バックナンバー

  • 2022/01/11 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第111号:2022年1月11日発行)
  • 2021/11/29 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第110号:2021年11月29日発行)
  • 2021/11/08 (Mon) 16:39
    【脱炭素化支援通信】(第109号:2021年11月8日発行)
  • 2021/10/04 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第108号:2021年10月4日発行)
  • 2021/08/02 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第106号:2021年8月2日発行)
  • 2021/05/27 (Thu) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第105号:2021年5月27日発行)
  • 2021/05/13 (Thu) 22:32
    【脱炭素化支援通信】(第104号:2021年5月13日発行)
  • 2021/04/16 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第103号:2021年4月16日発行)
  • 2021/03/05 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第102号:2021年3月6日発行)
  • 2021/02/16 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第101号:2021年2月16日発行)
  • 2021/01/04 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第100号:2021年1月4日発行)
  • 2020/11/12 (Thu) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第99号:2020年11月12日発行)
  • 2020/10/09 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第98号:2020年10月9日発行)
  • 2020/08/17 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第97号:2020年8月17日発行)
  • 2020/07/01 (Wed) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第96号:2020年7月1日発行)
  • 2020/06/15 (Mon) 21:21
    【脱炭素化支援通信】(第95号:2020年6月15日-2発行)
  • 2020/06/15 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第94号:2020年6月15日発行)
  • 2020/03/27 (Fri) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第91号:2020年3月27日発行)
  • 2020/02/12 (Wed) 23:12
    【脱炭素化支援通信】(第90号:2020年2月12日発行)
  • 2020/01/21 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第89号:2020年1月21日発行)
  • 2020/01/13 (Mon) 15:13
    【脱炭素化支援通信】(第88号:2020年1月13日発行)
  • 2019/12/26 (Thu) 16:05
    【脱炭素化支援通信】(第87号:2019年12月26日発行)
  • 2019/12/16 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第86号:2019年12月16日発行)
  • 2019/11/30 (Sat) 17:58
    【脱炭素化支援通信】(第85号:2019年11月30日発行)
  • 2019/11/19 (Tue) 01:35
    【脱炭素化支援通信】(第84号:2019年11月19日発行)
  • 2019/11/01 (Fri) 23:43
    【脱炭素化支援通信】(第83号:2019年11月1日発行)
  • 2019/09/04 (Wed) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第82号:2019年9月4日発行)
  • 2019/08/26 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第81号:2019年8月26日発行)
  • 2019/08/06 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第80号:2019年8月6日発行)
  • 2019/07/18 (Thu) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第79号:2019年7月18日発行)
  • 2019/05/14 (Tue) 00:11
    【脱炭素化支援通信】(第78号:2019年5月14日発行)
  • 2019/04/08 (Mon) 08:08
    【脱炭素化支援通信】(第77号:2019年4月8日発行)
  • 2019/03/12 (Tue) 23:56
    【脱炭素化支援通信】(第76号:2019年3月12日発行)
  • 2019/03/07 (Thu) 23:40
    【脱炭素化支援通信】(第75号:2019年3月7日発行)
  • 2019/02/16 (Sat) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第74号:2019年2月16日発行)
  • 2018/11/19 (Mon) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第73号:2018年11月19日発行)
  • 2018/10/23 (Tue) 06:00
    【脱炭素化支援通信】(第72号:2018年10月23日発行)
  • 2018/07/05 (Thu) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第71号:2018年7月5日発行)
  • 2018/05/14 (Mon) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第70号:2018年5月14日発行)
  • 2018/04/16 (Mon) 08:04
    【低炭素化支援通信】(第69号:2018年4月16日発行)
  • 2018/02/06 (Tue) 04:23
    【低炭素化支援通信】(第68号:2018年2月6日発行)
  • 2017/12/27 (Wed) 05:54
    【低炭素化支援通信】(第67号:2017年12月27日発行)
  • 2017/10/23 (Mon) 11:04
    【低炭素化支援通信】(第66号:2017年10月23日発行)
  • 2017/08/06 (Sun) 02:38
    【低炭素化支援通信】(第65号:2017年8月6日発行)
  • 2017/07/19 (Wed) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第64号:2017年7月19日発行)
  • 2017/04/07 (Fri) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第63号:2017年4月7日発行)
  • 2016/12/26 (Mon) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第62号:2016年12月26日発行)
  • 2016/11/18 (Fri) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第61号:2016年11月18日発行)
  • 2016/10/03 (Mon) 04:31
    【低炭素化支援通信】(第60号:2016年10月3日発行)
  • 2016/08/02 (Tue) 06:30
    【低炭素化支援通信】(第59号:2016年8月2日発行)
  • 2016/05/24 (Tue) 06:30
    【低炭素化支援通信】(第58号:2016年5月24日発行)
  • 2016/05/02 (Mon) 21:06
    【低炭素化支援通信】(第57号:2016年5月2日発行)
  • 2016/04/20 (Wed) 01:20
    【低炭素化支援通信】(第56号:2016年4月20日発行)
  • 2016/04/01 (Fri) 06:30
    【低炭素化支援通信】(第55号:2016年4月1日発行)
  • 2016/02/02 (Tue) 06:12
    【低炭素化支援通信】(第54号:2016年2月2日発行)
  • 2015/12/24 (Thu) 06:45
    【低炭素化支援通信】(第53号:2015年12月24日発行)
  • 2015/11/25 (Wed) 06:50
    【低炭素化支援通信】(第52号:2015年11月25日発行)
  • 2015/10/13 (Tue) 06:50
    【低炭素化支援通信】(第51号:2015年10月13日発行)
  • 2015/08/31 (Mon) 07:50
    【低炭素化支援通信】(第50号:2015年8月31日発行)
  • 2015/07/29 (Wed) 13:21
    【低炭素化支援通信】(第49号:2015年7月29日発行)
  • 2015/06/12 (Fri) 17:22
    【低炭素化支援通信】(第48号:2015年6月12日発行)
  • 2015/06/03 (Wed) 07:00
    【低炭素化支援通信】(第47号:2015年6月3日発行)
  • 2015/04/18 (Sat) 07:51
    【低炭素化支援通信】(第46号:2015年4月18日発行)
  • 2015/04/01 (Wed) 06:57
    【低炭素化支援通信】(第45号:2015年4月1日発行)
  • 2015/03/16 (Mon) 06:00
    【低炭素化支援通信】(第44号:2015年3月16日発行)
  • 2015/03/03 (Tue) 06:40
    【低炭素化支援通信】(2015年3月3日発行)
  • 2015/02/23 (Mon) 06:30
    【低炭素化支援通信】(2015年2月23日発行)
  • 2015/02/10 (Tue) 14:07
    【低炭素化支援通信】(2015年2月10日発行)
  • 2015/01/16 (Fri) 09:38
    【低炭素化支援通信】(2015年1月16日発行)
  • 2014/12/28 (Sun) 19:19
    【低炭素化支援通信】(2014年12月28日発行)
  • 2014/12/24 (Wed) 14:15
    【低炭素化支援通信】(2014年12月24日発行)
  • 2014/11/25 (Tue) 13:49
    【低炭素化支援通信】(2014年11月25日発行)
  • 2014/11/04 (Tue) 11:12
    【低炭素化支援通信】(2014年11月4日発行)
  • 2014/10/10 (Fri) 12:55
    【低炭素化支援通信】(2014年10月10日発行)
  • 2014/09/16 (Tue) 06:39
    【低炭素化支援通信】(2014年9月16日発行)
  • 2014/08/19 (Tue) 23:27
    【低炭素化支援通信】(2014年8月19日発行)
  • 2014/07/21 (Mon) 07:05
    【低炭素化支援通信】(2014年7月21日発行)
  • 2014/06/01 (Sun) 17:49
    【低炭素化支援通信】(2014年6月1日発行)
  • 2014/05/08 (Thu) 23:33
    【低炭素化支援通信】(2014年5月8日発行)
  • 2014/04/28 (Mon) 23:19
    【低炭素化支援通信】(2014年4月28日発行)
  • 2014/04/11 (Fri) 02:18
    【低炭素化支援通信】(2014年4月11日発行)
  • 2014/03/30 (Sun) 10:41
    【低炭素化支援通信】(2014年3月30日発行)
  • 2014/02/25 (Tue) 14:46
    【低炭素化支援通信】(2014年2月25日発行)
  • 2014/02/24 (Mon) 23:25
    【低炭素化支援通信】(2014年2月24日発行)
  • 2014/02/17 (Mon) 19:29
    【低炭素化支援通信】(2014年2月17日発行)
  • 2014/01/14 (Tue) 22:52
    【低炭素化支援通信】(2014年1月14日発行)
  • 2013/12/26 (Thu) 23:26
    【低炭素化支援通信】(2013年12月26日発行)
  • 2013/12/12 (Thu) 23:25
    【低炭素化支援通信】(2013年12月12日発行)
  • 2013/12/05 (Thu) 22:24
    【低炭素化支援通信】(2013年12月5日発行)
  • 2013/11/30 (Sat) 22:41
    【低炭素化支援通信】(2013年11月30日発行)
  • 2013/10/12 (Sat) 17:24
    【低炭素化支援通信】(2013年10月12日発行)
  • 2013/09/17 (Tue) 13:03
    【低炭素化支援通信】(2013年9月17日発行)
  • 2013/09/03 (Tue) 11:57
    【低炭素化支援通信】(2013年9月3日発行)
  • 2013/08/09 (Fri) 17:26
    【低炭素化支援通信】(2013年8月9日発行)
  • 2013/07/12 (Fri) 22:19
    【低炭素化支援通信】(2013年7月12日発行)
  • 2013/07/08 (Mon) 18:39
    【低炭素化支援通信】(2013年7月8日発行)
  • 2013/07/02 (Tue) 06:13
    【低炭素化支援通信】(2013年7月2日発行)
  • 2013/06/03 (Mon) 07:00
    【低炭素化支援通信】(2013年6月3日発行)
  • 2013/05/17 (Fri) 18:15
    【低炭素化支援通信】(2013年5月17日発行)
  • 2013/03/23 (Sat) 22:16
    【低炭素化支援通信】(2013年3月23日発行)
  • 2012/12/17 (Mon) 13:53
    【低炭素化支援通信】(2012年12月17日発行)
  • 2012/11/18 (Sun) 09:00
    【低炭素化支援通信】(2012年11月18日発行)
  • 2012/10/15 (Mon) 16:02
    【低炭素化支援通信】(2012年10月15日発行)
  • 2012/09/16 (Sun) 23:22
    【低炭素化支援通信】(2012年9月16日発行)
  • 2012/08/19 (Sun) 22:17
    【低炭素化支援通信】(2012年8月19日発行)
  • 2012/07/15 (Sun) 17:48
    【低炭素化支援通信】(2012年7月15日発行)
  • 2012/06/09 (Sat) 23:22
    【低炭素化支援通信】(2012年6月9日発行)
  • 2012/04/27 (Fri) 19:59
    【低炭素化支援通信】(2012年4月27日発行)

【低炭素化支援通信】(2013年9月3日発行)

2013/09/03 (Tue) 11:57
------------------------------------------------------------------------
          ▼低炭素化支援通信▼
  「温暖化リスクを逆手にとり、企業の持続的発展を!」
          発行日2013年9月3日

■本メールマガジンは、弊社社員とお名刺交換をさせて頂きました方や
 お問い合わせ等でご連絡先を頂いた方に、CO2削減・省エネ・節電・
 エネルギー費用削減等に関するお役立ち情報をお送りしております。
■本メールマガジンがご不用の場合は、お手数ですが下記URLをクリックして、
 配信停止の手続きをよろしくお願い申し上げます。
 「配信停止」https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=teitannso
-------------------------------------------------------------------------

<<<はじめに>>>
  先日、SIIのエネルギー使用合理化事業者支援事業の採択結果が公表されました。昨年と比べ
  申請数がかなり増加したため採択率が低くなり非常に厳しい結果でした。従来公表されていた
  応募件数・合計採択金額・合計省エネ量が今回は公表されていないので是非公表して頂きたい
  です。


<<<平成25年改正省エネ法における電気需要平準化に係る具体的な制度設計が始まる>>>
  経済産業省 総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 省エネルギー
  小委員会工場等判断基準ワーキンググループ(第1回)が8月27日に開催され、平成25年改正
  省エネ法における電気需要平準化に係る具体的な制度設計が始まりました。

  従来のエネルギー消費原単位に加えて新たに「電気需要平準化評価原単位」による評価が
  追加されます。

  「電気需要平準化評価原単位」
   電気需要平準化評価原単位=(電気需要平準化時間帯の買電量を除いたエネルギー使用量+
                (電気需要平準化時間帯の買電量×評価係数α))÷
                (エネルギー使用量と密接な関係をもつ値)

「評価係数α」
   1.3(検討中)
   http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/shoene_shinene/sho_ene/koujo_wg/pdf/001_05_00.pdf

  「電気需要平準化時間帯」
   ・夏期:7月~9月、平日、9~20時(検討中)
   ・冬期:12~3月、平日、8~21時(検討中)
   http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/shoene_shinene/sho_ene/koujo_wg/pdf/001_03_00.pdf

  ※定期報告書様式変更(案)
   http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/shoene_shinene/sho_ene/koujo_wg/pdf/001_06_02.pdf

  ◎意外に知られていない改正省エネ法の意義 需要家側のピークカット促進が電力システム
   改革のカギに
   http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130826/252616/?rt=nocnt

  ○詳細は下記をご参照下さい○
   http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/shoene_shinene/sho_ene/koujo_wg/001_haifu.html

  【弊社コメント】
   電気需要を平準化すると国全体では省エネになるのですね。


<<<平成26年度予算の概算要求が公表>>>
  平成26年度予算の概算要求が公表されました。
  省エネ設備導入のための補助金は下記の通りです。
  
  <経済産業省>
  「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」
   平成26年度予算概算要求:700億円(平成25年度予算310億円)
   工場・事業場における先端省エネ設備への入替や製造プロセスの改善等既存設備の省エネ
   改修に必要となる費用に対し補助を行う。平成26年度からは新たにエネルギーマネジメント
   システムを用いた省エネの取組や電力ピーク対策に係る費用も補助対象に追加する。
  
  <経済産業省>
  「住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金」
   平成26年度予算概算要求:152.1億円(平成25年度予算110億円)
   エネルギー消費量が増大している住宅・ビルのネット・ゼロ・エネルギー化を推進するため、
   高性能設備機器等の導入を支援する。また、既築住宅・建築物の断熱性能向上を図るため、
   高性能な断熱材や窓等の導入を支援する。加えて、空調設備や給湯設備等を制御可能な高性能
   なエネルギーマネジメントシステムの導入を支援する。
   
  <環境省>
   「先進対策の効率的実施によるCO2 排出量大幅削減事業」
   平成26年度予算概算要求:28.7億円(平成25年度予算11.2億円)
   事業者は、設備導入と運用改善によるCO2 削減目標を掲げ、環境省が指定するBATの効率
   水準を満たす高効率設備等の導入に係る補助金(補助率1/3)を申請する。なお、CO2削減
   目標について、省エネ・省CO2診断等により、その妥当性を確認するものとする。

  <国土交通省>
   (事業名・予算不明)
   住宅・建築物の環境対策の推進
   住宅・建築物の省エネルギー、省CO2 対策を推進するため、先導的な省CO2技術を導入する
   リーディングプロジェクトや中小工務店によるゼロ・エネルギー住宅の取組み、民間等が
   行う建築物の省エネルギー改修等に対して支援する。

  ○詳細は下記をご参照下さい○
   経済産業省:http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2014/index.html
   環境省  :http://www.env.go.jp/guide/budget/h26/h26-gaiyo.html
   国土交通省:http://www.mlit.go.jp/page/kanbo05_hy_000592.html

  【弊社コメント】
   何れも増額の要求となっています。


<<<平成25年6月環境経済観測調査(中部地域版)が公表>>>
  環境省中部地方環境事務所では、環境ビジネスに焦点を当てた経済動向調査として平成22年
  12月から全国的に実施されている「環境経済観測調査」の平成25年6月調査結果を活用し、
  中部地域に本社を持つ企業の環境ビジネス動向に特化した調査結果を取りまとめましたので、
  お知らせいたします。
  調査結果によると、中部地域の企業が発展していると考える環境ビジネスは、全国調査と同様
  に、「省エネルギー自動車」を挙げる割合が最も高く、10年先にかけては「再生可能エネルギー」
  をはじめ地球温暖化対策に関するビジネスへの期待が高くなっています。
  また、環境ビジネスの業況は、前回調査(平成24年12月)から改善しており、全ビジネス
  (全産業)の業況を上回り、一定の好況感を示しています。特に、「地球温暖化対策」分野が、
  牽引役として全ビジネスの業況を上回る結果を示しています。

  ○詳細は下記をご参照下さい○
   http://chubu.env.go.jp/pre_2013/0830a.html

  【弊社コメント】
   10年先は再生可能エネルギーですね。
   


☆☆☆☆☆☆☆トピックス☆☆☆☆☆☆☆
 ■省エネ型酸素燃焼式高濃度ガス変成炉の販売開始
  本装置は、吸熱型ガス変成炉の代替装置であり、電気加熱を酸素燃焼に変更することで、熱処理
  工場の電気使用量削減に大きく貢献できます。
  また、従来の吸熱型ガス変成炉はLP ガスと空気の改質により20%程度のCO(一酸化炭素)と30%
  程度のH2(水素)を含む変成ガスを生成するのに対し、本装置では、LP ガスと酸素を使用して、
  40%以上のCO と50%以上のH2 を含む変成ガスが生成できます。これにより従来よりも浸炭能力が
  高まり、浸炭時間の短縮が可能となり、熱処理工程におけるランニングコスト削減にも大きく貢献
  できます。
  http://www.tn-sanso.co.jp/jp/_documents/news_49104997.pdf 
 
  【弊社コメント】
   酸素燃焼にはやはり酸素が必要です。


☆☆☆☆☆弊社関連トピックス☆☆☆☆☆
<<<第2回大名古屋省エネ実践セミナー&省エネ事例交換会のご案内>>>
 皆様に省エネ・節電・CO2削減・エネルギー費用削減等に関するお役立ち情報を直接お届けする
 セミナーを開催致します。また、皆様がお持ちの省エネ事例・省エネ情報を交換する交流会も
 同時に開催します。

「第2回大名古屋省エネ実践セミナー&省エネ事例交換会」

 ・日程:2013年10月3日(木)15:00~18:30

 ・プログラム
  15:00~15:10:ご挨拶
  15:10~16:00:「平成25年改正省エネ法による工場・事業場への影響と電気需要平準化対策」
          低炭素化支援株式会社 代表取締役 松島康浩
          http://www.teitannso.jp/
  16:10~17:00:「新電力による再生可能エネルギー発電電力の高値買取と事例」
          株式会社ラックコーポレーション 代表取締役 小野洋揮様
          http://luckcorp.co.jp/
  17:10~18:30:「省エネ事例交換会」
          皆様がお持ちの省エネ事例・省エネ情報を自由に交換・共有しましょう
          (ソフトドリンク・お菓子有り)

 ・会場:名古屋ビジネスインキュベータ金山 1階 会議研修室
     愛知県名古屋市中川区尾頭橋四丁目13番7号
     http://nabinabi.biz/institution/kanayama/access
     ※JR東海道本線「尾頭橋駅」(普通電車のみ停車)下車 徒歩3分
     ※駐車場はございませんので、公共交通機関でお越し下さい。

 ・参加費:無料

 ・定員:24名

 ・お申し込み方法:本メールに返信してお申し込み下さい。
        返信メールには下記事項をご記入下さい。
        1.会社名:
        2.所属・役職:
        3.氏名:
        4.電話番号:
        5.メールアドレス:
        6.省エネ実践セミナー:参加又は不参加
        7.省エネ事例交換会:参加又は不参加
        ※お申し込み頂いた方には受付完了のメールを後日送信致します。

 ・お申し込み期限:2013年9月27日(金)

 ・主催:低炭素化支援株式会社 TEL:052-684-4173(担当:鈴木)




 ■お客様事例(株式会社フレッシュシステム様)を掲載しました。
  http://www.teitannso.jp/article/14902292.html


 ■エネルギー管理標準の雛形の提供を開始しました。
  http://teitannso.thebase.in/


 ■省エネ法の原単位を改善する「共同省エネルギー事業」の支援を開始しました。
  http://www.teitannso.jp/article/14908648.html



-----------------------------------------------------------------------------
■本メールマガジンがご不用の場合は、お手数ですが下記URLをクリックして、
 配信停止の手続きをよろしくお願い申し上げます。
 「配信停止」https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=teitannso
 「バックナンバー」https://b.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=teitannso&no=all
-----------------------------------------------------------------------------

=============================================================================
■発行
  低炭素化支援株式会社 
  担当者:鈴木薫
  責任者:松島康浩
  〒454-0012 愛知県名古屋市中川区尾頭橋四丁目13番7号
        名古屋ビジネスインキュベータ金山2階
  TEL:052-684-4173 FAX:052-684-4174
  E-mail:info@teitannso.jp URL:http://www.teitannso.jp/
=============================================================================