バックナンバー

  • 2018/04/26 (Thu) 19:55
    ぴあサポメルマガ4月号【五月病について~傾向と対策~】
  • 2018/03/22 (Thu) 19:33
    ぴあサポメルマガ3月号【“不安”な出会いの場を“楽しみ”に】
  • 2018/01/31 (Wed) 13:00
    ぴあサポメルマガ1月号【アサーティブであるということ】
  • 2017/12/25 (Mon) 13:00
    ぴあサポメルマガ12月号【ストレスへの対処法】
  • 2017/11/27 (Mon) 14:46
    ぴあサポメルマガ11月号【ストレスを整理してとらえよう】
  • 2017/10/25 (Wed) 21:00
    ぴあサポメルマガ10月号
  • 2017/09/22 (Fri) 09:51
    ぴあサポメルマガ9月号【ビジネスメール入門 ~大学生でも生かせるスキル~】
  • 2017/08/23 (Wed) 12:30
    ぴあサポメルマガ8月号【進学選択のヒント】
  • 2017/07/15 (Sat) 11:00
    ぴあサポメルマガ7月号【外国語学習の心構え】
  • 2017/06/28 (Wed) 13:07
    ぴあサポメルマガ6月号【就活と恋愛は似ている、のか?】
  • 2017/03/19 (Sun) 18:57
    ぴあサポメルマガ3月号
  • 2017/02/28 (Tue) 21:30
    ぴあサポメルマガ2月号!
  • 2017/01/30 (Mon) 15:59
    【ぴあサポメルマガ】2017年1月号
  • 2016/12/02 (Fri) 18:35
    ぴあサポメルマガ11月号
  • 2016/10/06 (Thu) 10:01
    ぴあサポメルマガ10月号
  • 2016/09/01 (Thu) 15:16
    【東京大学ピアサポートルーム】2016年8月号メールマガジン
  • 2016/06/23 (Thu) 18:30
    ぴあサポメルマガ6月号
  • 2016/05/24 (Tue) 14:16
    ぴあサポメルマガ5月号
  • 2016/05/02 (Mon) 14:07
    ぴあサポメルマガGW号
  • 2016/03/29 (Tue) 21:03
    ぴあサポメルマガ3月号

ぴあサポメルマガ4月号【五月病について~傾向と対策~】

2018/04/26 (Thu) 19:55
☆★☆―――――――――――――――
五月病について
 ~傾向と対策~
―――――★ぴあサポメルマガ4月号★

こんにちは! もうすぐゴールデンウィークですが,いかがお過ごしでしょうか?
今回は,この時季に陥りがちな「五月病」について,症状,予防法および対処法を紹介します。

■目次■
1.こんな症状ありませんか?
2.五月病とは
3.五月病にならないために
4.五月病かな?と思ったら

◇◆◇―――――――――
1.こんな症状ありませんか?
―――――――――◆◇◆
 新年度が始まって1ヶ月が経ちました。
入進学の方もそうでない方も,環境が変わって以下のような症状は心当たりがありませんか?
・大学に行きたくない
・朝起きられない
・原因不明の体調不良(頭痛・めまいなど)がある
・やる気が出ない,気分が落ち込む
・イライラする,感情が不安定である
・集中できない
・疲れやすい
・食欲がない/食欲が増えた
・何事にも興味が湧かない,趣味への関心が薄れた
・ネガティブな思考に陥りやすい,自分を責める
どれか一つでも当てはまるものがあれば,「五月病」を疑ったほうがいいかもしれません。

◇◆◇―――――――
2.五月病とは
―――――――◆◇◆
「五月病」は正式な診断名ではありません。
4月に入った新入生や新入社員が5月の連休明け頃に現れる憂鬱や不安な状態をいいます。
ではなぜ,このような症状が4月ではなく5月に湧き上がることが多いのでしょうか?
4月は新年度の始まりで,入進学で環境が一変します。
新しい環境に適応しようと無理して乗り切ろうとします。
しかし5月の連休に入って緊張が解け,それまで高まっていたストレスが一気に噴き出すのです。

◇◆◇――――――――
3.五月病にならないために
――――――――◆◇◆
五月病に限らず心身の健康を保つために,以下のことを心がけると良いでしょう。
・軽く運動をする
身体を動かすことには,ストレスを軽減する効果があります。
ウォーキングでもいいので,自分にあった運動を習慣化しましょう。
・十分な睡眠をとる
睡眠が不足すると集中力が低下したり、作業効率が低下したりして、
日常生活がうまくいかなくなり、ますますストレスがたまります。
心身の疲れを取り除くためにも,睡眠時間を確保しましょう。
・食生活を整える
暴飲暴食を避け,カフェインやアルコールの過剰摂取をやめましょう。
野菜を意識的に多く食べましょう。
・呼吸を整える
ストレスがかかった状態では身体が緊張して呼吸が浅くなり,
身体中に酸素が行き渡りにくくなります。時々深呼吸してみましょう。
息をゆっくり長く吐くことを意識すると良いでしょう。

◇◆◇――――
4.五月病かな?と思ったら
―――――◆◇◆
環境の変化が原因で,1.で挙げた症状の自覚がある時には、まず3. を参考に生活習慣を見直してみましょう。
それでも憂鬱や不安が続く場合は,放っておくと気分障害として長期化・重篤化する恐れがあります。
なるべく早くメンタルクリニック(精神科)や心療内科を受診して治療を受けましょう。
# 学内では「精神保健支援室」が本郷・駒場・柏の保健センターで相談・診療を行っています。

「いや,精神科に行くのはハードルが高い……」と思うかもしれません。
その場合は,家族や友人など誰でもいいので状況を打ち明けましょう。
# 学内では「学生相談所」でカウンセラーが,「ぴあサポ相談室」で学生ピアサポーターが
プライバシーに配慮してあなたのお話を伺います。

また,自分でなくても,周囲にいつもと様子が違っている人がいれば,
少し気にかけてあげると,事態が改善するかもしれません。

【筆者紹介】
工学系研究科修士課程2年(執筆当時)。年中五月病と格闘している。

【ピアサポートルームのWebサイト/Twitterの紹介】
活動カレンダーや活動内容が載っています。ぜひアクセス&フォローしてください!
☆Webサイト:http://ut-psr.net/
☆Twitter:@utpsr

【ご意見、ご感想をお待ちしています】
みなさまの声をお待ちしております。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdZTkoPn5fyhqNADtsDYzM6bWWSJs2HseQO0gK6DpH0QGWwxg/viewform?c=0&w=1までご意見ご感想をどしどしお寄せください

+++―――――――――――――――――――+++
東京大学学生相談ネットワーク本部ピアサポートルーム
[WEB] http://dcs.adm.u-tokyo.ac.jp/psr/
[学生の作るWEBサイト] http://ut-psr.net/
[Email] mail@utpsr.net [Tel] 03-5841-2632
+++―――――――――――――――――――+++