バックナンバー

  • 2022/08/03 (Wed) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第117号:2022年8月3日発行)
  • 2022/05/20 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第116号:2022年5月20日発行)
  • 2022/04/23 (Sat) 14:00
    【脱炭素化支援通信】(第115号:2022年4月23日発行)
  • 2022/03/07 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第114号:2022年3月7日発行)
  • 2022/02/16 (Wed) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第113号:2022年2月16日発行)
  • 2022/02/14 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第112号:2022年2月14日発行)
  • 2022/01/11 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第111号:2022年1月11日発行)
  • 2021/11/29 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第110号:2021年11月29日発行)
  • 2021/11/08 (Mon) 16:39
    【脱炭素化支援通信】(第109号:2021年11月8日発行)
  • 2021/10/04 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第108号:2021年10月4日発行)
  • 2021/08/02 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第106号:2021年8月2日発行)
  • 2021/05/27 (Thu) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第105号:2021年5月27日発行)
  • 2021/05/13 (Thu) 22:32
    【脱炭素化支援通信】(第104号:2021年5月13日発行)
  • 2021/04/16 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第103号:2021年4月16日発行)
  • 2021/03/05 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第102号:2021年3月6日発行)
  • 2021/02/16 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第101号:2021年2月16日発行)
  • 2021/01/04 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第100号:2021年1月4日発行)
  • 2020/11/12 (Thu) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第99号:2020年11月12日発行)
  • 2020/10/09 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第98号:2020年10月9日発行)
  • 2020/08/17 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第97号:2020年8月17日発行)
  • 2020/07/01 (Wed) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第96号:2020年7月1日発行)
  • 2020/06/15 (Mon) 21:21
    【脱炭素化支援通信】(第95号:2020年6月15日-2発行)
  • 2020/06/15 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第94号:2020年6月15日発行)
  • 2020/03/27 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第91号:2020年3月27日発行)
  • 2020/02/12 (Wed) 23:12
    【脱炭素化支援通信】(第90号:2020年2月12日発行)
  • 2020/01/21 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第89号:2020年1月21日発行)
  • 2020/01/13 (Mon) 15:13
    【脱炭素化支援通信】(第88号:2020年1月13日発行)
  • 2019/12/26 (Thu) 16:05
    【脱炭素化支援通信】(第87号:2019年12月26日発行)
  • 2019/12/16 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第86号:2019年12月16日発行)
  • 2019/11/30 (Sat) 17:58
    【脱炭素化支援通信】(第85号:2019年11月30日発行)
  • 2019/11/19 (Tue) 01:35
    【脱炭素化支援通信】(第84号:2019年11月19日発行)
  • 2019/11/01 (Fri) 23:43
    【脱炭素化支援通信】(第83号:2019年11月1日発行)
  • 2019/09/04 (Wed) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第82号:2019年9月4日発行)
  • 2019/08/26 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第81号:2019年8月26日発行)
  • 2019/08/06 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第80号:2019年8月6日発行)
  • 2019/07/18 (Thu) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第79号:2019年7月18日発行)
  • 2019/05/14 (Tue) 00:11
    【脱炭素化支援通信】(第78号:2019年5月14日発行)
  • 2019/04/08 (Mon) 08:08
    【脱炭素化支援通信】(第77号:2019年4月8日発行)
  • 2019/03/12 (Tue) 23:56
    【脱炭素化支援通信】(第76号:2019年3月12日発行)
  • 2019/03/07 (Thu) 23:40
    【脱炭素化支援通信】(第75号:2019年3月7日発行)
  • 2019/02/16 (Sat) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第74号:2019年2月16日発行)
  • 2018/11/19 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第73号:2018年11月19日発行)
  • 2018/10/23 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第72号:2018年10月23日発行)
  • 2018/07/05 (Thu) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第71号:2018年7月5日発行)
  • 2018/05/14 (Mon) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第70号:2018年5月14日発行)
  • 2018/04/16 (Mon) 08:04
    【低炭素化支援通信】(第69号:2018年4月16日発行)
  • 2018/02/06 (Tue) 04:23
    【低炭素化支援通信】(第68号:2018年2月6日発行)
  • 2017/12/27 (Wed) 05:54
    【低炭素化支援通信】(第67号:2017年12月27日発行)
  • 2017/10/23 (Mon) 11:04
    【低炭素化支援通信】(第66号:2017年10月23日発行)
  • 2017/08/06 (Sun) 02:38
    【低炭素化支援通信】(第65号:2017年8月6日発行)
  • 2017/07/19 (Wed) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第64号:2017年7月19日発行)
  • 2017/04/07 (Fri) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第63号:2017年4月7日発行)
  • 2016/12/26 (Mon) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第62号:2016年12月26日発行)
  • 2016/11/18 (Fri) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第61号:2016年11月18日発行)
  • 2016/10/03 (Mon) 04:31
    【低炭素化支援通信】(第60号:2016年10月3日発行)
  • 2016/08/02 (Tue) 06:30
    【低炭素化支援通信】(第59号:2016年8月2日発行)
  • 2016/05/24 (Tue) 06:30
    【低炭素化支援通信】(第58号:2016年5月24日発行)
  • 2016/05/02 (Mon) 21:06
    【低炭素化支援通信】(第57号:2016年5月2日発行)
  • 2016/04/20 (Wed) 01:20
    【低炭素化支援通信】(第56号:2016年4月20日発行)
  • 2016/04/01 (Fri) 06:30
    【低炭素化支援通信】(第55号:2016年4月1日発行)
  • 2016/02/02 (Tue) 06:12
    【低炭素化支援通信】(第54号:2016年2月2日発行)
  • 2015/12/24 (Thu) 06:45
    【低炭素化支援通信】(第53号:2015年12月24日発行)
  • 2015/11/25 (Wed) 06:50
    【低炭素化支援通信】(第52号:2015年11月25日発行)
  • 2015/10/13 (Tue) 06:50
    【低炭素化支援通信】(第51号:2015年10月13日発行)
  • 2015/08/31 (Mon) 07:50
    【低炭素化支援通信】(第50号:2015年8月31日発行)
  • 2015/07/29 (Wed) 13:21
    【低炭素化支援通信】(第49号:2015年7月29日発行)
  • 2015/06/12 (Fri) 17:22
    【低炭素化支援通信】(第48号:2015年6月12日発行)
  • 2015/06/03 (Wed) 07:00
    【低炭素化支援通信】(第47号:2015年6月3日発行)
  • 2015/04/18 (Sat) 07:51
    【低炭素化支援通信】(第46号:2015年4月18日発行)
  • 2015/04/01 (Wed) 06:57
    【低炭素化支援通信】(第45号:2015年4月1日発行)
  • 2015/03/16 (Mon) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第44号:2015年3月16日発行)
  • 2015/03/03 (Tue) 06:40
    【低炭素化支援通信】(2015年3月3日発行)
  • 2015/02/23 (Mon) 06:30
    【低炭素化支援通信】(2015年2月23日発行)
  • 2015/02/10 (Tue) 14:07
    【低炭素化支援通信】(2015年2月10日発行)
  • 2015/01/16 (Fri) 09:38
    【低炭素化支援通信】(2015年1月16日発行)
  • 2014/12/28 (Sun) 19:19
    【低炭素化支援通信】(2014年12月28日発行)
  • 2014/12/24 (Wed) 14:15
    【低炭素化支援通信】(2014年12月24日発行)
  • 2014/11/25 (Tue) 13:49
    【低炭素化支援通信】(2014年11月25日発行)
  • 2014/11/04 (Tue) 11:12
    【低炭素化支援通信】(2014年11月4日発行)
  • 2014/10/10 (Fri) 12:55
    【低炭素化支援通信】(2014年10月10日発行)
  • 2014/09/16 (Tue) 06:39
    【低炭素化支援通信】(2014年9月16日発行)
  • 2014/08/19 (Tue) 23:27
    【低炭素化支援通信】(2014年8月19日発行)
  • 2014/07/21 (Mon) 07:05
    【低炭素化支援通信】(2014年7月21日発行)
  • 2014/06/01 (Sun) 17:49
    【低炭素化支援通信】(2014年6月1日発行)
  • 2014/05/08 (Thu) 23:33
    【低炭素化支援通信】(2014年5月8日発行)
  • 2014/04/28 (Mon) 23:19
    【低炭素化支援通信】(2014年4月28日発行)
  • 2014/04/11 (Fri) 02:18
    【低炭素化支援通信】(2014年4月11日発行)
  • 2014/03/30 (Sun) 10:41
    【低炭素化支援通信】(2014年3月30日発行)
  • 2014/02/25 (Tue) 14:46
    【低炭素化支援通信】(2014年2月25日発行)
  • 2014/02/24 (Mon) 23:25
    【低炭素化支援通信】(2014年2月24日発行)
  • 2014/02/17 (Mon) 19:29
    【低炭素化支援通信】(2014年2月17日発行)
  • 2014/01/14 (Tue) 22:52
    【低炭素化支援通信】(2014年1月14日発行)
  • 2013/12/26 (Thu) 23:26
    【低炭素化支援通信】(2013年12月26日発行)
  • 2013/12/12 (Thu) 23:25
    【低炭素化支援通信】(2013年12月12日発行)
  • 2013/12/05 (Thu) 22:24
    【低炭素化支援通信】(2013年12月5日発行)
  • 2013/11/30 (Sat) 22:41
    【低炭素化支援通信】(2013年11月30日発行)
  • 2013/10/12 (Sat) 17:24
    【低炭素化支援通信】(2013年10月12日発行)
  • 2013/09/17 (Tue) 13:03
    【低炭素化支援通信】(2013年9月17日発行)
  • 2013/09/03 (Tue) 11:57
    【低炭素化支援通信】(2013年9月3日発行)
  • 2013/08/09 (Fri) 17:26
    【低炭素化支援通信】(2013年8月9日発行)
  • 2013/07/12 (Fri) 22:19
    【低炭素化支援通信】(2013年7月12日発行)
  • 2013/07/08 (Mon) 18:39
    【低炭素化支援通信】(2013年7月8日発行)
  • 2013/07/02 (Tue) 06:13
    【低炭素化支援通信】(2013年7月2日発行)
  • 2013/06/03 (Mon) 07:00
    【低炭素化支援通信】(2013年6月3日発行)
  • 2013/05/17 (Fri) 18:15
    【低炭素化支援通信】(2013年5月17日発行)
  • 2013/03/23 (Sat) 22:16
    【低炭素化支援通信】(2013年3月23日発行)
  • 2012/12/17 (Mon) 13:53
    【低炭素化支援通信】(2012年12月17日発行)
  • 2012/11/18 (Sun) 09:00
    【低炭素化支援通信】(2012年11月18日発行)
  • 2012/10/15 (Mon) 16:02
    【低炭素化支援通信】(2012年10月15日発行)
  • 2012/09/16 (Sun) 23:22
    【低炭素化支援通信】(2012年9月16日発行)
  • 2012/08/19 (Sun) 22:17
    【低炭素化支援通信】(2012年8月19日発行)
  • 2012/07/15 (Sun) 17:48
    【低炭素化支援通信】(2012年7月15日発行)
  • 2012/06/09 (Sat) 23:22
    【低炭素化支援通信】(2012年6月9日発行)
  • 2012/04/27 (Fri) 19:59
    【低炭素化支援通信】(2012年4月27日発行)

【低炭素化支援通信】(第65号:2017年8月6日発行)

2017/08/06 (Sun) 02:38
-------------------------------------------------------------------------
           ▼低炭素化支援通信▼
   「温暖化リスクを逆手にとり、企業の持続的発展を!」
         第65号:発行日2017年8月6日
           <配信数:4,003名>

■本メールマガジンは、弊社社員とお名刺交換をさせて頂きました方、お問い
 合わせや展示会等でご連絡先を頂いた方、メールマガジンの配信登録をされた
 方に省エネ・節電・CO2削減・エネルギー費用削減等に関するお役立ち情報を
 お送りしております。
■本メールマガジンがご不用の場合は、お手数ですが下記URLをクリックして、
 配信停止の手続きをよろしくお願い申し上げます。
 「配信停止」https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=teitannso
-------------------------------------------------------------------------

◆◆◆はじめに◆◆◆
  遅ればせながらレンタルDVDで「君の名は。」を見ました。
  中部電力の変電所のシーンが衝撃的でしたが、実在しないですね。
  http://c.bme.jp/17/19/425/XXXX
 

◆◆◆第1回エネ管連講習会を開催します!◆◆◆
  弊社代表が専務理事を務めている「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」は
  この度初めて「第1回エネ管連講習会」開催します。

  「国際標準(ISO50006)エネルギーパフォーマンス
   指標(EnPI)に基づくエネルギー管理のすすめ」
  
  事業者が省エネ活動を効果的に進めていくために、自らの省エネ活動
  ・省エネ対策の成果(エネルギーパフォーマンス)を的確に把握し、
  評価していくことが重要となる。ISO50006はエネルギーパフォー
  マンス指標に基づきエネルギー管理を高度化するための国際標準
  である。我が国では、原単位改善に関して1%改善・ベンチマーク
  指標が設定されておりSABC評価制度が開始されたところであるが、
  原単位改善の具体的な方策が示されていないのが現状である。
  エネルギー管理士は、省エネ専門家として国際標準のエネルギー管理
  手法を身につけることが必要である。

  講師:有限会社野田エネルギー管理事務所 代表取締役 野田冬彦
  日時:2017年8月22日(火) 13:00~15:00(開場:12:30)
   13:00~13:30:国際標準ISO50000シリーズとは・
           ISO50001と省エネ法との関係は
   13:30~14:00:エネルギーマネジメントシステム、エネルギー
           レビュー、エネルギーパフォーマンス指標
   14:00~14:45:ISO50006の概要、分析事例
   14:45~15:15:省エネルギー量の評価、省エネ量の計測
           ・検証(M&V)など
   15:15~15:30:質疑・応答

  ●会場:アットビジネスセンター東京駅401号室
     (東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル4階
      ・JR東京駅(八重洲口)から徒歩6分)
      http://c.bme.jp/17/19/418/XXXX
  ●定員:18名
  ●参加費:会員:無料
       非会員:3,000円(税込)(当日現金でお支払い下さい)
  ●申込み方法:下記事項をご記入頂き、下記へEメール又はFAXにてお申込み下さい。
        【申込先】Eメール:info@ene-kan.jp FAX:052-766-6923
       ※お申込み頂いた方には受付完了のメールを後日送信致します。
       ※チラシPDFやエクセルファイルの申込書等は下記のページをご参照下さい。
        http://c.bme.jp/17/19/419/XXXX

 【弊社コメント】
  非会員の方でも参加可能(有料)です。ご参加をお待ちしております!
  
   
◆◆◆第11回省エネ情報交換会(東京)を開催します!◆◆◆
  「エネ管連」の第11回省エネ情報交換会を開催致します。
  省エネ情報の共有のためには顔を合わせての情報交換が効果的ですので、是非ご参加下さい。
  ※第1回エネ管連講習会後に続けて開催します。
  ※なお第12回は2017年10月大阪、第13回は2017年12月頃名古屋で開催予定です。
 
 「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟 第11回省エネ情報交換会」
  ■日程:2017年8月22日(火)15:45~19:00(開場15:30)
  ■プログラム
   15:45~17:00:第1部:「平成29年度省エネ補助金の状況」
                低炭素化支援株式会社 代表取締役 松島康浩
               「皆様から参加者全員へ提供する省エネ情報」
   17:15~19:00:第2部:各自で情報交換(省エネ情報をシェア)
  ■会場:第1部:アットビジネスセンター東京駅401号室
          東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル4階
          JR東京駅(八重洲口)から徒歩6分
          http://c.bme.jp/17/19/420/XXXX
      第2部:近隣の飲食店を予定
  ■参加対象者:・「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」会員
         ・「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」入会検討者
         ・省エネ情報の共有をしたい方 
  ■参加費:第1部 会員:無料
          非会員:1,000円(税込)(当日現金でお支払下さい)
       第2部 会員・非会員:有料(参加者で割り勘)
  ■定員 :18名
  ■申し込み方法:下記事項をご記入頂き、下記申込先へEメール又はFAXにてお申込み下さい。
          ・参加者氏名
          ・第1部:参加者全員へ提供する省エネ情報
           ※当日プロジェクター使用:□使用する  □使用しない
            (パワーポイントファイル又はPDFファイルを開催日の2日前までに
             メールにて送付下さい)
          ・求めている省エネ情報
          【申込先】Eメール:info@ene-kan.jp  FAX:052-766-6923
          ※お申込み頂いた方には受付完了のメールを後日送信致します。
          ※チラシPDFやエクセルファイルの申込書等は下記のページをご参照下さい。
           http://c.bme.jp/17/19/421/XXXX

  【弊社コメント】
  非会員の方でも参加可能(有料)です。ご参加をお待ちしております!!


◆◆◆米 パリ協定脱退の意向を国連に通知◆◆◆
  アメリカのトランプ政権は、地球温暖化対策の国際的な枠組み、パリ協定から
  脱退する意向を国連に通知したと発表する一方、引き続き温室効果ガスを削減
  するとともに、国際的な交渉に今後も参加する考えを示しました。
  アメリカ国務省は4日、声明を出し、トランプ大統領がことし6月、地球温暖化
  対策の国際的な枠組み、パリ協定から脱退する方針を表明したことを受けて、
  国連に脱退の意向を通知したと発表しました。ただ、パリ協定の規定では、
  実際にアメリカが脱退するのは早くても3年後の2020年11月になります。
 
  ○詳細は下記をご参照下さい○
  「NHK」
  http://c.bme.jp/17/19/422/XXXX
  「日本経済新聞」
   http://c.bme.jp/17/19/423/XXXX
        
 【弊社コメント】
  引き続き省エネや再エネ活用は推進するようです。


◆◆◆Googleが「核融合発電」の分野に参入◆◆◆
   Google Researchがアメリカの主要な核融合技術開発企業と手を組み、核融合
   発電の実現に向けて研究を進めています。Googleが核融合開発に参入したことで、
   核融合で発生するプラズマを制御するための新しいアルゴリズムも完成するなどの
   成果を挙げています。

  ○詳細は下記をご参照下さい○
  「GIGAZINE」
  http://c.bme.jp/17/19/424/XXXX
          
 【弊社コメント】
  実現が早まればいいなぁ。


-----------------------------------------------------------------------------
■本メールマガジンがご不用の場合は、お手数ですが下記URLをクリックして、
 配信停止の手続きをよろしくお願い申し上げます。
 「配信停止」https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=teitannso
 「バックナンバー」https://b.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=teitannso&no=1
-----------------------------------------------------------------------------

=============================================================================
■発行
  低炭素化支援株式会社 
  責任者:松島康浩
  E-mail:info@teitannso.jp URL:http://www.teitannso.jp/
  【本社】
   〒454-0012 愛知県名古屋市中川区尾頭橋四丁目13番7号
         名古屋ビジネスインキュベータ金山2階
         TEL:052-684-4173 FAX:052-684-4174
  【首都圏支援センター】
   〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目11番5号 TKK西新橋ビル7階
         TEL:03-5962-7716 FAX:03-6683-3103
  【西日本支援支援センター】
   〒700-0901 岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル4階
         TEL:086-800-1376 FAX:086-800-1301
  ★エネルギー需要家のための省エネ情報共有サイト「エネ共」★
   http://enekyo.info/
  ★未来のために、いま、エネルギーを選ぼう「脱炭素エナジー」★
   http://www.datsutanso.jp/
  ★国家資格「エネルギー管理士」の日本で唯一の有資格者団体
   「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」★
   http://www.ene-kan.jp/
=============================================================================