/04/05 (Tue) 16:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第113号)
  • 2016/03/15 (Tue) 15:36
    TCCオフィシャル メールマガジン (第112号)
  • 2016/03/01 (Tue) 15:10
    TCCオフィシャル メールマガジン (第111号)
  • 2016/02/17 (Wed) 15:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第110号)
  • 2016/02/10 (Wed) 11:00
    【集中力タイプ診断】タイプを知れば仕事も勉強も効率が上がる(ザ・シチズンズ・カレッジ特別号)
  • 2016/02/02 (Tue) 16:30
    TCCオフィシャル メールマガジン (第109号)
  • 2016/01/19 (Tue) 18:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第108号)
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    TCCオフィシャル メールマガジン (第107号)

TCCオフィシャル メールマガジン (第114号)

2016/04/19 (Tue) 16:03
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 オフィシャル メールマガジン【第114号】
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ほぼ毎月、第1&第3 火曜日に配信

             <2016.4.19>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

▼本メールは、TCCが主催している講座・セミナーにご参加またはお問合せいただいた方にお送りしております。  ※配信停止につきましては、本メールの最後をご参照ください。

_/_/_/_/ インデックス _/_/_/_/_/_/_/_/_/

【1】第113期 講座 第3回 守屋智敬 氏 【好評受付中】
 「リーダーの仕事」

【2】第113期 講座 第4回 中村寿美子 氏 
    「介護保険制度の実態と「仕事」・「家庭」の両立支援

【3】「モノの片づけから学ぶ仕事の段取力」講座【好評受付中】

【4】「集中力マネジメント」講座 紹介セミナー【参加費無料】
    「ビジネスで成功するには深くて長い集中力が必要?」

【5】公式「フェイスブック」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】第3回 守屋 智敬 氏 5月18日(水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新年度が始まり希望に満ちあふれた新入社員をむかえられた企業様もあるかと思いますが、どのようなリーダーが今求められているのかご存知でしょうか?

これからの新時代のリーダーに求められる資質は、優秀さや強さ、カリスマ性ではなく、メンバーに寄り添い、対等な立場で共にチームを作り上げる「共感型リーダー」だという守屋氏。

そんなリーダーとして信頼を得るには、一つひとつの行動の積み重ねが重要で心の持ち方ひとつで行動が180度変わるといいます。

リーダーとしてのベーシックで大切な心構えを説いた著書「シンプルだけれど重要なリーダーの仕事」は、発売から4か月で5万部を突破。

講演では、現在リーダの方からリーダを育てる立場の方まで、仕組みやルールで解決できない組織の問題解決をはかり、成果を生み出す方法をお伝えします。

詳細・申込 ⇒ http://www.ttcc.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】第4回 中村 寿美子 氏 6月15日(水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2025年には65歳以上の4人に1人が要支援・要介護者になると言われ、企業にとって今後従業員の介護問題は益々大きくなってきています。
30代で夫の両親の介護を経験したことをきっかけに、介護やカウンセリングについて学び、有料老人ホームに勤務した後、現職にいたったという中村氏。
豊富な経験と知識から、「介護は、まず知ることが最も大切」といいます。
講座では、介護保険の活用法と介護を支える家族と介護と仕事の両立支援が求められる企業の対策についてお話いただきます。

詳細・申込 ⇒ http://www.ttcc.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】「モノの片づけから学ぶ仕事の段取力」講座【好評受付中】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無駄な時間を省いて頭の整理が必要なことは分かっていても、溢れる情報の中から必要な物だけを整理し、仕事の質と量を上げるには、物事を行う順序や手順、準備つまり「段取り」が重要となります。

仕事の段取り力を高めるには、不要なものや情報を取り除き、本来やるべきことに集中できる環境をつくることが必要です。そのためには、まず片づけの本質を学び、日々の生活で“片づけ”を習慣にすることです。

今回の講座では、仕事や、物事の達成に対する段取り力の高め方をはじめ、「かたづける力」の効果についても、さまざまな事例や観点からお伝えします。

単に知識だけではなく、新しい気づき、考え方、そして着眼点が得られる講座です。

【こんな方にお勧めです!】
・効率よく仕事をこなす段取り力を習得したい
・自分に必要な情報やモノの判断ができるようになりたい
・仕事のパフォーマンスをあげたい
・日常業務のさらなる効率化を図りたい
・仕事を進めるうえで型を身に着けたい
・机周りをスッキリさせ仕事の効率をあげたい

動画「片づけのポイント」 → https://www.youtube.com/watch?v=6c0YNFRbu2o

講座の詳細 → http://www.mmind.co.jp/seminar/post-865.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】「集中力マネジメント」講座 紹介セミナー【参加費無料】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ビジネスで成功するには深くて長い集中力が必要?

こんな経験、ありませんか。

・プレゼンや会議等、大勢の人前では、伝えたいことを上手く伝えられない
・仕事中、他のことに意識が向いてしまう
・会議や商談の際、相手の言う事や話のポイントがつかみずらい

これらの悩みは、私たちの脳の構造を理解すると解決できます。

人間の脳はその時に重要と感じない情報を遮断します。これを心理学用語でカクテルパーティー効果と言います。

カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、自分の名前が呼ばれたりした時などは、自然と聞き取ることができます。

と言うことは、皆さんが悩んでいることは、もしかすると脳が重要ではないと判断しているのかもしれません。

では、どうしたら脳は重要な情報と捉えるようになるかと言えば、まずはゴール設定をすることが重要になってきます。

目指すゴールを明確にすることで自分自身に必要な情報や術が手に入れられるようになっていきます。

例えば、自家用車が古くなったので、外車を購入しようと思ったとします。
そう思った瞬間から、道路を歩いていてもこれまで目に入ってこなかったベンツやBMWなどの外車が急に目に飛び込んでくるようになります。

このように、ゴール設定をすることで、あなたが必要としていることに対する集中状態を深く、そして長く持続させることができるようになります。

当講座プログラムは、東京大学の西成活裕教授の協力の下「集中力マネジメント」講座を開発いたしました。

長年の研究生活の中から培った考え抜く力=「思考体力」と専門の数理物理学をベースに「集中力」を科学的に定義し、ワークやゲームを通して自分で集中力をコントロールする技術を楽しみながら体得できる実践的プログラムです。

今回は、「集中マネジメント」講座とは、どのような内容であるかなど講演会形式で説明いたします。

お申込・詳細 ⇒ http://www.mmind.co.jp/seminar/post-819.html
受講者 感想文 ⇒ http://www.mmind.co.jp/impression/post-636.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】公式「フェイスブック」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TCCフェイスブック
⇒ https://www.facebook.com/npotcc/

■エムマインド・フェイスブック
⇒ https://www.facebook.com/mmind.2000

「いいね!」をクリックしてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★メールマガジン バックナンバーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで配信したメールマガジンのバックナンバーをご覧いただく
ことが出来ますのでご利用ください。

ココから → https://b.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=mm_tcc&no=6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールアドレスの変更■
 ホームページTOP画面右上の『お問合せ』より
 <タイトル>に「メールマガジン:アドレス変更」とご入力のうえ、送信してください。
 <内容>欄に、新たに希望するメールアドレスをご登録ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――
NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ

〒104-0042
東京都中央区入船3丁目9-2 佐久間ビル2階
Tel 03-3523-3952 Fax 03-3523-3953
E-mail info@ttcc.or.jp URL http://www.ttcc.or.jp/

本メールに掲載されている内容の無断転載を禁じます。
記事の著作権はすべて、NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジに帰属します。
――――――――――――――――――――
Copyright(c) 2016NPO-TCC/mmind corporation. All Rights Reserved.
--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------
このメールの受信停止を希望される方は、下記URLをクリックしてください。
XXXX
クリックすると配信が停止されます。

※上記のURLが折り返して2行になっているときは、1行につなげてブラウ
 ザに入力してアクセスしてください。
--------------------------------------------------------------------